【XMのレバレッジ比較】XM(エックスエム)のレバレッジの口コミ・評判を徹底チェック

XM.comのスペック詳細

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
888倍20%99.35%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.8pips無料24時間

総合評価|★★★★☆

海外FXをしている日本人なら、誰もが知っているXM。
最大レバレッジは、海外FX業者でも上位に入る888倍です。
2018年には、World Finance Magazineより、ベストFXブローカー賞やヨーロッパ賞を受賞しました。
日本語サポートを含めて30語以上のサポート対応
bitwalletの取り扱いにもいち早く対応し、時代の最先端を進んでいる海外FX業者でもあります。

 

XMのレバレッジや口コミ・評判

ハイレバレッジが使える海外FX業者として人気の「XM」。

最大888倍のレバレッジが使えますが、状況によって使えるレバレッジは変わります。

888倍は、海外FX業者Gemforexのレバレッジ1000倍に次ぐ大きさです。

ハイレバレッジトレードできる業者として、存在感はかなりの大きさです。

XMの口コミや評判には、

  • マイクロ口座・スタンダード口座は888倍のハイレバレッジを実現
  • ゼロスプレッド口座でも500倍のレバレッジが使える
  • 証拠金維持率は20%でハイレバレッジ向き
  • デモ口座のレバレッジは変更できない
  • XMはレバレッジに規制がかかることがある
  • ハイレバレッジでもゼロカットがあるので安心
  • キャンペーンが充実している
  • スプレッドは広め
  • 出金拒否や取引停止がある
  • 過剰評価されている

などがあります。

海外FXでトップクラスの人気を誇るため、高い評価の口コミが並んでいますね。

では、実際のところはどうなのでしょうか?

今回は、海外FXを選ぶ上で、知っておきたい海外FX業者XMの口コミや評判、レバレッジを徹底解説していきます。

XMのレバレッジは16種類の選択肢がある

XMのレバレッジで特徴的なのは、設定するレバレッジを16種類の中から選べることです。

設定できるレバレッジは以下になります。

XMの使用できるレバレッジ一覧

  • レバレッジ1倍
  • レバレッジ2倍
  • レバレッジ3倍
  • レバレッジ5倍
  • レバレッジ10倍
  • レバレッジ15倍
  • レバレッジ20倍
  • レバレッジ25倍
  • レバレッジ50倍
  • レバレッジ66倍
  • レバレッジ100倍
  • レバレッジ200倍
  • レバレッジ300倍
  • レバレッジ400倍
  • レバレッジ500倍
  • レバレッジ888倍

XMでトレードするときは、最初にこの中から使用するレバレッジを選びます。

ただし、888倍のレバレッジに設定したからと言って、888倍のレバレッジを使う必要はありません。

実際に、取引で使用するレバレッジは、実効レバレッジ(運用レバレッジ)になります。

実効レバレッジの計算方法は、「取引額÷有効証拠金」です。

たとえば、必要証拠金が10万円で1000万円の取引をするならこちらの計算式になります。

 

1000万円(取引額)÷10万円(必要証拠金)=レバレッジ100倍

 

888倍のレバレッジ設定にしても、1倍から888倍まで状況に応じてレバレッジを使い分けることができます。

レバレッジは自由に調整できることから、XMのおすすめレバレッジは最大の「888倍」です。

「間違って高いレバレッジを使って取引するのが怖い!」

という人は、レバレッジに制限をかけておくと良いでしょう。

たとえば最大レバレッジが200倍を超えないようにしたいという場合、「レバレッジを200倍」に設定しておけば、それ以上のレバレッジになることはありません。

また、XMでは

  • マイクロ口座
  • Zero口座
  • スタンダード口座

の3タイプの口座が用意されていますが、zero口座に関しては最大レバレッジが500倍になっています。

マイクロ口座・スタンダード口座の最大レバレッジはトップクラスの888倍

XMで使えるレバレッジは、業界でも高い水準の888倍です。

国内FXの最大レバレッジが25倍ですから、国内FXと比べて35倍も高いレバレッジで取引ができます。

また、他の海外FX業者の平均的なレバレッジが500倍程度なので、XMのレバレッジは非常に高いと言えるでしょう。

XMには「マイクロ口座」、「スタンダード口座」、「ゼロスプレッド口座」の3タイプの口座が用意されています。

この中で、888倍のレバレッジがかけられるのは「マイクロ口座」と「スタンダード口座」の2つです。

いずれも取引手数料は無料ですが、スプレッドが広めに設定されています。

ちなみに、マイクロ口座は低ロットで取引したい人向けの口座で、1000通貨未満で取引したい人に向いています。

その他、マイクロ口座とスタンダード口座の大きな違いはありません。

XM(エックスエム)の口コミ・評価評判は!?レバレッジ・スプレッド・ボーナスを徹底解説

888倍のレバレッジを使うメリットは、必要証拠金が少なることです。

必要証拠金は、レート×購入通貨単位×数量÷レバレッジで求めることができます。

では、[1ドル110円、1ロット(10万取引量)]だった場合に、レバレッジ888倍の必要証拠金はどれくらいになるでしょうか。

「110円×10万÷888倍=12387円」

12387円あれば、1ロットの取引ができる計算です。

レバレッジが25倍の国内FXだと

「110円×10万÷25倍=440000円」

1ロットの取引をするために440000円も必要になります。

ちなみに、XMでは口座を開設したときに、17種類(1~888倍)からレバレッジの選択ができます。

高いレバレッジが不安な人は、低いレバレッジからスタートすることも可能です。

ゼロスプレッド口座でも500倍のレバレッジが使える

XMのゼロスプレッド口座は、スプレッドが極小の口座です。

通貨ペアによっては、スプレッド0を実現しています。

スプレッド0を実現できるのは、スプレッドの代わりに取引手数料を取っているからです。

取引ごとに手数料がかかるため、実質的なコストは他の口座タイプとほとんど変わりません。

ただし、ゼロスプレッド口座はより透明性が高いECN取引を導入しているため、スリッページやリクオートなどが少なく、高い約定力で取引できるメリットがあります。

XMのゼロスプレッド口座のように、スプレッドの狭さに特化した口座を用意している海外FX業者はたくさんあります。

しかし、スタンダード口座に比べると設定できるレバレッジは低いのが普通です。

XMのゼロスプレッド口座もスタンダード口座に比べるとレバレッジは低いですが、それでも500倍のレバレッジがかけられます。

[1ドル110円、1ロット(10万取引量)]だった場合に、レバレッジ500倍の必要証拠金は、

「110円×10万÷500倍=22000円」

22000円あれば、1ロットの取引ができる計算です。

レバレッジ500倍でも、少ない資金で十分に大きな取引ができます。

XM(エックスエム)の口コミ・評価評判は!?レバレッジ・スプレッド・ボーナスを徹底解説

証拠金維持率は20%でハイレバレッジ向き

XMは証拠金維持率が20%と小さいため、ロスカットになりにくいメリットがあります。ロスカットは、含み損を抱えたポジションが自動的に決済するシステムです。

ロスカットの水準は「必要証拠金÷証拠金維持率」で計算できます。

888倍のレバレッジをかけて、1ドル110円1ロットの取引に必要な証拠金は12387円でした。

証拠金維持率が20%なら、ロスカットの水準は12387円×0.2=2477円です。

ロスカットの水準が下がれば下がるほど、ロスカットの可能性は小さくなります。

ハイレバレッジでは一時的に含み損が増すこともあるため、証拠金維持率が大きいとロスカットに達しやすくなるのです。

そのため、証拠金維持率が小さいことをメリットに感じているトレーダーも多くいます。

XM(エックスエム)の口コミ・評価評判は!?レバレッジ・スプレッド・ボーナスを徹底解説

2ちゃんの口コミにも

2ch引用。

証拠金維持率が小さいことをメリットに感じている声がありました。

XMのレバレッジ確認や変更はスマホからできる

XMでは、スマホを使ってレバレッジの確認や変更ができます。

XMの公式サイトにアクセスをして、XM会員ページ「ホーム」のマイアカウントの概要をチェックし、

レバレッジを確認したい口座を選択すると、現在設定されているレバレッジが表示されるはずです。

レバレッジを変更したい場合は、このままレバレッジの右隣にある鉛筆マークを選択しましょう。

レバレッジの変更画面に移行するため、後は変更したいレバレッジを選んでリクエスト送信して受理されると完了です。

他にも、XMの公式ページにログインした後、メニュー画面から「口座」を選び、「レバレッジ変更」をクリックしてレバレッジを変更することもできます。

XMのレバレッジ規制について

XMの魅力は最大888倍のレバレッジですが、いつでも888倍のレバレッジが使えるわけではありません。

有効証拠金やトレード方法によっては、規制によってレバレッジが下げられることもあります。

それでは、XMのレバレッジ規制でレバレッジが下げられるケースを見ていきましょう。

XMでは有効証拠金に応じてレバレッジ規制がかる

XMのレバレッジは、有効証拠金に応じて倍率が変更されるルールです。

有効証拠金のレバレッジ制限は2段階になっています。

  • 有効証拠金が2万ドル(200万円)を超えると、2レバレッジは200倍に引き下げられる
  • 有効証拠金が10万ドル(1000万円)を超えると、レバレッジは100倍に引き下げられる

つまり、口座に2万円ドル以上の資金が入っていると、888倍のレバレッジは使えないわけです。

レバレッジの規制は口座単位ではなく、アカウント単位になっている点にも注意しましょう。

XMでは1つのアカウントで8つの口座が作れるため、個人で複数の口座を作っているケースもあります。

それぞれの口座の有効証拠金が合計で2万ドルを超えると、それぞれの口座でレバレッジ200倍の制限がかかるので注意が必要です。

EAを使った自動売買取引のレバレッジ100倍規制

XMは、MT4やMT5を使った自動売買取引ができます。

自動売買取引は、専用プログラム「EA」を使って機械的な取引ができるので、感情に影響されやすい初心者にも人気の取引方法です。

しかし、XMで自動売買取引する場合は、100倍レバレッジの規制がかかることがあります。

自動売買取引でレバレッジの制限がかかるのは、同じEAを多くの人が使用することでサーバーにかかる負担が大きくなるためです。

100倍レバレッジ規制は公式なものではないため、eaを使った自動売買取引をしても使用するeaの種類や市場の状況によっては、レバレッジ規制がかからないこともあります。

値動きが大きいときのレバレッジ規制

経済指標の発表や、テロ、自然災害などが原因で、普段よりも値動きが大きくなっているタイミングでレバレッジが規制されることもあります。

事前にレバレッジ規制のルールが決まっているわけではなく、市場の状況を見ながらXMが独自に規制をかけるのが一般的です。

値動きが大きなタイミングで規制をかけるのは、顧客の資産を守ることが目的となっています。

スイスフランショックのときにレバレッジ50倍の規制が入り、欧州連合離脱の国民投票時にはレバレッジ25倍の規制が入りました。

値動きが大きくなることが予想されるイベントを控えているときは、XMから事前にレバレッジ規制に関するメールが届きます。

通貨ペアによってはレバレッジ制限がかかる

XMでは、特定の通貨ペアだと888倍のレバレッジが使えないので注意しましょう。

  • スイスフラン
  • シンガポールドル
  • 香港ドル
  • ルーブル

などの新興国通貨が絡む通貨ペアで制限がかかりやすく、50倍~444倍のレバレッジに規制されます。

スワップ狙いなどで新興国通貨への投資を考えている場合は、使えるレバレッジの上限を確認しておきましょう。

レバレッジ規制を解除する方法

レバレッジ規制の解除は、規制がかかっている原因を取り除く必要があります

有効証拠金が2万ドル~10万ドルを超えることで発生するレバレッジ規制は、有効証拠金を減らすことで規制解除ができます。

eaが原因でレバレッジ規制がかかっているなら、eaの使用を止めれば規制解除が可能です。

どちらも、自動的にレバレッジ規制が解除されるわけではない点に注意しましょう。

レバレッジ規制解除のためには、XMのサポートにメールを送って受理されなければなりません。

メールを送る場合は、IDを添えて件名に「レバレッジ制限解除の依頼」と記載しておけばスピーディーに対応してもらえます。

XMではレバレッジ規制によるロスカットに注意

XMで取引する場合は、レバレッジ規制がかかることで、ロスカットのリスクが高まる場合があることです。

たとえば、以下の条件で取引をするとします。

  • 1ドル100円
  • 取引量1万
  • レバレッジ888倍
  • 資金1万円
  • 証拠金維持率100%

この場合、必要証拠金は「100円×1万÷888倍=1126円」になります。

証拠金維持率は100%なので、資金が1126円を下回った時点でロスカットです。

1万円の資金を使って取引をすれば、「10000円-1126円=8874円」となり、8874円の損失が起こるとロスカットになります。

ここで、レバレッジが100倍に規制されるとどうなるでしょうか?

レバレッジが引き下げられることで、必要証拠金の計算も変わります。

レバレッジ100倍に規制された場合の必要証拠金は、「100円×1万÷100倍=10000円」です。

資金が10000円を下回るとロスカットが発動になるため、10000円の資金で取引をしていると、100倍レバレッジの規制がかかった時点で強制ロスカットになるわけです。

通常はレバレッジの規制が入ってロスカットしそうな場合、XMから送られてくる指定の時間までに対応すればロスカットを防ぐこともできます。

この間に、資金を追加してロスカットしないようにするか、レバレッジ制限がかからないように対処する必要があります。

デモ口座はレバレッジの変更ができない

XMでは取引ツールにMT4やMT5が使えるため、過去に他の海外FX業者を利用したことがあるトレーダーなら問題なく取引ができます。

しかし、MT4やMT5を使ったことがないトレーダーは、取引ツールに慣れてから本格的な取引を行うことをおすすめします。

FXの練習に便利なのが、デモ口座の使用です。

XMのデモ口座は、デモ口座開設フォームから進み、手続きするだけで作れます。

デモ口座が開設できたら、後は仮想のお金を使って自由に取引ができます。

デモ口座のレバレッジに関しては、リアル口座と違って途中変更できない点に注意しましょう。

リアル口座だと、途中でレバレッジの変更ができるため、状況に応じてレバレッジを使い分けることもできます。

しかし、デモ口座だと状況に応じたレバレッジの使い分けができないため、レバレッジ重視でのトレードにはやや不向きです。

ハイレバレッジのリスクを体感するなら、最初から高いレバレッジに設定してデモトレードしましょう。

XMはレバレッジに規制がかかることがある

最大レバレッジ888倍が魅力のXMですが、レバレッジに規制がかかることもあります。

規制がかかるケースとして、以下の3つのケースがあります。

・口座残高200万円以上
・口座残高1000万円以上
・経済不安定

XMは、口座残高に応じてレバレッジに制限がかかります。

口座残高が200万円以上になると、最大レバレッジは200倍。

口座残高が1000万円以上になると、最大レバレッジは100倍です。

1口座だけでなく、すべての口座残高の合計で規制が決まる点に注意が必要です。

いずれも、規制がかかった時点でサポートから以下のような連絡がきます。

XM(エックスエム)の口コミ・評価評判は!?レバレッジ・スプレッド・ボーナスを徹底解説

レバレッジの制限を解除するためには、出金して口座の残高を減らす必要があります。

他にも、選挙や金融ショックが起こり、レートの動きが大きくなっているときも、レバレッジの規制が入ります。

この場合は、レートの動きが落ち着くまで規制は解除されません。

ハイレバレッジでもゼロカットがあるので安心

XMのハイレバレッジを支えているのが、追証なしのゼロカットです。

XMは証拠金維持率が20%と小さく、ハイレバレッジのトレードでは急激なレート変動が発生した際に、ロスカットラインを飛び越えて口座の残高がマイナスになる可能性があります。

証拠金維持率が小さいことのデメリットの一つです。

しかし、XMはゼロカットシステムを採用しているため、口座の残高が0円を下回った借金分については請求されません。

ハイレバレッジでも、借金を気にすることなく取引ができるのは大きなメリットです。

実際、ハイレバレッジ&ゼロカットの環境が整っているという理由で、XMを利用するトレーダーも少なくありません。

2ちゃんの口コミにも

XM(エックスエム)の口コミ・評価評判は!?レバレッジ・スプレッド・ボーナスを徹底解説

2ch引用

ゼロカット×ハイレバレッジに魅力を感じているトレーダーの書き込みがありました。

キャンペーンが充実している

XMはキャンペーンが充実している海外FX業者としても評判です。

常時行なわれているキャンペーンには、他の海外FX業者でも多く行っている、

・新規口座開設ボーナス
・100%初回入金ボーナス

などがあります。

新規口座開設ボーナスは平均的な3000円ですが、ボーナスは最大50万円と豪華です。

また、ボーナスは二段階制を取り入れており、最初は入金した額の5万円までに対して100%の入金ボーナスになります。

5万円を超える入金には、都度20%の入金ボーナスが支払わる仕組みです。

ボーナスは証拠金として使用できるため、少ない資金でもボーナスやハイレバレッジを使って大きな取引ができます。

ただし、ボーナスの出金はできないことや、口座からお金を引き出すとボーナスが削除される点には注意しましょう。

他にもXMには、

・ロイヤリティプログラム
・友達紹介

などもあります。

ロイヤリティプログラムは、取引すればするほど現金やボーナスがもらえるサービスです。

取引する度にXMPポイントが貯まる仕組みで、貯まったXMPは現金化することや、証拠金として取引に使えます。

また、友達紹介することでXMPを増やすことも可能です。

ロイヤリティプログラムの利用は、申請や登録など不要となっています。

トレードを開始すれば、自動的にポイントが付帯される仕組です。

スプレッドが広い

XMのデメリットの口コミで多かったのが、他の海外FX業者に比べてスプレッドが広い点です。

XM(エックスエム)の口コミ・評価評判は!?レバレッジ・スプレッド・ボーナスを徹底解説

2ch引用。

XMはハイレバレッジのトレードができる海外FX業者ですが、スプレッドが広いためスキャルピングにはやや不向きになります。

ただし、スプレッドが広い代わりに、約定率が高いメリットもあります。

意図的なスリッページやストップ狩りに関する情報もほとんどありません。

広いスプレッドが気になる場合は、ゼロスプレッド口座を使って取引するのも良いでしょう。

出金拒否や取引停止の噂について

海外FXのトラブルとして多いのが、出金拒否や口座の凍結に伴う取引停止です。

儲けているトレーダーが出金すると、FX業者の資金が減ってしまうため、稼いでいるトレーダーほど多いトラブルになります。

XMには、出金拒否や取引停止に関する口コミや評判がほとんどありません。

あるとしても、

「トレーダーが規約を守ってない」「申し込み内容に不備がある」「しばらく取引してない」

など、トレーダー自身の問題が中心です。

トレーダーの不備が原因の出金拒否や取引停止は、日本語サポートを利用して問い合わせすれば問題は解決します。

ただし、ルールを守らずに取引をしていると出金できないばかりか、永久に取引ができなくなるため注意しましょう。

過剰評価されている

XMの口コミや評判は基本的に良い内容ばかりです。

しかし、どれだけ優良な業者でも良い口コミと悪い口コミがあるのが普通です。

XMの口コミに、以下のような気になる内容がありました。

XM(エックスエム)の口コミ・評価評判は!?レバレッジ・スプレッド・ボーナスを徹底解説

XMを叩いていると、2chに晒されたというものです。

他の海外FX業者では、トレーダー自身に不備がある出金拒否でも、悪い口コミとなって広がります。

利用者が多いXMなら、もっと悪い口コミがあってもおかしくありません。

XMは資金力があるFX業者なので、口コミや評判の一部は意図的に作られている可能性もあります。

口コミや評判だけで決めてしまうのは注意が必要です。

XMは規制に気を付けながら888倍レバレッジを有効に使おう

XMは、レバレッジ規制に関するルールが厳しく、常に888倍のレバレッジを使ってトレードできるわけではありません。

ポジションを保有している間に、レバレッジが引き下げられると、ロスカットするリスクも出てくるので、高いレバレッジを使うなら資金管理を徹底しなければなりません。

それでも、888倍のレバレッジが使えるのは魅力です。

大きなレバレッジがあれば、

  • 必要証拠金を減らして少ない資金でトレードできる
  • 取引量を増やして効率的に稼げる

などの恩恵もあります。

レバレッジは簡単に変更できるので、888倍レバレッジからスタートして、自分のトレードスタイルに合ったレバレッジを見つけましょう。

XMよりもEAに強みがあるGemforexがおすすめ

1000倍レバレッジを誇るGemforexと比較して、XMのレバレッジは888倍とやや低めになっています。

しかし、

・ボーナス
・約定率の高さ
・日本語サポートの充実
・ゼロカット

など、レバレッジ以外に関する部分はほぼ互角と言えるでしょう。

海外FX業者でも1位、2位を争うレベルの高さです。

ただ、質の高いEAを無料で多く提供しているGemforexに比べると、XMは自動売買取引の分野で劣ります。

Gemforexは、運営会社がEAを作っている[GEM-Trade]なので、無料で質の高いEAを多く提供できるのです。

EAを使った自動売買取引は、感情に左右されないので初心者にも向いています。

使用するEAによっては、自動売買でもハイレバレッジのスキャルピングが可能です。

自動売買によって取引の選択肢が広がるという点も含めると、Gemforexをおすすめします。

関連記事|海外FXおすすめ人気業者ランキングTOP8【2020年最新】

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で30,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら30,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です