海外FXの手数料は何種類!?取引手数料を徹底解説

海外FXの手数料は何種類!?取引手数料を徹底解説

FX会社は、どのようにして利益を得ているのでしょうか?

海外FXの手数料にあたるのが、取引ごとに発生する「スプレッド」。

ECN口座を選択すると、スプレッドとは別に「取引手数料」が発生します。

他にも、「スワップポイント」から一定の手数料が差し引かれており、「スリッページ」の一部もFX会社の利益になっています。

取引以外だと、“口座手数料”や“入金・出金手数料”などもあります。

そこで今回は、

  • スプレッド
  • 取引手数料
  • スワップポイント
  • スリッページ
  • 口座手数料
  • 入金・出金手数料

など、海外FXにかかる手数料について徹底解説します。

海外FXの主な手数料はスプレッド

FX取引を始めると、「買値110.50円」、「売値110.48円」のように買値と売値には差があります。

買いポジションを保有すると、その時点で0.02円(2pips)の損失が発生、同じく売りポジションを保有すると、その時点で0.02円(2pips)の損失が出ているわけです。

この買値と売値の差を“スプレッド”と言い、注文した時点で発生しています。

海外FXの主な手数料は、取引ごとに発生するスプレッドです。

スプレッドの損失は、取引中に回収できるため、実際に手数料を支払っている感覚はあまりありません。

見方を変えると、FX取引は注文した時点でスプレッドの損失が出ているため、“スプレッドを回収しなければ、利益を出すことはできない”とも言えます。

それでは、海外FXのスプレッドについてもう少し詳しく見ていきましょう。

スプレッドは通貨ペアごとに違う

海外FXでは、円やドル、ユーロなど、取引量が多い通貨同士のペアなら、取引手数料が無料のスタンダード口座(STP口座)でスプレッドは0.8pips~1.5pips程度です。

ポンドやトルコリラ、ペソなど、取引量が少ない通貨が絡むペアだと、スプレッドは2pipsから5pipsを超える場合もあります。

このように、通貨ペアごとにスプレッドが異なるのは、取引量が大きく関係しています。

  • 取引量が多い通貨ペア:1人のトレーダーが与える相場への影響が小さく、値動きが小さい
  • 取引量が少ない通貨ペア:1人のトレーダーが与える相場への影響が大きく、値動きが大きい

海外FXは、トレーダーの注文を受けた海外FX会社が仲介し、インターバンクに注文を流します。

トレーダーの注文とインターバンクに流す注文にタイムラグが生じ、レートが変わってしまう場合があります。

この場合の損失は、基本的にFX会社が呑みます。

値動きが大きな通貨ペアほど、タイムラグによるレートの変化を受けやすくなるため、スプレッドを広く設定して損失をカバーする必要があるのです。

手数料の大小で見ると、

  • スプレッドが狭い通貨ペア=取引コストが小さい
  • スプレッドが広い通貨ペア=取引コストが大きい

という関係が成り立ちます。

スプレッドは変化する

スプレッドは、市場の動きに応じて変化します。

通貨ペアごとにスプレッドが異なるのと同じで、スプレッドの変化も取引量が深く関わっています。

たとえば、東京市場、ニューヨーク市場、ロンドン市場の3大市場がクローズする午前6時から7時頃は、取引量が大幅に減るため、他の時間帯よりもスプレッドが広がります。

長期休暇に入るクリスマスから年末年始にかけても、取引量の減少によりスプレッドは広がりやすい傾向があります。

逆に、取引量が急に増えてもスプレッドが広がります。

経済指標の発表前後、テロ、大企業の倒産などは、取引量が急増して市場が混乱し、レートの動きも大きくなってスプレッドが広がります。

スプレッドの計算方法

スプレッドの手数料は、

「スプレッド×取引通貨数」で計算できます。

たとえば、スプレッドが1.0pipsの通貨ペアで1万通貨の取引をする場合、

「1.0pips×1万通貨=1000pips」となり、1万pipsは100円なので、スプレッドの手数料が100円かかったことになります。

スキャルピングだと、1日に50回以上の取引も珍しくありません。

この場合、スプレッドの手数料だけで、100円×50回=5000円発生します。

海外FXの取引手数料

海外FXのECN口座は、スプレッドが狭い代わりに、取引ごとに取引手数料が発生します。

スプレッドも取引ごとに発生しますが、取引手数料はスプレッドと違い、取引の最中に手数料の回収ができません。

たとえば、

  • スプレッド1.0pips、取引手数料0円のSTP口座
  • スプレッド0.1pips、取引手数料0.5pipsのECN口座

があるとします。

STP口座は、注文した時点で1.0pipsのスプレッドが含み損として発生します。

為替レートの変化を待ち、含み損が消えれば、スプレッドが回収できます。

ECN口座は、注文した時点で0.1pipsのスプレッドが含み損として発生します。

為替レートの変化を待ち、含み損が消えれば、スプレッドの回収ができます。

しかし、0.5pipsの取引手数料は取引中に回収できず、約定した時点で口座残高から差し引かれる仕組みです。

ちなみに、STP口座とECN口座には以下のような違いがあります。

[STP口座]

トレーダーの注文は、金融機関やFX業者が参加しているインターバンクに流れ、提示される為替レートから有利なレートと売買をマッチングさせる仕組み。

[ECN口座]

トレーダーの注文は、FX業者が指定するプロバイダーが参加する電子取引所に流れ、インターバンク市場に参加するプロバイダーから提示されるレートとマッチングされる仕組みです。

ECN口座の方が有利なレートでマッチングしやすいため、STP口座に比べてスプレッドは小さくなります。

一方、電子取引所にアクセスするため、別途手数料がかかってしまうのです。

ECN口座は取引手数料の管理が必要で、取引量が大きくなるほど手数料がお得になるため、どちらかというと中級者以上向きです。

しかし、中には海外FX会社GEMFOREXのように、取引手数料が発生しないECN口座もあります。

低スプレッド・取引手数料無料のトレードができるので、取引コストを少しでも減らしたい人におすすめです。

スワップポイントから差し引かれる取引手数料

FX取引は、レートの動きによって生じる為替損益以外に、“スワップポイント損益”が発生します。

スワップポイントは、通貨の金利差によって生じる金利差調整額です。

たとえば、金利1%の日本円で金利3%のドルを購入すると、「3%-1%=2%」の金利差が生じますが、この2%がスワップポイントになります。

反対に金利1%の日本円で金利3%のドルを空売りすると、-2%のスワップポイントが発生します。

スワップポイントは、ポジションを保有する限り1日ごとに発生します。

本来なら、どのFX会社を利用してもスワップポイントは同じになるはずですが、FX会社ごとにスワップポイントは異なります。

スワップポイントに差が生じるのは、スワップポイントから手数料を差し引いているためです。

海外FXの手数料はスプレッドがメインですが、10分ポジションを保有しても、1週間ポジション保有しても、1カ月間ポジションを保有しても、1回の取引で発生するスプレッドは同じです。

ポジションを長期間保有されると、海外FXはスプレッドの手数料が回収できません。

そこでポジションを長期保有するトレーダーからは、スワップポイントで手数料を回収するわけです。

海外FX選びのポイントとして、「スプレッドの狭さ」を重視するトレーダーは多くいます。

しかし、数日から数年かけてポジションを保有する“スイングトレーダー”や、“ポジショントレーダー”だと、スプレッドよりスワップポイントの手数料の方が重要です。

スワップポイントから差し引かれる手数料は、スプレッドのように表示されません。

見えない手数料の1つになるため、ポジションを長く持つ場合は、スワップポイントの高低にも注目しましょう。

スリッページの手数料

スリッページとは、「注文した価格と違うレートで約定する現象」です。

たとえば、1ドル110.50円のタイミングで買い注文を入れたにも関わらず、実際に110.55円で注文が入った場合、5pipsのスリッページが発生したことになります。

スリッページが起こるのは、サーバーの処理能力や相場も深く関係しています。

トレーダーが注文してからインターバンクに注文が流れるまでにはタイムラグが生じるため、その間にレートが変わってしまうと、スリッページが起こっても不思議ではありません。

しかし、トレーダーにとってはスリッページが余計な損失になります。

スリッページ=取引コストと考えることもできるでしょう。

中には、意図的にスリッページを起こし、取引手数料を回収する悪質業者もあります。

スリッページの発生頻度は、約定率が参考になります。

約定率は、注文に対し約定できる確率を示すものです。

約定率が90%なら100回のうち90回は注文がそのまま通り、残り10回はスリッページや約定拒否などが起こります。

約定率が高ければ高いほど、スリッページの発生は少なくなるわけです。

ほとんどの海外FX会社で約定率は90%を超えていますが、GEMFOREXのように約定率が99%を超えている海外FX会社もあります。

余計な手数料を支払わないためにも、スリッページの発生頻度が少ないFX会社選びをしましょう。

海外FXの口座手数料

海外FXの口座開設にあたり、どのFX会社も基本的に口座開設手数料は無料です。

しかし、「○○ヶ月の間、取引がない場合は○○円の口座維持手数料が発生する」というFX業者は多くあります。

口座維持手数料にかかる費用は、数千円程度です。

基本的に取引を続けていれば、口座関係でかかる手数料はありません。

使われてない口座に対し、口座維持手数料を請求するのは、

  • 使用されない口座が悪用されるリスクを減らすため
  • 口座の維持管理にコストがかかるため

などの理由があります。

口座維持手数料を払わないでそのままにしていると、休止や解約手続きが始まります。

入金・出金手数料

海外FXの入金・出金方法には、

  • 銀行送金
  • クレジットカード
  • 仮想通貨

などがあります。

この中で、入金・出金手数料が安いのは「仮想通貨」と「クレジットカード」です。

いずれも、1回あたりの入金や出金にかかる手数料が無料~数百円程度になります。

銀行送金の場合、1回あたりの入金や出金に数千円程度の手数料が発生します。

中には、GEMFOREXのように、銀行送金でも手数料がかからない海外FX会社もあります。

入金や出金頻度が少なければ、入金手数料や出金手数料はそこまで気にする必要はありません。

しかし、入金や出金頻度が多い場合は、手数料もかなり多くなるため、入金・出金手数料が少ない海外FX会社選びをおすすめします。

海外FXでかかる手数料を知り資金管理しよう

海外FXでかかる手数料を紹介してきましたが、海外FXの取引でかかる手数料は、

  • スプレッド
  • 取引手数料
  • スワップポイント
  • スリッページ

の4つです。

スプレッドや取引手数料は分かりやすい手数料ですが、スワップポイントやスリッページは見えない手数料です。

長期運用するならスワップポイントを他のFX会社と比較し、スリッページを減らしたいなら約定率をチェックしましょう。

取引以外でかかる手数料は、

  • 口座手数料
  • 入金、出金手数料

がありますが、どちらの手数料も無料にできる海外FX会社もあります。

「海外FXはいろいろ手数料がかかって面倒そう」と思う人もいるかもしれませんが、国内FXでも、他の投資でも、手数料は同じくらいかかります。

また海外FXには、

  • 追証なしのゼロカットシステム
  • ハイレバレッジ
  • 豪華なボーナス

など、国内FXや他の投資に比べて魅力がたくさんあります。

海外FXにどんな手数料がかかるのか知り、適切に資金管理を行って取引を行ないましょう。

関連記事|【スプレッド比較】スプレッドが狭いおすすめ海外FX業者は!?主要通貨スプレッドを比較

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です