海外FXレバレッジ比較ランキングTOP10!海外FX業者の上限メリット比較

海外FXレバレッジ比較ランキング

レバレッジは小さな元手で大きな利益を出すことがでるので、レバレッジが高い海外FX業者を選ぶのがポイントです。

スプレッド比較プロ
そこで、海外FX業者13社のレバレッジを比較してランキングにしてみました。

【1分でわかる】海外FXのレバレッジとは!?海外FX業者の選び方

レバレッジとは「少ない証拠金で大きな金額を動かせる仕組み」のことです。

海外FX業者によって上限が異なりますので、それぞれの業者のレバレッジ上限を比較して選びましょう。

【海外FXレバレッジ13社比較表】

海外FX業者STP口座ECN口座レバレッジ制限証拠金維持率
GEMFOREX5000倍1000倍・1000倍(5~200万)
・500倍(200万以上)
20%
FBS3000倍500倍・2000倍(2~20万円まで)
・1000倍(20~50万円まで)
・500倍(50~300万円まで)
・200倍(300~1500万円まで)
・100倍(1500万円~)
20%
HotForex1000倍500倍75倍(3000万以上)10%
Miltonmarkets1000倍200倍・500倍(10~100万円)
・200倍(100万円以上)
50%
XM888倍500倍・200倍(200~1000万)
・100倍(1000万以上)
20%
BigBoss555倍555倍なし20%
TitanFX500倍500倍なし20%
Tradeview500倍200倍なし100%
LAND-FX500倍200倍200倍(500万以上)0%
Traders Trust500倍200倍・500倍(50万以下)
・200倍(50~500万未満)
・100倍(500万以上)
50%
AXIORY400倍400倍・300倍(1000~2000万未満)
・200倍(2000万以上)
20%
iFOREX400倍なしなし0%

GemForexが一番で平均すると400倍から500倍です。海外FX業者によって大きく異なることが分かります。

海外FXレバレッジ第1位 GEMFOREX

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
5000倍20%99.79%
最小取引金額ドル円スプレッド手数料日本語サポート
100円1.2pips無料24時間

初心者~上級者の幅広い層から支持されているアジアNo1ブローカーのGEMFOREX。

業界トップクラスの1000倍で、定期的に5000倍が使える限定口座を提供しています。

さらに、EA自動売買・ミラートレード、スキャルピングに対応など、ハイレバを活かせる取引環境も充実!

今なら口座開設で2万円ボーナスをもらえるので入金しなくてもリアルトレードができます。

海外FXレバレッジ第2位 FBS

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
3000倍20%99.35%
最小取引金額ドル円スプレッド手数料日本語サポート
100円2.0pips無料24時間

最大3000倍という海外FXの中でも圧倒的なハイレバレッジが使えるFBS。

5つの口座タイプが用意されていて、そのうち3つの口座で3000倍が使えます。最小取引金額は100円~で、少ない資金で海外FXを始めることができます。

無料VPSのサービスもあるので、自動売買の取引にもおすすめ!

今なら口座開設ボーナスや入金ボーナスがもらえるので、少ない資金でも元手を大幅に増やして取引が始められます。

海外FXレバレッジ第3位 IS6FX

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.46%
最小取引金額ドル円スプレッド手数料日本語サポート
100円1.6pips無料24時間

人気海外FX業者is6comが「TEC World」に買収されて新しく生まれ変わったIS6FX。

Is6com時代の優れたノウハウを引き継ぎ、さらに1000倍という業界トップクラス!

過去には限定数で6000倍の口座を提供したこともあり、今後の動向が楽しみな海外FX業者の1つです。

今なら5000円の未入金ボーナスを受け取り、入金することなくリアルトレードを始められます。

海外FXレバレッジ第4位 HOTFOREX

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍10%99.45%
最小取引金額ドル円スプレッド手数料日本語サポート
500円1.6pips無料14:30〜23:00

大手海外FX掲示板FPAで★4の高い評価を受けているHOTFOREX。

最大レバレッジは1000倍!ロスカットの基準となる証拠金維持率は10%と低く、証拠金ギリギリまでハイレバ取引ができるのも魅力!

口座開設ボーナス、入金ボーナス、キャッシュバックボーナスなど、多彩なボーナスキャンペーンも常時行っています。

現地の日本人スタッフのサポートが受けられるので、ハイレバトレードに挑戦してみたい海外FX初心者にもおすすめです。

海外FXレバレッジ第5位 Miltonmarkets

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.9%
最小取引金額ドル円スプレッド手数料日本語サポート
30,000円0.8pips無料24時間

狭いスプレッド×ハイレバで人気のMiltonmarkets。

約定率はほぼ100%で、1000倍を使ったスキャルピングや自動売買にも対応!

海外FXを感じさせない完全日本語対応、現地日本人スタッフのサポートもあります。

最小取引金額は3万円とやや高めではあるものの、定期的に行われている100%入金ボーナスキャンペーンで一気に元手を増やせます。

海外FXレバレッジ第6位 XM

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
888倍20%99.98%
最小取引金額ドル円スプレッド手数料日本語サポート
500円1.6pips無料平日24時間

海外FX業者の中でも圧倒的な人気を誇っているXM。

海外FXと言えばXMを挙げる人も多く、日本に海外FXを普及させた業者の1つに数えられます。

XMの最大レバレッジは888倍!1000倍には少し及ばずですが、海外FX業者の中で比較すると使えるレバレッジはかなり大きいです。

ボーナスの手厚さ、日本語サポートの充実、約定率の高さ、ライセンスの複数取得など、総合的にバランスが取れています。

海外FXレバレッジ第7位 Bigboss

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
555倍20%99.35%
最小取引金額ドル円スプレッド手数料日本語サポート
100円1.2pips無料10:00~19:00

555倍という特徴的な数字の最大レバレッジが使えるBIGBOSS。

口座残高や取引量による制限がなく、安定してハイレバトレードができます。

1Lotの取引ごとに400円がもらえるキャッシュバックサービスがあるので、ハイレバで取引量を増やして率的にキャッシュバックを稼げます。

現地日本人スタッフのサポートがあるので、海外FXの経験が少ない人でも安心です。

海外FXレバレッジ第8位 TITANFX

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
500倍20%99.70%
最小取引金額ドル円スプレッド手数料日本語サポート
100円1.2pips無料07:00~16:00

高い約定力×狭いスプレッドで多くの日本人に支持されているTITANFX。

最大レバレッジは海外FXにおいて平均的な500倍ですが、CFD取引でも500倍を使って取引できるのが大きな特徴!

EA/ZULUなどの自動売買システムにおいても、自動売買取引においても最大500倍のを使ってトレードできます。

制限が少なく、500倍トレードが安定して行えます。

海外FXレバレッジ第9位 LANDFX

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
500倍30%99.22%
最小取引金額ドル円スプレッド手数料日本語サポート
20,000円0.9pips無料10:00~18:00

狭いスプレッドと60種類以上という多彩な通貨ペアの取り扱いがあるLANDFX。

最大レバレッジは500倍で、スキャルピングや自動売買に500倍を使って取引することもできます。

さらにLANDFXにはロスカットしたときに初回入金額の5%が受け取れるリカバリーボーナスがあるので、リスクを恐れずハイレバトレードに挑戦できます。

海外FXレバレッジ第10位 AXIORY

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
400倍20%99.99%
最小取引金額ドル円スプレッド手数料日本語サポート
5,000円1.2pips無料09:00~24:00

cTraderのプラットフォームが使えて、強力な約定力で取引ができるAXIORY。

最大レバレッジは400倍と他の海外FX業者に比較すると高くありませんが、自動売買やスキャルピングに制限がなく、ハイレバを活かせる取引環境が整っています。

まずは小さめのレバレッジで海外FXに挑戦してみたい!という人にもおすすめです。

レバレッジの計算式

海外FXのレバレッジは、自分が希望する取引金額を投資金額で割ることにより算出されます。

 

取引金額÷投資金額=レバレッジ(倍率)

 

例えば、ドル/円レート100円の時、4万円の投資資金(証拠金)で1万ドルの買いポジションを持つ場合、レバレッジは25倍です。

 

1万ドル÷4万円=25倍

 

これは、4万円の証拠金を預けて1万ドルを取引する場合、25倍を利用できることを意味します。

証拠金が少なくなればなるほどレバレッジは上がり、証拠金が増えれば増えるほど下がる特徴があります。

レバレッジの倍率別で変わる証拠金の額

ドル円が1ドル100円のときに1万ドル通貨のポジションを持つ場合を想定します。

 

必要証拠金=希望取引額÷レバレッジ

 

よって、各倍率におけるレバレッジの計算と証拠金の額は次のようになります。

  • 50倍 ⇒ 100万÷50=2万
  • 100倍 ⇒ 100万÷100=1万
  • 500倍 ⇒ 100万÷500=2千

倍数が増えるごとに証拠金の金額が少ないことがわかります。

 

【レバレッジなし~5000倍】レバレッジ別のトレード手法とスワップポイントの違い

海外FXと国内FXのレバレッジを比較
レバレッジ特徴・手法
1倍(なし)ロスカットが発生しない・限りなく低リスク
2倍~20倍ロスカットが起きにくく安全
25~100倍国内FXの最大倍率でスキャル・デイトレにちょうどいい
400~500倍スキャルピングが基本
1000倍ハイレバ勝負には1000倍ゼロカットがおすすめ
3000倍3000倍までくると高リスク
5000倍5000倍は高リスクのため金額制限がある

トルコリラのレートは1トルコリラ=20円とかなり安いのですが、1日10,000通貨あたりのスワップポイントはなんと100円。(証券会社によって差があります)

10,000TLあたりのスワップポイントが100円ですから、1日1万円のスワップポイントを稼ぐためには1,000,000トルコリラが必要です。

 

1,000,000トルコリラ × 20円 ÷ 〇倍 = 1日1万スワップポイントを稼ぐために必要な証拠金

 

レバレッジなしとレバレッジ5000倍では、なんと2,000万近く必要な証拠金が違います

国内FX業者と海外FX業者のレバレッジを比較

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5
レバレッジ国内FX業者海外FX業者
個人口座5~25倍100~3000倍
法人口座5~100倍100~3000倍
特徴個人の上限は25倍に規制海外FX業者によって倍数が違う

国内FX業者のレバレッジの上限は、個人口座で25倍・法人口座で100倍になります。

一昔前は国内FXの個人口座でも100倍が使えていましたが、

現在は規制がどんどん強化されている状況で、今後上限が増える可能性はほとんどありません。

その一方、海外FX業者は個人・法人関係なく100倍から3000倍が使えます。

大きなレバレッジが使えるのは、海外FX業者では法的な規制がなく、提供するレバレッジが各海外FX業者の判断に委ねられているためです。

国内FX業者より海外FX業者を選ぶべき

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

FXをするなら、国内FX業者よりも絶対に海外FX業者をおすすめします

以前の国内FXなら高いレバレッジもかけられましたが、今では25倍に制限されています。

少ない資金でもハイレバで大きな利益が狙えるのは、海外FX業者だけです。

また、国内FXは追証があるので、大きな損失が発生した場合に借金を抱えるリスクもあります。

海外FX業者はゼロカットがあるので借金を抱えることはありません

海外FX業者は追証がないので、国内FX業者よりも安全に取引ができるでしょう。

レバレッジが高いからといってリスクが高いわけではない

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

「ハイレバレッジ=危険」「ハイレバレッジ=ハイリスク」

こんなイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし、レバレッジを正しく理解すれば、ハイレバが危険ではないことが分かります。

まずは、10万円の資金を持っていると仮定し、10倍と100倍で比較をしてみましょう。

必要証拠金の計算式

通貨のレート ✕ 購入通貨単位 ✕ 数量 ÷ レバレッジ = 必要証拠金

レバレッジ取引高(1万通貨×レート1ドル100円)取引に必要な証拠金
10倍100万円100万÷10=10万
100倍100万円100万円÷100=1万

100万円分の取引をする場合に、10倍だと10万円の資金を用意しなければなりません。

100倍だと1万円の資金で済みます

10倍なら全額負けてしまうと、資金は「10万円-10万円=0円」になってしまいます。

しかし、100倍なら、全額負けても「10万円-1万円=9万円」で、9万円が手元に残りますね。

どちらも取引量は同じなので、レートの動きで発生する損益は同じです。

仮に、1円の値動きが発生した場合に発生する損失はどちらも1万円になるため、リスクが変わらないことが分かります。

むしろ、1万円で10回のチャンスがあるので、レバレッジが高いほどリスクが小さいとも言えるでしょう。

リスクが高いと言われるのは、以下のように取引量を増やし過ぎてしまう場合です。

レバレッジ取引量(1000通貨:1ドル100円)1円の値動きで発生する損益
10倍1万通貨1万円
100倍10万通貨10万円

ハイレバでの取引は、取引量を増やすとリスクが高まりますが、取引量を変えずに必要証拠金を減らせばリスクを減らすこともできるのです。

ハイレバトレードでするならスキャルピングがおすすめ

100倍や1000倍レバレッジを使ってトレードするなら、ポジションの保有時間が短いスキャルピングがおすすめです。

ポジションの保有時間が数秒から数分のスキャルピングなら、リスクもほとんどありません。

スキャルピングは取引を何度も行い、数pipsの利益を積み上げていきます。

1pipsの利益でも、ハイレバレッジを使うと大きな利益が得られます。

条件

  • 通貨:1ドル100円
  • 取引量:1万取引量
  • 1回取引あたりの利益:1pips
  • 1日あたりの利確回数:50回
レバレッジ1pipsの利益50回の利確
1倍10円500円
100倍100円5000円
1000倍1000円5万円

このように、たった1pipsの利確でもレバレッジを使うと利益は大きくなるのが分かりますね。

1回あたりの利確が1pipsでも良いわけですから、レートの動きが安定している通貨ペアがおすすめです。

特に、円/ドル、ドル/ユーロなどの通貨ペアは値動きが小さく、スプレッドも狭いため、ハイレバトレードに向いています。

逆に値動きが大きな通貨ペアでハイレバを使ってしまうと、少しのレートの動きでロスカットする場合もあるので注意が必要です。

海外FX税金・確定申告の関連記事

スプレッド比較プロ
レバレッジトレードでたくさんの利益が出た場合気を付けなければいけないのが税金の納税です。節税テクニックを身につけお得に確定申告しましょう。

海外FX初心者の関連記事

スプレッド比較プロ
初心者の方はトレードをする前に知識を付けることが必要です。おすすめの勉強方法や勉強本をご紹介します。

まとめ

レバレッジはトレーダー自身が証拠金や取引量を変更して調整ができます。

大きなレバレッジを使ってトレードすれば、より小さい値幅で大きなリターンが期待できます。

しかも、海外FXならゼロカットシステムで口座がマイナスになっても借金が残りません。

コロナで在宅勤務が増え家にいる時間が多くなったのでFXをしてみたいという方は、少ない貯金でもできるレバレッジトレードがおすすめです。

コロナ禍がむしろチャンスだと思い1日1000円でも2000円でも狙ってみましょう。

スプレッド比較プロ
レバレッジは海外FXの醍醐味なのでうまく利用して少ない資金を増やしていきましょう。