Tradeviewのレバレッジを比較!レバレッジの確認・変更、制限ルールも解説

【Tradeviewのレバレッジ比較】Tradeviewのレバレッジの特徴を口座別に徹底比較

・Tradeviewのレバレッジは大きい?
・Tradeviewでおすすめの取引手法は?
・Tradeviewにリスクはある?

Tradeviewで取引してみたいけど、他の海外FX業者と比べてレバレッジの大きさやスペックが気になるという方もいるでしょう。

レバレッジに適したトレードをしないと失敗します。

海外FX歴10年以上の実績がある筆者は、ハイレバレッジトレードで月に100万円近い利益を得ています。

この記事は、レバレッジルールをはじめ、おすすめの取引手法やスペックをまとめていますのでTradeviewのレバレッジに関する知識が深まります。

おすすめの取引手法は狭いスプレッドとハイレバレッジを活かした超短期スキャルピング

それでは詳しく解説していきます。

この記事のポイント

Tradeviewのレバレッジは最大500倍で、しかもX Leverage口座のみしか使えません。

もっと高いレバレッジが使いたいなら、GEM歴5年以上の筆者は「GEMFOREX」をおすすめします。

GEMFOREXは1,000倍のレバレッジは常時使えて、5,000倍レバレッジが使える口座もあります。

さらに、今なら未入金で証拠金1万円 ⇒証拠金2万円のボーナスがもらえるキャンペーンが開催中。

※2022年5月1日追記
今までは1万円の口座開設ボーナスでしたが、5月31日まで2万円にアップ!
(公式サイトで発表がありました。)

入金ゼロでFXトレードが始められます。

\期間限定!!/未入金で口座開設ボーナス1万円 2万円がもらえるキャンペーン実施中!

GEMFOREX公式サイト >

もくじ

Tradeviewのレバレッジを口座タイプごとに比較

Tradeviewの最大レバレッジは口座タイプごとに変わります。

以下は、Tradeviewの最大レバレッジを口座ごとにまとめた表です。

X Leverage
口座
ILC
口座
cTrader
口座
Viking
口座
最大レバレッジ500倍200倍400倍400倍

それぞれの口座のレバレッジの特徴を紹介していきます。

TradeviewのX Leverage口座:最大レバレッジは500倍

X Leverage口座の最大レバレッジは500倍

スタンダードタイプの口座(STP方式)で、すべての口座タイプの中でもっとも大きなレバレッジが使えます。

Tradeviewで一番大きなレバレッジを使って取引するならX Leverage口座がおすすめです。

X Leverage口座はEAを使った自動売買にも最適で、レバレッジ500倍の自動売買もできます。

TradeviewのILC口座:最大レバレッジは200倍

ILC口座の最大レバレッジは200倍。

スプレッドが狭いタイプの口座(ECN方式)で、口座の中ではもっとも小さな取引コストでFXができます。

最大レバレッジは低いため、レバレッジの大きさよりもスプレッド重視で取引したい人におすすめの口座です。

TradeviewcのTrader口座:最大レバレッジは400倍

cTrader口座の最大レバレッジは400倍

X Leverage口座に次ぐレバレッジの大きさとなります。

X Leverage口座はMT4やMT5の取引ツールを使っているのに対し、cTrader口座はcTraderの取引ツールを使っています。

cTraderは約定力の大きさがメリットであるため、レバレッジが多少小さくても約定を重視したい人におすすめの口座です。

TradeviewcのViking口座:最大レバレッジは400倍

Viking口座の最大レバレッジは400倍

CURRENEXという取引ツールが使える口座になります。

最大レバレッジはcTrader口座と同じですが、取引コストや約定力の面では劣ります。

MT4やMT5、cTrader以外の取引ツールを使ってみたい人におすすめの口座です。

Tradeviewのレバレッジと他の海外FX業者を比較

ここでは、Tradeviewの最大レバレッジと他の海外FX業者を比較しています。

他業者と比べてTradeviewは平均~やや低めの最大レバレッジです。

Tradeviewはレバレッジが大きい業者とは言えません。

なお、比較するのは最大レバレッジが大きい口座タイプです。

海外FX口座名レバレッジ解説
海外FX:TradeviewTradeviewX Leverage口座500倍解説ページ
オールインワン口座1,000倍解説ページ
XMロゴXMスタンダード口座888倍解説ページ
海外FX:FBSFBSスタンダード口座3,000倍解説ページ
海外FX:TITANFXTITANFX

ブレード口座500倍解説ページ
海外FX:IS6FXロゴIS6FXスタンダード口座1,000倍解説ページ
BigbossBigbossスタンダード口座999倍解説ページ
海外FX:iForexロゴiForexスタンダード口座400倍解説ページ
HotFprexロゴHotForexマイクロ口座1,000倍解説ページ
海外FX:IFCマーケットIFC Marketsビギナー口座400倍解説ページ
海外FX:FXDDlogoFXDDスタンダード口座500倍
海外FXスプレッド比較プロ:AXIORYAXIORYスタンダード口座400倍解説ページ
海外FX:LANDFXLANDFXLIVE口座500倍解説ページ
海外FX:MiltonmarketsMiltonmarketsスマート口座1,000倍解説ページ
海外FX:FXGTFXGTスタンダード口座1,000倍解説ページ

 

Tradeviewのレバレッジは100倍になっているので変更が必要

Tradeviewで口座開設した場合、初回は最大レバレッジが100倍に設定されています。

100倍より大きなレバレッジを使いたいときは口座開設をしたあとにレバレッジの変更が必要です。

ちなみに、cTrader口座については初回レバレッジが200倍になっています。

X Leverage
口座
ILC
口座
cTrader
口座
Viking
口座
最大レバレッジ500倍200倍400倍400倍
初回レバレッジ100倍100倍200倍100倍

Tradeviewのレバレッジ変更方法

Tradeviewのレバレッジは申請ページで変更ができます。

申請ページ

Tradeviewのレバレッジ

名前、Eメールアドレス、口座番号、ご希望のレバレッジをそれぞれ入力してください。

入力するレバレッジは1単位で設定できます。

申請してから翌営業日以内にレバレッジの変更が反映されます。

Tradeviewのレバレッジ確認方法

現在のレバレッジは会員ページのトレーダーステータスで確認できます。

以下の手順で確認ができます。

  1. 会員ページにログイン
  2. 口座サマリーを開く

左下に最大レバレッジが記載されています。

「500」と記載されていれば、「使える最大レバレッジが500倍」という意味になります。

Tradeviewのレバレッジ制限について

Tradeviewには口座残高によるレバレッジ制限があります。

口座残高によるレバレッジ制限のルールは次の通りです。

口座残高最大レバレッジ
1,000万円未満200~500倍
1,000万円以上100倍

口座残高が1,000万円を超えるとレバレッジが100倍に制限されます。

X Leverage口座だとレバレッジ500倍からレバレッジ100倍に下がるので、必要証拠金が5倍に増えてロスカットの可能性が高まります。

そうならないためにも、口座残高が1,000万円を超える前に出金しましょう。

TradeviewのCFD銘柄のレバレッジ

TradeviewはCFD取引を行うこともできます。

TradeviewのCFDは銘柄によって最大レバレッジが以下のように異なります。

貴金属は大きなレバレッジが使えますが、それ以外の銘柄は使えるレバレッジが大幅に下がります。

仮想通貨に関しては最大レバレッジが10倍以下。

CFDはFXに比べて値動きが大きいため、最大レバレッジも小さくなっています。

以下の表に銘柄ごとの最大レバレッジをまとめています。

銘柄銘柄例最大レバレッジ
貴金属ゴールド、シルバー20倍~500倍
エネルギー原油、天然ガス10倍~100倍
株式指数日経225、ユーロ5050倍~200倍
仮想通貨ビットコイン、リップル5倍~10倍

Tradeviewでスキャルピングは向いている?

Tradeviewはスキャルピングに最適の海外FX業者です。

その理由として以下の5つがあります。

  • スキャルピング制限がない
  • スプレッドが狭い
  • 約定力が高い
  • cTraderが使える
  • ストップレベルが小さい

1つずつ解説していきます。

スキャルピング制限がない

Tradeviewにはスキャルピングの制限がありません。

「○○ロット以上で取引制限、○○分間隔の取引は禁止」のようなルールがないため、安心してスキャルピングができます。

スプレッドが狭い

Tradeviewは、スプレッドが狭くスキャルピングに最適です。

スキャルピングは取引回数が多くなるため、スプレッドが狭いほどトータルの取引コストが大幅に少なくなります。

特にスプレッドの狭さに特化しているILC口座は、スプレッドと取引手数料を合算しても0,6pips~のコストで取引できるため、スキャルピングとの相性は最高です。

I最大レバレッジが200倍のILC口座でも、スキャルピングなら十分に利益を出せます。

約定力が高い

Tradeviewは約定力が高いエクイニクス社のサーバーを使っています。

エクイニクス社と言えば、大手IT企業が採用しているITのインフラ会社です。

世界最高峰のサーバーを使っているため、約定スピードが非常に早くスリッページや約定拒否が発生する確率も低くなっています。

スキャルピングは取引回数が多いことに加え、一回の取引で狙う利幅や損切り幅が小さいため、数pipsでも何度も滑っていると取引になりません。

安定した高い約定力で取引できるTradeviewはスキャルピング向きと言えます。

cTraderが使える

Tradeviewはスキャルピングに特化しているcTraderの取引ツールが使えます。

cTraderは約定力が大きく、約定拒否や取引制限が一切ありません。

どれだけ大きな取引を行っても、他に取引を行っているトレーダーがいれば注文はすぐにマッチングされます。

またcTraderには、スピーディーな注文を実現する以下の機能も備わっています。

・ドテン注文

・ダブルアップ注文

・全ポジションの一括決済

・通貨ペア別ポジション一括決済

これらの注文や決済がすべてワンクリックで行えます。

ちなみに、MT4/MT5でもスキャルピングで十分に稼げます。

しかし、取引ツールの選択肢が増えるという意味では、cTraderが使えるTradeviewはよりスキャルピング向きの業者と言えるでしょう。

ストップレベルが小さい

Tradeviewはストップレベルがゼロなので、指値注文や逆指値注文を使ったスキャルピングに最適です。

ストップレベルとは、指値注文や逆指値注文を入れるときに、「現在の価格から最低限どれくらい離れていないといけないのか」を表す値幅です。

たとえば、ストップレベルが5pipsだとします。

1ドル110.50円で注文を入れるなら、1ドル110.45円か1ドル110.55円以上の値幅にしなければなりません。

Tradeviewは1pips単位で指値注文や逆指値注文ができるので、より小さな値幅を狙って取引できます。

よって、小さな値幅を狙うスキャルピングに最適となるわけです。

実際にTradeviewでトレードしてみた

Tradeviewでトレードしてみました。

おすすめ手法とおすすめできない手法は以下の通りです。

  • Tradeviewのおすすめ手法は超短期スキャルピング
  • Tradeviewのおすすめしない手法はスワップ狙い

それでは詳しく解説していきます。

Tradeviewのおすすめ手法は超短期スキャルピング

超短期スキャルピングは、数秒から数分間隔で取引を繰り返す手法です。

通常のスキャルピングに比べて、さらに短い時間軸で取引を行うのが特徴となります。

Tradeviewのレバレッジトレードで超短期スキャルピングをおすすめするのは以下の2つの理由です。

Tradeviewで超短期スキャルピングをおすすめする理由

・最大レバレッジが小さいため取引回数を増やす

・取引コストが業界トップクラスの少なさ

Tradeviewの最大レバレッジは500倍で、スプレッドが狭いILC口座だと200倍になります。

他業者に比べてレバレッジが劣るため、超短期スキャルピングで取引量を増やすというわけです。

以下、超短期スキャルピングのシミュレーションです。

<条件>

・取引金額:10万円

・取引通貨:1ドル100円

・最大レバレッジ:200倍

・スプレッド:1回0.6pips(取引手数料込)

・取引量:10万通貨

・1回あたりの利幅:5pips(5,000円)

・1回あたりの損切り幅:-3pips(-3,000円)

・勝率:50%

・1日あたりの取引回数:30回

利益損失
1日目5,000円×25回=125,000円3000円×25回=75,000円
10日目1,250,000円750,000円
20日目(1ヵ月)2,500,000円1,500,000円

※スプレッドは利幅・損切り幅に含む

1カ月のトータル利益は「2,500,000円-1,500,000円=1,000,000万円」となります。

勝率が50%でも、10万円の元手があれば1ヵ月に100万円の利益を狙うことができます。

Tradeviewのおすすめしない手法はスワップ狙い

Tradeviewのおすすめしない手法は長期運用のスワップ狙いです。

Tradeviewのスワップポイントは、他の業者に比べると大きくありません。

たとえば、スワップポイントが大きい「GEMFOREX」なら、USDZARの売りスワップは10万通貨あたり1日約1,000円。

Tradeviewは同じ条件だと10万通貨あたり1日約600円です。

またTradeviewはレバレッジが500倍なので、10万通貨の取引をするためには最低でも2万円以上の資金が必要になります。

レバレッジ1,000倍が使えるGEMFOREXなら1万円の資金で10万通貨の保有ができます。

強みであるスプレッドの狭さや約定力の高さも、長期運用においてはほとんどメリットがありません。

Tradeviewでスワップポイントを狙うなら、「GEMFOREX」のようにレバレッジやスワップポイントが大きい業者をおすすめします。

USDZARの売りスワップは10万通貨あたり1日約1,000円

GEMFOREX公式サイト >

Tradeviewのレバレッジトレードに追証のリスクはない

Tradeviewには追証のリスクがありません。

そのため、借金の心配をすることなく安心してハイレバレッジトレードができます。

ここでは、Tradeviewの追証のリスクを以下の手順で紹介します。

  • 追証とは
  • ゼロカットシステムとは
  • ゼロカットの流れ

1つずつ解説していきます。

追証とは

追証とは、ロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになることです。

通常は証拠金以上の損失が発生すると、ロスカットが執行されて取引は強制終了します。

しかし、通貨の価格が大きく動いているときはロスカットが正しく作動せず、ロスカットラインを大幅に下回って決済する場合があります。

口座残高がマイナスになると追証が発生し、FX業者によってはトレーダー自身が追証を返済しなければなりません。

Tradeviewは追証がないため、口座残高が0円を下回っても返済する必要はありません。

ゼロカットシステムとは

Tradeviewに追証がないのは、ゼロカットシステムがあるからです。

ゼロカットシステムは、0円以下の追証分はFX業者が顧客に請求しないシステムです。

口座の残高がどれだけマイナスになってもTradeviewが補填します。

ゼロカットシステムは顧客が借金の心配を抱えることなく、安心してハイレバレッジトレードできる環境を作るために用意しています。

借金のリスクを考えながら消極的な取引を行うより、ゼロカットシステムを用意して積極的に取引してもらう方が顧客の取引回数が増えるので、業者にもメリットが大きいわけです。

ゼロカットの流れ

Tradeviewのゼロカットは入金すると口座残高が0円にリセットされます。

他の海外FX業者のゼロカットは、口座残高がマイナスになった時点で0円にリセットされるので、Tradeviewのゼロカットルールは少し変わっている点に注意してください。

追加入金してもゼロカットが執行されない場合、サポートに連絡すると迅速に対応してもらえます。

口座残高のマイナスがすぐにリセットされなくても、追証が請求されることはないので安心してください。

Tradeviewのロスカット水準と証拠金維持率

ロスカットやゼロカットの理解を深めるためには、以下の3つについて知っておく必要があります。

  • 有効証拠金と必要証拠金の計算方法
  • 証拠金維持率の計算方法
  • Tradeviewのロスカット水準について

1つずつ解説していきます。

有効証拠金と必要証拠金の計算方法

ロスカット水準を知るためには、有効証拠金と必要証拠金の2つの証拠金について正しく理解しておく必要があります。

以下の表に有効証拠金と必要証拠金の違いや計算式をまとめています。

計算式説明
有効証拠金口座残高±ポジションの損益取引に使える資金
必要証拠金レート×取引量÷レバレッジ取引するために必要な資金

 

(例)

・口座残高:3万円

・ポジションの損益:+1万円

・レート:1ドル100円

・取引量:1万通貨

・レバレッジ:500倍

この場合、有効証拠金と必要証拠金は以下のようになります。

<有効証拠金>
3万円+1万円=4万円

<必要証拠金>
100円×1万通貨÷500=2,000円

2つの証拠金の違いを覚えておきましょう。

証拠金維持率の計算方法

証拠金維持率は、「有効証拠金÷必要証拠金×100%」で計算できます。

有効証拠金が4万円、必要証拠金が2,000円なら、証拠金維持率は「4万円÷2,000円×100%=2,000%」です。

証拠金維持率はロスカットの水準に使われています。

ロスカットの水準は業者によって異なり、だいたい20%~100%の間で設定されています。

Tradeviewのロスカット水準について

Tradeviewのロスカット水準は、証拠金維持率100%以下

有効証拠金と必要証拠金が同じになるとロスカットします。

Tradeviewは証拠金維持率が高めに設定されているため、ロスカットまでに許容できる値幅は小さくなります。

ただし、ロスカットしたあとに残る資金は多くなります。

ロスカットを避けるためには、追加入金をして有効証拠金を増やしましょう。

また証拠金維持率に余裕を持たせたいときは、レバレッジを引き下げて運用するか、取引量を小さくして必要証拠金を減らすと証拠金維持率を増やせます。

Tradeviewのボーナスは?

Tradeviewにボーナスはありません。

Tradeviewは、ボーナスをカットしてスプレッドの狭さや高い約定力に力を入れているので、ボーナスを用意していません。

ボーナスを使ってFXしたい!という方は、ボーナスがあるFX業者をおすすめします。

Tradeviewの入金方法

Tradeviewの入金方法を以下の表にまとめています。

入金方法入金例入金反映時間手数料
銀行送金・DBS
・BMO
1~3営業日以内無料
決済サービス・クレジットカード
・bitwallet
即時無料
Eウォレット・国内銀行送金
・bitpay
即時無料

 
入金手数料はTradeviewの負担になります。

ただし、入金先のサービス利用時に別途手数料が発生するので注意が必要です。

銀行送金なら2,000円~5,000円、決済サービスやEウォレットだと1,000円以下の手数料になります。

入金は即時反映される決済サービスやEウォレットがおすすめです。

Tradeviewの出金方法と出金拒否の噂について

ここでは、Tradeviewの出金方法や出金拒否の噂についてまとめています。

  • Tradeviewの出金方法
  • Tradeviewの出金拒否の真相

それぞれ解説していきます。

Tradeviewの出金方法

Tradeviewの出金方法を以下の表にまとめています。

出金方法出金例出金反映時間手数料
銀行送金・DBS
・BMO
3~5営業日以内3,500円
決済サービス・クレジットカード
・bitwallet
即時
(クレジットカードは1ヵ月以上)
無料
Eウォレット・国内銀行送金
・bitpay
即時無料

クレジットカードの出金はキャンセル処理による返金になるため、出金までに1ヵ月以上の期間がかかります。

決済サービスやEウォレットは出金手数料が無料です。

ただし、出金元によっては数百円程度の手数料がかかる場合もあります。

Tradeviewの出金拒否の噂の真相

Tradeviewでは、意図的な出金拒否はありません。

ネット上には「Tradeviewで出金拒否された」という声もあるので、出金拒否されないかどうかを不安に感じている方もいるかもしれません。

どれだけ信頼できる業者であっても、ネガティブキャンペーンによって悪い噂の1つや2つはあるものです。

Tradeviewの出金拒否の噂は他の業者に比べて圧倒的に少ないです。

そもそもTradeviewは老舗の海外FX業者の1つで、これまで信頼で多くのトレーダーから支持を得てきた経緯もあります。

信頼を落としてまで出金拒否をするメリットがTradeviewには一切ありません。

Tradeviewで出金拒否されることはないので安心して取引できます。

Tradeviewのスプレッド

Tradeviewのスプレッドは他業者に比べてかなり狭いです。

ILC口座に関しては業界トップクラスの狭さを誇ります。

ただ、それ以外の口座タイプのスプレッドについては平均より少し狭いくらいです。

以下の表は、X Leverage口座とILC口座の主要通貨のスプレッドを比較しています。

X Leverage口座ILC口座
USDJPY2,1pips0.1pips(0.1pips)
EURJPY2,2pips0.4pips(0.9pips)
EURUSD1.7pips0.1pips(0.6pips)
GBPUSD2.2pips0.5pips(1.0pips)
AUDNZD3.3pips1.1pips(1.6pips)

※ILC口座の()のスプレッドは取引手数料+スプレッドの取引コストを表します。
 

スプレッドの狭さにこだわって取引するならILC口座をおすすめします。

Tradeviewのレバレッジに関するよくある質問

ここでは、Tradeviewのレバレッジに関するよくある質問をまとめています。

Tradeviewの最大レバレッジは他の海外FX業者に比べてどうですか?

レバレッジ500倍は平均~やや低めです。

Tradeviewの口座ごとの最大レバレッジを教えてください

Leverage口座は500倍、cTrader口座とViking口座は400倍、ILC口座は200倍です。

Tradeviewの最大レバレッジは変更できますか?

できます。

申請ページにアクセスして1単位でレバレッジを設定できます。

Tradeviewのレバレッジ制限を教えてください

口座残高が1,000万円以上になると最大レバレッジは100倍に制限されます。

Tradeviewのハイレバレッジにおすすめの取引手法はなんですか?

スプレッドの狭さと約定力の高さを活かした超短期スキャルピングです。

Tradeviewのハイレバレッジにおすすめできない取引手法はなんですか?

スワップポイントを狙った長期運用です。

Tradeviewのレバレッジトレードに追証のリスクはありますか?

ありません。

口座残高が0円以下になると追証なしのゼロカットが執行されます。

Tradeviewのロスカット水準はどれくらいですか?

証拠金維持率が100%を下回るとロスカットします。

まとめ:Tradeviewのレバレッジについて

Tradeviewの最大レバレッジは500倍で、海外FX業者の中では平均~やや低め。

その代わり、約定力が高くスプレッドが狭いため、スキャルピングに最適な取引条件が整っています。

特にILC口座は最大レバレッジが200倍と下がるものの、取引コストを重視するトレーダーには最高の口座と言えるでしょう。

ただし、Tradeviewと同水準の狭いスプレッドでスキャルピングができて、さらに最大5,000倍レバレッジが使える「GEMFOREX」のような海外FX業者もあります。

GEMFOREXの場合は、口座開設や入金ボーナスなど各種ボーナスも充実しています。

希望する取引スタイルや、それに合った条件でトレードできる海外FX業者を選びましょう。

\最大5,000倍レバレッジ!!/名前とメルアドで登録完了

GEMFOREX公式サイト >

筆者がおすすめする人気海外FXFX業者GEMFOREX

海外FX会社GEMFOREX
GEMFOREXの詳細
オススメ度★★★★★
最大レバレッジ1,000倍
ロスカット水準20%
ゼロカット
約定率99.99%が0.78秒以内に執行
最低取引枚数1,000通貨
ドル円スプレッド1.2pips~
手数料無料
日本語サポート電話・メール・ライブチャット

GEMFOREX」はアジアNo.1との呼び声が高い海外FX会社。

今なら口座開設するだけでボーナスプレゼントキャンペーン中!

入金しなくてもボーナスが全員にもらえます。

このボーナスは期間限定なので口座開設をお悩み中の方はお早めに。

借金を背負わないゼロカットシステム完備なので、「GEMFOREX」は初心者さんにもおすすめです。

最大レバレッジ1,000倍・日本語サポートが充実・金融ライセンス所有・入金方法も豊富・自動売買ソフトを200種類以上・VPSも条件付きで無料提供!

「今すぐ始めたい」方はクイック口座開設!FXトレードがすぐに始められます。

\ 約3分で登録完了 /

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です