ゼロカットとロスカットの違いは?海外FXだけの追証がないゼロカットシステム

ゼロカットシステムは追証がない!ハイレバするならゼロカット対応の海外FX業者で決まり

ゼロカットシステムとは、ロスカットが間に合わずに口座の残高がマイナスになったとしても借金が請求されないシステムのことです。

海外FXの魅力と言えばゼロカットシステム!

ゼロカットシステムは、国内FXにはなく、海外FX特有のシステムになります。

こんどう
FXで借金をしたくない!という方には、ゼロカットシステムがある海外FXがおすすめ。

この記事では、ロスカットの注意点ゼロカットシステムの特徴メリット、安全にトレードできるロスカットとゼロカットの違いについてご紹介します。

\ゼロカットシステムあります/

もくじ

ロスカットシステムの意味と仕組み

ロスカットとは、顧客が保有しているポジションの損失(含み損)が一定レベルに達したときに、自動的(強制的)に決済する仕組みのことです。

さらなる損失の拡大や、純資産(FX口座の残高に含み益or含み損を加味したもの)がマイナスになることを防ぐために行われます。

各FX業者は、ロスカットを行う基準というのを公表しています。

それが「証拠金維持率」です。

証拠金維持率は、以下の式で計算できます。

証拠金維持率有効証拠金(口座残高)÷必要証拠金×100

 
たとえば、口座に100円を預け入れ、その100円を証拠金としてレバレッジ10倍で10ドル(1,000円)ぶんのポジションを取り、その後1ドル=99円に為替が変化したとします。

このとき、

  • 有効証拠金(口座残高)=100円(FX口座に預け入れた金額)-10円(含み損)=90円
  • 必要証拠金=1,000円÷10倍=100円
  • 証拠金維持率=90円÷100円×100%=90%

となります。

この証拠金維持率がFX業者の定めた数値を下回ってしまった場合に、ロスカットが行われます。

ロスカットの注意点

本来、FXにはロスカットと呼ばれる強制決済のシステムがあります。

このロスカットがあるおかげでトレーダーは借金を回避できます。

ロスカットがきちんと執行されたら借金を背負うこともないため、ゼロカットシステムは必要ないはずです。

しかし、ロスカットが持つ弱点によってロスカットのラインを大幅に下回って決済してしまうケースがあります。

ここでは、ロスカットの注意点を3つ紹介します。

ロスカットの注意点1:為替の急変動で正しく執行されないことがある

ロスカットは証拠金維持率を下回ると執行されます。

 
たとえば、口座に1万円を入金します。
1ドル100円のときに1万通貨を保有するためには100万円が必要ですが、仮に100倍レバレッジを使って必要証拠金※を1万円にしたとします。

※必要証拠金=通貨の価格×取引量÷レバレッジ

この場合の証拠金維持率は1万円÷1万円×100=証拠金維持率100%になります。

ロスカットの水準となる証拠金維持率はだいたい20%から100%
証拠金維持率が100%でロスカットが執行されるFX会社ならロスカットになります。

このままロスカットすれば口座残高は1万円ですが、為替の急変動が発生するとロスカットが正しく執行されずに口座残高1万円を大幅に下回って決済することがあります。

場合によってはマイナス残高になって決済し、借金を背負ってFX会社から追証請求されます。

ロスカットはトレーダーの資金を守るためのシステムですが、相場が大きく動いているときは正しく執行できずトレーダーが大きな借金を背負うこともあります。

ロスカットの注意点2:レバレッジを使うと追証が発生しやすい

追証請求されるようなロスカットはレバレッジが大きいほど発生しやすい特徴があります。

これはレバレッジが大きいほど必要証拠金が少なくなるためです。

たとえば、1ドル100円の通貨で1万通貨の取引を行うとします。

  • レバレッジ10倍の必要証拠金
  • ┗10万円

  • レバレッジ100倍の必要証拠金
  • ┗1万円

  • レバレッジ1,000倍の必要証拠金
  • ┗1,000円

 
レバレッジが大きいほど必要証拠金が少ないのが分かりますね。

レバレッジ10倍だった場合、ロスカットが正しく執行しなくても口座には10万円が残っているので口座残高がマイナスになる可能性は低いです。

レバレッジ1,000倍だった場合、ロスカットが正しく執行しないと口座には1,000円しか残っていないため、ロスカットを飛び越えて1,000円以上の損失が発生した時点で追証が発生。

このようにロスカットにはレバレッジが大きいほど追証が発生しやすい注意点があります。

ロスカットの注意点3:証拠金維持率が低いと追証が発生しやすい

有効証拠金(口座残高)2万円、必要証拠金1万円で取引をしているとします。

この状態の証拠金維持率は2万円÷1万円×100%=200%

ロスカットの水準となる証拠金維持率は国内FXだと100%ほどですが、海外FXだと20%以下の証拠金維持率のところもあります。

仮に、
証拠金維持率100%のFX会社なら有効証拠金が1万円になるとロスカット。
証拠金維持率20%のFX会社なら有効証拠金が2,000円になるとロスカット。

証拠金維持率が低いほど多くの含み損に耐えることができますが、ロスカットが執行したあとに残る残高は少なくなります。

たとえば、上記の条件でロスカットが正しく執行せずに1万円の損失が出たとします。

証拠金維持率100%のFX会社なら有効証拠金は(1万円-1万円=0円)になりますが、証拠金維持率20%のFX会社なら有効証拠金は(2000円-1万円=-8000円)の損失が発生。

このように証拠金維持率が低いほどロスカットが間に合わなかったときに追証が発生しやすくなります。

ゼロカットシステムの意味と仕組み

ゼロカットシステムは、大変動時に口座がマイナスになっても、借金をゼロにしてくれるサービスです。

「損失をゼロにリセットする」や「ゼロ以下の損金をカットする」といった意味だと理解しておけばよいでしょう。

海外FXにのみ導入されているので、ゼロカットを決め手に海外FX口座を選んでいる人も!

ゼロカットシステムなら、ロスカットの注意点がフォローできる!

レバレッジが大きくなればなるほど、証拠金に対する利益や損失の割合は大きくなります。

ロスカットのデメリットや注意点はゼロカットシステムでフォローできます。

その理由を3つ紹介します。

ゼロカットシステムでフォローできる理由その1:口座の残高がマイナスにならない

ゼロカットシステムが執行されると口座残高のマイナス分はカットされます。

どれだけ大きな損失が発生しても口座残高は0円で止まります。

追証があると、借金を背負うリスクを考えてしまって積極的な取引ができません。

しかし、ゼロカットシステムがあると借金を心配する必要がないのでハイレバレッジを使ってガンガン取引を行うことができます。

ゼロカットシステムでフォローできる理由その2:追証が発生してもFX業者が負担してくれる

ロスカットが間に合わずに追証が発生してもゼロカットシステムがあればトレーダーは借金を背負わないで済みます。

このマイナス分は消えるわけではなく、口座を開設しているFX業者が負担することになります。

FX業者には大きな負担がかかりますが、トレーダーに借金を背負わせて取引に再起できないようにするより、借金を肩代わりして継続して取引してもらう方がFX業者にも安定して取引手数料が入ってくるメリットがあります。

ゼロカットシステムでフォローできる理由その3:証拠金維持率が低いFX業者が利用できる

ゼロカットシステムのおかげでトレーダーは借金を背負う心配がありません。

そのため、証拠金維持率が低いFX業者を利用して取引を行うことができます。

証拠金維持率が低い方が大きな含み損に耐えることができるので、ロスカットされる確率も小さくなります。

特にハイレバレッジ&スキャルピングのような取引だと、レートが一瞬飛ぶような場合に証拠金維持率が高いとロスカットラインに触れてしまって取引が強制終了させられます。

レートが飛んだときにロスカットしないためにも証拠金維持率が低いFX業者を選んだ方がいいです。

証拠金維持率が低いと追証になりやすいですが、ゼロカットシステムがあれば借金分はFX業者が補填してくれるので安心して取引できます。

海外FX業者がゼロカットシステムを対応している理由

対応しているのは海外FX業者のみで、国内のFX業者は対応していません。

海外では、FX取引によって個人のトレーダーが多額の負債を抱えてしまう事態を防ぐべきだと考えられています。

そのため、特にヨーロッパを中心に海外ではゼロカットを約束していないとFX業者として営業できないというルールが設けられています。

FX業者も万が一のときゼロカットによる損失補填で大きな損害を受けてしまいます。

しかし、そんなトラブルがない限りは安心により取引が活発化し、ユーザーも増えて手数料収益が増すことになりFX業者としてもプラスなのです。

海外FX業者レバレッジ比較おすすめランキング

国内FX業者はなぜゼロカットシステムを採用しないのか

ゼロカットシステムは日本国内のFX業者では採用していません。

日本のFX業者が採用していない理由は「顧客の損失を補填したくないから」です。

建前でいうと、国内のFX業者は法律で禁止されているため「したくてもできない」のです。

金融商品取引法で禁止されているのです。

第三十八条の二 金融商品取引業者等は、その行う投資助言・代理業又は投資運用業に関して、次に掲げる行為をしてはならない。

二 顧客を勧誘するに際し、顧客に対して、損失の全部又は一部を補てんする旨を約束する行為(損失補塡等の禁止)

第三十九条 金融商品取引業者等は、次に掲げる行為をしてはならない。

三 有価証券売買取引等につき、当該有価証券等について生じた顧客の損失の全部若しくは一部を補塡し、又はこれらについて生じた顧客の利益に追加するため、当該顧客又は第三者に対し、財産上の利益を提供し、又は第三者に提供させる行為

出典:金融商品取引法 一部抜粋

つまりは「有価証券などを取り扱う業者は、顧客に生じる予定または生じた損失の補填や、損失と同等の利益提供をしてはいけない」と定めています。

いずれの違反も、1年以下の懲役もしくは100万円以下の罰金、またはその両方が科せられるうえに、個人ではなく会社も営業停止などの行政処分が下されてしまいます。

しかし、金融商品取引法には例外があり、システム障害などが発生した場合は損失補填が認められています。

急激な暴落によってロスカットが正常に作動しなかったケースなどはまさに例外の適用ケースにあたりますが、なぜか国内FX業者は損失を補填してくれません。

「法律で禁止されているので」という理由を建て前に、実はただ「損失を補填したくないだけ」なのです。

できるのにしてくれない、これが国内FX業者の実態です。

ゼロカットシステムのメリット

ゼロカットシステムには、トレーダー側とFX業者側にそれぞれメリットがあります。
ここでは、ゼロカットシステムのメリットを2つ紹介します。

ゼロカットシステム:トレーダー側のメリット

ゼロカットシステムにおけるトレーダー側のメリットは、借金のリスクを心配することなくハイレバレッジを使ったトレードができることです。

ハイレバレッジを使って必要証拠金を大幅に減らして取引しても追証が発生することはありません。
100円や1000円という少ない必要証拠金で取引したいような場合もゼロカットシステムがあれば安心して取引できます。

ゼロカットシステム:FX業者側のメリット

ゼロカットシステムは追証を負担するFX業者にもメリットがあります。
FX業者の主な収入源はスプレッドなので、顧客の取引回数が多くなればなるほど利益が増えるシステムです。

追証ありにするよりゼロカットシステムを用意する方が顧客に積極的に取引をしてもらえるので、結果的にスプレッドの収入が多くなります。
また顧客に安心感を与えることができるので、新規口座開設者を増やすことにもつながります。

ゼロカットシステムのデメリット

ゼロカットシステムそのものにデメリットはありません。

ただし、ゼロカットシステムの執行ルールはFX業者によって異なります。
口座の残高がマイナスになったら申請しなければならない業者もあれば、理由をつけてゼロカットシステムを執行しない悪質な業者も。

ゼロカットシステムがあるからと言って安心するのではなく、口座を開設する業者のゼロカットシステムルールを確認しておく必要があります。

ちなみに

海外FX業者GEMFOREXのように、口座の残高がマイナスになったら自動的にゼロカットシステムが執行されるような業者もあります。

このような業者を利用すれば、ゼロカットシステムのトラブルに巻き込まれる可能性はありません。

GEMFOREXの口座開設はこちら

ゼロカットシステムがあってもトレードは慎重に

ゼロカットシステムがあるおかげで安心してハイレバレッジトレードができます。

しかし、ゼロカットシステムで借金をする心配がないという理由からやみくもにトレードするのはよくありません。

ゼロカットシステムが執行されて借金が消えても口座残高は0円です。

トレードするためには資金が必要であり、ゼロカットされる度に投資資金を用意しなければなりません。

「ゼロカットがあるからいいや」という軽い気持ちで取引をしていると、あっという間に取引資金は底を尽いてしまいます。
ゼロカットシステムがあっても慎重に資金計画を立ててから取引を行いましょう。

ゼロカットシステムのよくある質問

ここでは、ゼロカットシステムのよくある質問を紹介します。

ゼロカットシステムはどのように執行される?

FX業者によって執行のルールが異なります。執行されるまでに時間を要するFX業者もあるので事前にルールを確認しておきましょう。

ゼロカットシステムに上限はある?

基本的にゼロカットシステムに上限はありません。ゼロカットシステムに上限を設けてしまうとゼロカットシステムが適用されたトレーダーが他の業者に移行してしまうからです。ただし、無謀な取引を行って何度もゼロカットシステムが執行されると取引停止になる可能性はあります。

ゼロカットシステムはすべての海外FX業者にある?

ゼロカットシステムはすべての海外FX業者にあるわけではありません。ハイレバレッジトレードを行うときは必ずゼロカットシステムがある業者を選びましょう。

まとめ:ゼロカットシステムがある海外FX業者を選ぼう

海外FXをするなら借金の心配をしなくてもいいゼロカットシステムがある海外FX業者を選びましょう。

ゼロカットシステムがある海外FX業者は何社かありますが、その中でもおすすめなのが口座の残高がマイナスになったら自動的にゼロカットシステムが執行されるGEMFOREXです。

ゼロカットシステムしてもらうために特別な手続きは必要ありません。

また1000倍レバレッジが使えることやロスカットの水準が証拠金維持率20%以下で、必要証拠金ギリギリで取引ができます。
100円から取引を始めることもできますが、大きな損失が発生して追証が発生してもゼロカットシステムあるので安心です。

口座を開設するだけで1万円から2万円の口座開設ボーナスを受け取ることができるので、このボーナスを元手に取引を始めることもできます。

GEMFOREXの口座開設はこちら

【当サイトおすすめ】GEMFOREXでトレードチャレンジ

GEMFOREXでトレードチャレンジ
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
5,000倍20%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料電話・メール・
ライブチャット

総合評価|★★★★★

アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGEMFOREX。
今なら口座開設でボーナスプレゼントキャンペーン中なので入金しなくてもトレードができます。また、ゼロカットシステムで初心者にも安心して利用できます。最大レバレッジ1,000倍
・追証なしのゼロカットシステム・日本語サポートが充実・金融ライセンス所有・入金方法も豊富・初回最低入金額100円・自動売買ソフトを200種類以上・VPSも条件付きで無料提供しているのでおすすめです!クイック口座開設できますのでこの機会にぜひGEMFOREXでお試しトレードしましょう。

\ゼロカットシステムあります/

海外FXのレバレッジ比較、おすすめ業者ランキング

海外FXレバレッジ比較ランキング

海外FX業者をレバレッジに注目して比較・ランキングしました。

FXトレード初心者さんにも安心の業者ばかりです。

業者選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

海外FX20社のレバレッジ比較。おすすめ海外FX業者をランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です