XMのレバレッジを徹底比較!口座タイプ別のスペックや取引手法まとめ

【XMのレバレッジ比較】XM(エックスエム)のレバレッジの口コミ・評判を徹底チェック

XMは888倍レバレッジという印象的な最大レバレッジを提供している海外FX業者です。

888倍レバレッジで取引がしたくてXMの口座開設をする人も多いでしょう。

しかし、いつでも888倍で取引ができるわけではありません。

状況によっては使えるが制限される場合もあるので、正しい知識や考え方を身につけましょう。

今回はXMのレバレッジの特徴やルール、注意点など解説していきます。

XMの口座タイプごとの最大レバレッジを比較

XMにはマイクロ口座・スタンダード口座・zero口座の3タイプの口座が用意されています。

マイクロ口座スタンダード口座Zero口座
最大レバレッジ888倍888倍500倍
初期委託金500円から500円から1万円から
スプレッド1.7pips~1.7pips~0.3pips~
取引手数料無料無料1ロット1.0pips
最小取引量1000通貨10通貨1000通貨
最大取引量500万通貨10万通貨500万通貨
自動売買可能可能可能

マイクロ口座とスタンダード口座のスペックは取引量に違いがありますが、基本的なスペックはほとんど同じで、どちらも888倍となっています。

Zero口座はスプレッドが狭い代わりに取引手数料がかかる口座タイプです。

Zero口座になると使える最大レバレッジは500倍になりますので注意しましょう。

XMでレバレッジ制限がかかるケース

ここでは、XMで最大レバレッジが使えないケースを紹介します。

口座残高による制限

XMは、口座残高によって以下のように最大レバレッジが引き下げられます。

  • 口座残高が0~200万円:最大888倍
  • 口座残高が200~1000万円:最大200倍
  • 口座残高が1000万円以上:最大100倍

口座残高は1つの口座ではなく、XMのすべての口座の合計金額を指します。

たとえば、XMで3つの口座を開設して使っているとして、すべての口座の残高が200万円を超えると200倍に制限されます。

口座残高による制限は、ハイレバが使える海外FX業者では珍しくありません。

制限を回避するためには、利益が出たらこまめに出金をして口座残高を200万円未満に抑える必要があります。

口座残高による制限がかかったら、口座残高を200万円未満にした状態でサポートに連絡すると制限を解除してくれます。

自動売買EAによる制限

XMは、MT4やMT5の自動売買ツールを使ってEAによる自動売買取引ができます。

基本的に自動売買でもXMの最大レバレッジを使うことができますが、「特定のEA」を使った場合は口座残高に関係なく制限されるケースがあります。

「どのEAだと制限がかかるのか」については公表していませんが、ハイレバを使って過度な取引量でトレードをしていると制限がかかるケースが多いようです。

使えるレバレッジが下げるだけでペナルティ等はありません。

EAを使って自動売買を行う場合は制限に注意しましょう。

マイナー通貨の制限

XMは、トルコリラ・ルーブル・香港ドルなど、さまざまなマイナー通貨に対応しています。

これらのマイナー通貨は流動性が低く値動きが大きいため、最初から使える上限が制限されています。

以下が制限の対象となる通貨ペアとレバレッジの一覧です。

通貨ペア最大レバレッジ
ユーロ/デンマーククローネ50倍
ユーロ/香港ドル50倍
米ドル/デンマーククローネ50倍
米ドル/香港ドル50倍
ポンド/デンマーククローネ50倍
米ドル/人民元50倍
ユーロ/ルーブル50倍
米ドル/ルーブル50倍
米ドル/トルコリラ100倍
ユーロ/トルコリラ100倍
スイスフラン/円400倍
スイスフラン/シンガポールドル400倍

これらの通貨ペアで取引する場合は使用できる最大レバレッジに注意しましょう。

XMはレバレッジ制限がかかっても即座のロスカットはない

口座残高や自動売買による制限は、ポジションを保有している間にレバレッジが引き下げられる可能性もあります。

そうなると、制限がかかった瞬間の強制ロスカットが気になるところです。

これに関しては、すぐに制限がかかるのではなく、指定された期日までに入金やポジションを決済させるとロスカットは防げます。

急にロスカットされる心配はないものの、大きな損失を抱えているポジションだと決済できません。

ハイレバトレードをするなら、制限のリスクも踏まえて証拠金に気を配って取引を行いましょう

XMのレバレッジ設定と確認方法

XMは最大レバレッジを自分で指定することができます。

設定は以下の手順で行うことができます。

  1. XM会員ページにログイン
  2. 変更したい口座のオプションを選択
  3. 変更をクリック

変更できるレバレッジは、「1倍、2倍、3倍、5倍、10倍、15倍、20倍、25倍、66倍、100倍、200倍、300倍、400倍、500倍、888倍」とかなり細かいです。

現在のレバレッジを確認する方法については以下の手順です。

  1. XM会員ページにログイン
  2. マイアカウントの概要を選択
  3. 口座をクリックすると最大レバレッジが表示

またMT4やMT5からも現在のレバレッジを確認することができます。

XMと他の海外FX業者のレバレッジを比較

以下は主要海外FX業者のレバレッジを比較した表です。

最大レバレッジ口座残高による制限備考
海外FX:XMXM
888倍・200万円以上で200倍
・1000万円以上で100倍
貴金属銘柄で888倍が使える
海外FX:GEMFOREXGEMFOREX
1000倍200万円以上で500倍過去に5000倍口座の実績
海外FX:HotFprexHOTFOREX
1000倍・50ロット以上、3000万円以上で75倍口座残高3000万円まで1000倍が使える
海外FX:FBSFBS
3000倍・20万円以上で1000倍
・50万円以上で500倍
・300万円以上で200倍
少額資金ならトップクラスの最大レバレッジ
海外FX:iFOREXiFOREX
400倍なし 
海外FX:TITANFXTITANFX
500倍なし 
海外FX:Tradeview
Tradeview
500倍なし 

口座残高による制限がない海外FX業者もありますが、もともと使える最大レバレッジが大きくありません。

XMは口座残高によって使えるレバレッジがかなり小さくなりますが、実際に取引する分には100倍~200倍があれば十分です。

XMのレバレッジでおすすめの取引手法

XMのハイレバを使ったおすすめの取引手法は「スキャルピング」です。

XMはスプレッドが広めで本来ならスキャルピングには不向きですが、スプレッドの広さをカバーする高い約定力あります。

スキャルピングならポジションを保有する時間が短いため、口座残高による制限がかかってすぐに決済してロスカットを防げます。

また、為替急変動によるロスカットのリスクを減らせるのもスキャルピングのメリットです。

海外FX業者によってはスキャルピングを禁止しているところもありますが、XMは公式にスキャルピングを認めているので安心して取引ができます。

まとめ

最大888倍はスキャルピングに最適のハイレバです。

口座残高やEAの制限などがありますが、いずれも事前にメールで告知してくれてロスカット対策の猶予を与えてくれるので良心的です。

最大レバレッジを自分で設定できるのもXMの魅力で、最初のうちは小さなレバレッジに設定して、慣れたら少しずつ引き上げることもできます。

サポートもしっかりしているので、海外FX初心者のレバレッジトレードにもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です