TITANFXのレバレッジを徹底比較!口座タイプ別のレバレッジや取引手法まとめ

【TITANFXのレバレッジ比較】TITANFX(タイタンエフエックス)のレバレッジの口コミ・評判を徹底チェック

TITANFXは、最大500倍のレバレッジトレードができる人気の海外FX業者です。

2014年に設立している中堅の業者で、日本人トレーダーも多く利用しています。

500倍レバレッジは海外FX業者の中で見ると平均的ですが、国内FXの最大レバレッジが25倍であることを考えると十分に高いレバレッジと言えるでしょう。

また、TITANFXはレバレッジ制限が少ないメリットもあります。

TITANFXでハイレバレッジトレードを検討している方は、TITANFXのレバレッジの特徴やルールについて覚えておきましょう。

今回はTITANFXのレバレッジについて解説していきます。

TITANFXの口座タイプごとの最大レバレッジを比較

TITANFXには、zeroスタンダード口座とzeroブレード口座の2タイプの口座があります。

まずは、TITANFXの口座ごとの基本スペックと最大レバレッジを比較している以下の表をご覧ください。

 Zeroスタンダード口座Zeroブレード口座
最大レバレッジ500倍500倍
プラットフォームMT4/MT5MT4/MT5
スプレッド1.2pips~0.2pips~
取引手数料無料1ロット0.7pips~
最小取引量1000通貨1000通貨
最大取引量2000万通貨2000万通貨
初回入金額2万円2万円
自動売買EA/zuluが使えるEA/zuluが使える

TITANFXが用意しているスタンダード口座とzeroブレード口座は、どちらも使えるレバレッジが500倍となっています。

スプレッドや取引手数料に違いがありますが、それ以外については似たようなスペックです。

MT4/MT5の自動売買ツールにEAを稼働させて行う自動売買取引やzuluと呼ばれる取引ツールを使って行う自動売買にも対応していて、いずれも最大500倍レバレッジを使って取引ができます。

TITANFXのレバレッジ制限の有無について

大きなレバレッジが使えても、取引状況や環境に応じてレバレッジ制限がかかる海外FX業者が多いです。

TITANFXは、他の海外FX業者に比べるとレバレッジ制限が少ない特徴があります。

ここでは、TITANFXのレバレッジ制限の有無について紹介します。

口座残高によるレバレッジ制限はない

多くの海外FX業者は、「口座残高200万円以上になるとレバレッジが1000倍から200倍に制限される」のように、口座残高に応じてレバレッジ制限が設けられています。

口座残高でレバレッジ制限がかかるのは、取引の安定性の確保やプラットフォームの健全性を維持するためです。

トレーダーがハイレバレッジによって大きな損失を被るリスクも減らしています。

その点、TITANFXは口座残高がどれだけ増えても500倍レバレッジを使ってトレードができるので、口座残高によるレバレッジ制限を気にする必要がありません。

レバレッジ制限がないことで、安定して500倍レバレッジトレードができることや、レバレッジ制限がかかったことによる必要証拠金の増額にともなうロスカットのリスクを減らせるメリットなどがあります。

CFD取引によるレバレッジ制限はない

最近は、株式指数や貴金属などの銘柄に投資できるCFD取引に対応している海外FX業者が増えています。

中には、FX取引をしながらCFD取引も合わせて行うトレーダーの方もいるかもしれませんが、FX取引に比べるとCFD取引で使えるレバレッジの方が小さいのが一般的です。

CFD取引は流動性が低く値動きが大きいためですが、TITANFXはCFD取引についても最大500倍のレバレッジを使ってトレードができます。

さらに、FX取引と同じ1000通貨の取引が可能となっているので、500倍レバレッジを使って少額でCFD取引ができるのもメリットです。

FXで見ると500倍レバレッジは高くありませんが、CFDで見ると500倍レバレッジは業界トップクラスのハイレバレッジになります。

取引量によるレバレッジ制限はない

海外FX業者の中には、取引量に応じてレバレッジ制限がかかるところもあります。

レバレッジ制限をかけるのは、取引量が大きくなると値幅に対する利益や損失が大きくなるため、負けたときのダメージを最小限に抑えることが目的です。

大きな取引がしたいトレーダーにとって取引量によるレバレッジ制限は面倒ですが、TITANFXは取引量によるレバレッジ制限が設けられていません。

TITANFXでは、最大2000万通貨で取引を行うことができますが、この範囲内でいつでも500倍レバレッジを使ったトレードができます。

取引量を気にすることなく最大レバレッジが使えるのは、TITANFXで取引するメリットの1つと言えるでしょう。

EA/zuluの自動売買によるレバレッジ制限はない

海外FX業者によっては、自動売買に使用するEAやストラテジーのタイプに応じてレバレッジ制限をかけるところもあります。

大ロットやスキャルピングなどの取引を行う自動売買に対して制限がかかるケースが多いですが、TITANFXは自動売買のレバレッジ制限がありません。

裁量取引と同じように最大500倍レバレッジが使えて、CFD取引についても500倍レバレッジで自動売買取引ができます。

TITANFXには、実際のトレーダーの手法を真似るzuluという自動売買取引システムがありますが、zuluについても500倍のレバレッジが問題なく使えます。

レバレッジの制限がないため、自動売買取引初心者も余計な心配をすることなくトレードできるメリットがあります。

金融市場に大きな混乱が予想される場合のレバレッジ制限はある

TITANFXにある唯一のレバレッジ制限が、金融市場に大きな混乱が予想される場合です。

2016年にイギリスがEUを離脱するかどうかを問う国民投票が行われましたが、この際にイギリスのポンドが大きく動くことが予想されたため、一時的に500倍レバレッジから100倍レバレッジに制限されました。

経済指標発表の値動き程度でレバレッジ制限がかかることはほとんどないですが、大きな市場混乱が予想される場合はレバレッジの制限に注意しましょう。

通常はいきなりレバレッジ制限がかかるのではなく、事前にメールなどでサポートから連絡があるため、レバレッジ制限がかかってロスカットするリスクは低いです。

TITANFXのレバレッジの確認や設定方法

TITANFXで使用する最大レバレッジは口座開設のときに以下の8つの倍率の中から選べます。

「1倍、25倍、50倍、100倍、200倍、300倍、400倍、500倍」

レバレッジは後から簡単に変更ができるので、「いきなり500倍レバレッジを使うのがこわい!」という方は低いレバレッジに設定しておいて問題ありません。

レバレッジの設定や変更については、マイページ(クライアントキャビネット)から行うことができます。

レバレッジを下げる変更についてはマイページで手続きが完結しますが、レバレッジを上げる変更についてはサポートへの連絡が必要です。

現在のレバレッジについてはマイページやMT4から確認できますが、実際に使っているレバレッジ(実効レバレッジ)については「通貨ペアのレート×取引数量÷口座残高」の計算式で求めることができます。

TITANFXのレバレッジトレードは追証なしのゼロカットシステムで安心

TITANFXは大きなレバレッジ制限を受けることなく、500倍レバレッジを使ったトレードができますが、値動きが大きな通貨ペアやCFD取引などを行う場合は、急激な価格変動による追証のリスクに不安を持つ方もいるかもしれません。

追証はロスカットが間に合わずに口座の残高がマイナスになった場合に、その借金をトレーダーがFX業者に返済しなければならない仕組みです。

しかし、TITANFXは追証なしのゼロカットシステムがあり、ロスカットが間に合わずに借金を抱えてしまっても返済する必要がありません。

TITANFXならハイレバレッジを使って借金のリスクなしにFXやCFD取引ができます。

もし追証が発生して口座の残高がマイナスになっても、自動的に残高が0に戻るので、トレーダー自身がゼロカットの申請をする必要もありません。

TITANFXのレバレッジと他の海外FX業者のレバレッジを比較

ここでは、TITANFXのレバレッジと主要海外FX業者のレバレッジを「最大レバレッジ」、「口座残高によるレバレッジ制限」、「その業者ならではのレバレッジの特徴」を比較・紹介します。

 最大レバレッジ口座残高による

レバレッジ制限

特徴
TITANFX500倍なしCFDで500倍レバレッジが使える
GEMFOREX1000倍200万円以上で500倍過去に5000倍レバレッジの実績あり
XM888倍・200万円以上で200倍

・1000万円以上で100倍

CFDで888倍レバレッジが使える
FXGT500倍なし仮想通貨で500倍レバレッジが使える
LANDFX500倍・500万円以上で200倍

・1000万円以上で100倍

ロット数によるレバレッジ制限がある
AXIORY400倍・1000万円以上で300倍

・2000万円以上で200倍

cTraderで400倍レバレッジが使える
Tradeview500倍1000万円以上でレバレッジ規制(倍率は非公開)口座タイプごとにレバレッジが異なる

口座残高によるレバレッジ制限がないのはTITANFXとFXGTのみで、他の海外FX業者は口座残高によるレバレッジ制限があります。

また、FXGTは取引量によるレバレッジ制限があるため、口座残高・取引量によるレバレッジ制限がないのはTITANFXのみです。

最大レバレッジではXMやGEMFOREXに劣りますが、レバレッジ制限が少ないのはTITANFXの強みになっています。

TITANFXのレバレッジでおすすめの取引手法

TITANFXの500倍レバレッジを活かした取引手法は「スキャルピング」です。

スキャルピングは小さな利幅を狙い、短い時間間隔で何度も取引を繰り返して利益を積み上げる手法になります。

1回あたりの利幅が小さいため、ハイレバレッジが使える海外FXで特に人気の手法です。

サーバーに負荷がかかるという理由で禁止にしている海外FX業者もありますが、TITANFXは公式にスキャルピングを認めているので、ペナルティを気にすることなく短期売買ができます。

またTITANFXでスキャルピングをおすすめするのは、レバレッジの大きさだけでなく狭いスプレッドや高い約定力で取引ができるのも理由の1つです。

特にブレード口座については取引手数料も含めても1.0pipsを下回るスプレッドで取引ができて、かなり低コストでハイレバレッジ×スキャルピングができます。

TITANFXのレバレッジまとめ

TITANFXのレバレッジについて紹介してきましたが、500倍レバレッジは他の海外FX業者と比較して決して高いとは言えません。

しかし、口座残高や取引量によるレバレッジ制限がなく、最大500倍のレバレッジを使って、CFD取引やスキャルピング、自動売買ができるなどのメリットもあります。

レバレッジは自分で設定・変更ができるので、最初は小さなレバレッジからスタートして少しずつレバレッジを引き上げていくこともできます。

日本語サポートもあるので、海外FXの経験が少ない初心者でもハイレバレッジトレードに挑戦できるでしょう。

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です