Tradeviewのレバレッジを徹底比較!口座タイプ別のレバレッジや取引手法まとめ

【Tradeviewのレバレッジ比較】Tradeviewのレバレッジの特徴を口座別に徹底比較

Tradeviewは、最大で500倍のレバレッジを使って取引ができる人気の海外FX業者です。

どんな状況でも500倍レバレッジが使えるのではなく、口座タイプや条件によって使えるレバレッジが変わります。

ハイレバレッジトレードするためにも、Tradeviewのレバレッジルールについて覚えておきましょう。

今回はTradeviewのレバレッジの仕組みやルールについて徹底解説していきます。

Tradeviewの口座タイプごとの最大レバレッジを比較

Tradeviewには、全部で5つの口座タイプが用意されています。

まずは、口座タイプの特徴と使えるレバレッジについて比較している以下の表をご覧ください。

X Leverage口座ILC

口座

MT5

口座

cTrader

口座

Currenex

口座

最大レバレッジ500倍200倍100倍400倍400倍
プラット

フォーム

MT4MT4MT5cTraderCurrenex
最低入金額1万円~10万円~10万円~10万円~10万円~
最小取引量1000通貨1万通貨1万通貨1000通貨1万通貨
スプレッド2.0pips~0.2pips~0.2pips~0.2pips~0.6pips~
取引手数料無料0.5pips~0.5pips~0.5pips~0.7pips~
自動売買EAが使えるEAが使えるEAが使えるcAlgoが使える非対応

Tradeviewの口座タイプの中で500倍レバレッジが使えるのはX Leverage口座のみとなります。

他の口座タイプについては最大レバレッジが100~400倍になっていて、スプレッド以外に取引手数料もかかります。

500倍レバレッジを使うならX Leverage口座一択となりますが、最大400倍レバレッジが使えて最小取引量が1000通貨のcTrader口座も人気です。

Tradeviewでレバレッジ制限がかかるケース

最大500倍レバレッジを使ってトレードできるのがTradeviewの魅力ですが、常に最大レバレッジが使えるわけではありません。

レバレッジ制限によって、最大レバレッジが引き下げられるケースもあります。

ここでは、Tradeviewでレバレッジ制限がかかるケースを紹介します。

口座残高によるレバレッジ制限

Tradeviewは口座残高が1000万円を超えると以下のようにレバレッジ制限がかかります。

X Leverage口座ILC口座cTrader口座Currenex口座
最大レバレッジ500倍200倍400倍400倍
制限後レバレッジ100倍100倍100倍100倍

もともと使える最大レバレッジが100倍のMT5口座については制限がありませんが、それ以外の口座についてはすべてレバレッジが100倍に引き下げられます。

口座残高によるレバレッジ制限は他の海外FX業者にも多くありますが、これは口座残高が多い状態でハイレバレッジを使うと思わぬ形でレートが動いたときの損失が大きくなるのを防ぐためです。

レバレッジ制限を避けるためにも、口座残高が1000万円を超える前に出金しておきましょう。

CFD銘柄のレバレッジ制限

Tradeviewでは、FX口座を使ってCFD取引を行うこともできますが、CFDはFXに比べて使えるレバレッジが低めに設定されているので注意しましょう。

以下の表にTradeviewにおけるCFDの最大レバレッジをまとめています。

銘柄最大レバレッジ
株価指数10倍
エネルギー10倍
貴金属200倍
仮想通貨10倍

銘柄によって使えるレバレッジは異なりますが、CFDのレバレッジは10~200倍です。

ゴールドやシルバーなどの貴金属は100倍を超えるレバレッジが使えますが、それ以外の銘柄については10倍以下と低めです。

ただし、他の海外FX業者で取り扱いが少ない仮想通貨の取り扱いがあることや、最大10倍レバレッジが使えるなど、仮想通貨の取引条件は優れています。

EAやcAlgoのレバレッジ制限

Tradeviewは自動売買取引に対応していますが、MT4・MT5のプラットフォームならEAを使った自動売買、cTraderならcAlgoというプログラムを使った自動売買になります。

海外FX業者の中には自動売買に使用するプログラムの内容によってレバレッジ制限をかけるところもありますが、Tradeviewに関しては特にプログラムによるレバレッジ制限はありません。

ただし、自動売買取引においても口座残高によるレバレッジ制限は適用されます。

自動売買で得た利益が増えて知らないうちにレバレッジ制限がかかる可能性もあるので、自動売買を行うときは口座残高をこまめにチェックしましょう。

大規模イベントによるレバレッジ制限

総選挙のような大規模イベントが行われるとレバレッジ制限がかかるケースがあります。

過去にはフランス総選挙、アメリカ総選挙、イギリス総選挙などで最大レバレッジが引き下げられた海外FX業者は多くありましたが、Tradeviewでは事前にレバレッジ制限の可能性に言及したものの、実際にレバレッジが制限されることはありませんでした。

しかし、今後も総選挙のようなイベントによってレートの大きな動きが予想されるときは、レバレッジ制限がかかることが予告され、実際に制限される可能性もあります。

レバレッジ制限がかかるような相場は、レートの動きが予想しにくく大きな損失が発生するリスクもあるので取引は控えた方がよいでしょう。

Tradeviewのレバレッジトレードに追証のリスクはない

ハイレバレッジトレードのリスクの1つに追証があります。

追証は相場の急変動によってロスカットが間に合わずに口座残高がマイナスになった場合に、マイナス分を返済しなければならないシステムです。

Tradeviewはロスカットの水準が証拠金維持率100%と他の海外FX業者に比べて高めに設定されているため、追証が発生するリスクは低いものの、追証が発生してもゼロカットシステムが執行されるので借金の返済は必要ありません。

ゼロカットシステムはFX取引によるマイナス分をFX業者が請求しないシステムですが、マイナス分はFX業者が代わりに補填します。

Tradeviewのレバレッジトレードは借金の心配がなく安心して取引ができます。

Tradeviewのレバレッジ設定や確認方法について

Tradeviewのレバレッジは自分自身で確認や設定ができるので、調整しながらレバレッジトレードできます。

ここでは、レバレッジ設定や確認方法について紹介します。

Tradeviewの初期レバレッジ設定に注意

Tradeviewは他の海外FX業者と違い、口座開設したタイミングで使えるレバレッジは最大レバレッジではありません。

口座開設時に設定されているレバレッジは次の通りです。

  • Xレバレッジ口座:100倍
  • ILC口座:100倍
  • MT5口座:100倍
  • cTrader口座:200倍
  • Viking口座:200倍

このように最初は最大レバレッジが100~200倍に抑えられています。

大きなレバレッジを使うためには変更手続きが必要ですが、レバレッジが抑えられているおかげで、最初から大きな取引をして大きな損失が出るリスクを減らせます。

Tradeviewのレバレッジを変更する方法

Tradeviewの取引で使用するレバレッジは変更申請を行うことで変えられます。

レバレッジ変更に対応している海外FX業者の多くは希望するレバレッジを選択肢の中から選ぶようになっていますが、Tradeviewは1単位で使いたいレバレッジを任意で入力して申請できます。

Tradeviewのレバレッジ変更申請は以下のページから行うことができます。

https://www.tradeviewforex.com/ja/accounts/forms/leverage-change?ib=2124

氏名、メールアドレス、口座番号、希望のレバレッジを入力して申請して受理されると、最大レバレッジの変更が完了です。

レバレッジの変更が反映されるのは、申請してから1~2日後になります。

Tradeviewのレバレッジを確認する方法

Tradeviewのレバレッジを確認する方法については以下の流れで簡単に行うことができます。

① Tradeviewの公式サイトにアクセス

② Tradeviewの会員ページにログイン

③ 会員ページのトレーダーステータスからレバレッジの確認

会員ページにログインする際には、口座アカウント番号とパスワードが必要になります。

これらのログイン情報は口座開設した際のメールに記載されているので、会員ページに入れない場合はメールの確認をしてください。

また、実際に使っているレバレッジ(実効レバレッジ)については以下の計算式で求めることができるので参考にしてください。

「レート×取引量÷有効証拠金=実効レバレッジ」

Tradeviewのレバレッジと他の海外FX業者のレバレッジを比較

Tradeviewのレバレッジと他の海外FX業者のレバレッジにはどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、最大レバレッジやレバレッジ制限について比較していきます。

最大レバレッジレバレッジ制限の種類(制限後のレバレッジ)
Tradeview500倍口座残高によるレバレッジ制限(100倍)
GEMFOREX1000倍口座残高によるレバレッジ制限(500倍)
XM888倍・口座残高によるレバレッジ制限(100倍)

・EAによるレバレッジ制限(100倍)

LANDFX500倍・口座残高によるレバレッジ制限(100倍)

・取引量によるレバレッジ制限(200倍)

AXIORY400倍口座残高によるレバレッジ制限(200倍)
FBS3000倍・口座残高によるレバレッジ制限(200倍)

・ボーナス利用によるレバレッジ制限(100倍)

Miltonmarkets1000倍口座残高によるレバレッジ制限(500倍)

Tradeviewの最大レバレッジは海外FX業者の中で見ると平均的です。

口座残高によるレバレッジ制限がかかった後に使えるレバレッジは100倍と小さいですが、その他のレバレッジ制限は少なくなっています。

Tradeviewは取引手数料が少なくレバレッジを使ったスキャルピングに最適

Tradeviewの最大レバレッジは海外FX業者の中で見ると高いとは言えませんが、スキャルピングトレーダーから絶大な支持を得ているように、ハイレバレッジを使ったスキャルピングに最適です。

スキャルピングが向いているのは取引手数料の安さが理由の1つで、特にILC口座、MT5

口座、cTrader口座の3つの口座はスプレッドと取引手数料を合わせても1.0pipsを下回る少なさです。

この3つの口座は使える最大レバレッジが100~400倍と小さめに設定されているものの、100倍を超えるレバレッジがあればスキャルピングで十分に利益を出せます。

特にcTrader口座については約定力も非常に高く、注文が滑りにくいのでスキャルピングに最適です。

ただし、最低入金額はいずれも10万円以上と高めに設定されているので、十分に資金の用意ができない場合は取引手数料が無料のX Leverage口座でも問題ありません。

Tradeviewのレバレッジのまとめ

Tradeviewのレバレッジについて紹介してきましたが、Tradeviewは口座タイプが多く口座ごとに使えるレバレッジが異なります。

一番大きなレバレッジが使えるのはX Leverage口座ですが、レバレッジでスキャルピングをするなら400倍レバレッジが使えるcTraderがおすすめです。

Tradeviewのレバレッジは海外FX業者の中で見ると平均的ですが、スプレッドが狭いことや約定力が高いことから実用性があります。

取引に使える時間が少ない!という方は、レバレッジを使った自動売買取引もおすすめです。

Tradeviewのレバレッジルールを正しく理解して、レバレッジトレードに挑戦してみましょう。

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です