海外FX業者のゼロカットシステムとロスカットの違いは!?追証がないゼロカットシステムとは

ゼロカットシステムは追証がない!ハイレバするならゼロカット対応の海外FX業者で決まり

FXは暴落したとき損してしまうのでは?と怖がってる人が多いです。

海外FX業者にはゼロカットがあるので大きな損をかかえることはありません。

そこで今回は、安全にトレードできるロスカットとゼロカットの違い、メリット・デメリットなど魅力をお伝えします。

ロスカットシステムの仕組み

ロスカットとは、顧客が保有しているポジションの損失(含み損)が一定レベルに達したときに、自動的(強制的)にポジションを解消する仕組みのことです。

さらなる損失の拡大や、純資産(FX口座の残高に含み益or含み損を加味したもの)がマイナスになることを防ぐために行われます。

各FX業者は、ロスカットを行う基準というのを公表しています。

それが「証拠金維持率」です。証拠金維持率は、以下の式で計算できます。

 

証拠金維持率(%)=純資産÷必要証拠金×100%

 

純資産=FX口座に預け入れた金額に、含み益/含み損を加味した正味の資産。

必要証拠金=そのポジションを取るために最低限必要な証拠金。取引額÷レバレッジ(倍)

例えば、口座に100円を預け入れ、その100円を証拠金としてレバレッジ10倍で10ドル(1000円)ぶんのポジションを取り、その後1ドル=99円に為替が変化したとします。このとき、

  • 純資産=100円(FX口座に預け入れた金額)-10円(含み損)=90円
  • 必要証拠金=1000円÷10倍=100円
  • 証拠金維持率=90円÷100円×100%=90%

となります。この証拠金維持率が予めFX業者の定めた数値を下回ってしまった場合に、ロスカットが行われます。

ゼロカットシステムの仕組み

ゼロカットシステムは、大変動時に口座がマイナスになっても、借金をゼロにしてくれるサービスです。

「損失をゼロにリセットする」とか「ゼロ以下の損金をカットする」といった意味だと理解しておけばよいでしょう。

海外FXにのみ導入されているので、ゼロカットを決め手に海外FX口座を選んでいる人も少なくありません

レバレッジが大きくなればなるほど、証拠金に対する利益や損失の割合は大きくなります。

海外FX業者が対応している理由

対応しているのは海外FX業者のみで、国内のFX業者は対応していません。

海外では、FX取引によって個人のトレーダーが多額の負債を抱えてしまう事態を防ぐべきだと考えられています。

そのため、特にヨーロッパを中心に海外ではゼロカットを約束していないとFX業者として営業できないというルールが設けられています。

FX業者も万が一のときゼロカットによる損失補填で大きな損害を受けてしまいます。

しかし、そんなトラブルがない限りは安心により取引が活発化し、ユーザーも増えて手数料収益が増すことになりFX業者としてもプラスなのです。

国内FX業者はなぜ採用しないのか

ゼロカットシステムを採用しているのは海外FX業者だけで、日本国内のFX業者では採用していません。

日本のFX業者が採用していない理由は「顧客の損失を補填したくないから」です。

建前でいうと、国内のFX業者は法律で禁止されているため「したくてもできない」のです。

国内で禁止しているのは、2つの法律です。

金融商品取引法 第39条 損失補填等の禁止
金融商品取引業者等は、次に掲げる行為をしてはならない。
(1~2、4~7省略)
3 有価証券売買取引等につき、当該有価証券等について生じた顧客の損失の全額もしくは一部を補填し、またはこれらについて生じた顧客の利益に追加するため、当該顧客または第三者に対し、財産上の利益を提供し、または第三者に提供させる行為。
証券取引法 第42条の2 損失補てんの禁止等
証券会社は、次に掲げる行為をしてはならない。
1 事前の損失補または利益の追加を約束する、もしくは申し込みさせる行為
2 事後の損失補填または利益の追加を約束する、もしくは申し込みさせる行為
3 事後に損失を補填する行為または利益を追加する行為

つまりは「有価証券などを取り扱う業者は、顧客に生じる予定または生じた損失の補填や、損失と同等の利益提供をしてはいけない」と定めています。

いずれの違反も、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、またはその両方が科せられるうえに、個人ではなく会社も営業停止などの行政処分が下されてしまいます。

しかし、金融商品取引法には例外があり、システム障害などが発生した場合は損失補填が認められています

急激な暴落によってロスカットが正常に作動しなかったケースなどはまさに例外の適用ケースにあたりますが、なぜか国内FX業者は損失を補填してくれません。

「法律で禁止されているので」という理由を建て前に、実はただ「損失を補填したくないだけ」なのです。

できるのにしてくれない、これが国内FX業者の実態です。

スプレッドが広くなる

海外FXの口座は、日本のFX口座と比べるとスプレッドが広くなっています。

スプレッドが広い=手数料が高いと考えて避けられがちですが、それは海外FX業者が透明性の高い取引を約束している証拠です。

海外FX業者は、トレーダーと市場を結ぶ単なる仲介役です。

国内のFX業者ではNDD方式を採用しているため、トレーダーが儲かればFX業者が損をする、トレーダーが損をすればFX業者が儲けるという利益相反の関係にあります。

「海外FXはスプレッドが広い」のは事実ですが、これはデメリットではなくメリットのひとつだと考えるべきですね。

まとめ

万が一大きな損失が発生しても証拠金を超えるマイナス分はFX業者が負担してくれるゼロカットシステムがあれば、

思い切ったハイレバ勝負もローリスクでチャレンジ可能

海外FX業者ならどの業者も導入しているので、業界最高水準の最大1000倍を誇るGEMFOREXが当サイトではおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です