海外FX業者の口座開設での審査通過のコツを徹底解説

海外FXの始め方と4つの魅力!初心者にもおすすめの海外FX業者まとめ

海外FX取引をするためには、海外FX専用の口座が必要です。

FX口座は、FX会社に口座開設の申請を行い、審査に通過すると個人口座を用意してくれます。

そこで気になるのが、海外FX口座の審査内容!

口座開設の申請をした人の中には、「審査に落ちてしまった!」という人もいます。

ただし、審査はそんなに厳しいものではありません。

審査だけで見ると、海外FXよりも国内FXの方が厳しいです。

今回は、海外FXの口座開設における「審査」について深く掘り下げていきます。

海外FXの審査とは?

海外FXの口座が作れる海外FX会社は、日本で言う証券会社のような金融機関に該当します。

私たちが、銀行や証券会社でお金を借りたり、口座を作ったりする場合、「お金を借りる条件を満たしているか」、「口座を作る条件を満たしているか」など、審査を受ける必要があります。

海外FXでも、同じように「FXできる状況にあるか」、「資金に問題はないか」など、FX取引ができる条件が揃っているか、審査をして確かめなければなりません。

口座開設を許可するかどうかは、各海外FX会社の裁量に委ねられます。

そのため、同じ条件でも、「海外FX業者Aなら口座開設ができたのに、海外FX業者Bだと口座開設ができない!」と言った状況になる可能性もあります。

ただし、ローンを組んでお金を借りるのと違い、自分で資金を用意して運用するのがFXなので、ローンのような厳しい審査基準はありません。

海外FXの審査内容

海外FXの審査は、海外FXを行う要件を満たしているかどうかが重要なポイントです。

海外FX業者ごとに細かい審査内容は異なりますが、大まかに見ると以下のようなポイントが審査されます。

  • 年齢
  • 申し込み内容と証明書の合致
  • 投資資金

などです。

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

海外FXの審査と年齢

海外FXの審査内容で、特に分かりやすいのが年齢です。

年齢制限をクリアしてなければ、口座開設できません。

ただし、各海外FX業者によって年齢制限は異なるため、利用したい海外FX業者の年齢審査にクリアできなくても、他の海外FX業者なら、年齢審査にクリアできるケースもあります。

多くの海外FX業者が年齢制限の下限を18歳とし、上限を80歳にしています。

一部の海外FX業者は、年齢上限なしとなっています。

ちなみに、国内FXだと20歳を超えてからではないと、FX口座が作れない業者が多くあります。

国内FXと海外FXの年齢制限に違いがあるのは、日本だと成人年齢が20歳になっているのに対し、海外だと成人年齢が18歳の国が多いからです。

海外FXは、会社の所在地がある海外の国のルールに基づいて審査を行うため、18歳から取引できる業者が多くなっています。

申し込み内容と証明書の合致

海外FXの審査の流れは、「申し込みフォームに記載されている内容をチェック→証明書のチェック→申し込み内容と証明書に違いがないかチェック」です。

申し込みフォームに記載されている内容と、証明書の内容がそれぞれ審査条件を満たしていても、申し込みフォームの内容と証明書の内容に違いがあると、審査に通過しません。

海外FX業者がもっとも審査の目を光らせている部分で、目的は“マネーロンダリング”の防止です。

マネーロンダリングとは、詐欺などの犯罪に使われたお金の出所を分からなくするために、架空・他人名義の金融口座を使って、転々と送金を繰り返す方法です。

海外FXはマネーロンダリングされやすいため、申し込み内容と書類の内容を厳しくチェックして、きちんと本人が申し込みしているかどうかをチェックします。

そのため、

  • 住所を間違えて記載してしまった
  • 引越ししたものの、提出した書類が引越し前の住所になっている
  • 電話番号が違っている

など、申し込みフォームに記載した内容がうっかり間違っているだけでも、審査に通過しない場合があるので気を付けましょう。

投資資金

一部の海外FX業者では、口座開設の申し込み時に、自己資金の申告をしなければなりません。

海外FX業者の口座開設にかかる費用は基本的に無料ですが、1つの口座を作るにはコストもかかります。

FX業者としては、「新規口座開設したにも関わらず、トレーダーが一切取引をしない!」という状況は避けたいものです。

自己資金が0円の人が申し込みをしたとして、口座開設をしても取引してくれる望みはないですよね?無駄なコストをかけないために、自己資金が少ない人を審査から落とす海外FX業者もあります。

ただし、申し込み時に入力した自己資金は、海外FX業者に調べられることはありません。

持っているお金が少なくても、資産があるなら資産を資金と見立てて申し込みするのもありです。

海外FXは「ハイレバレッジ」や「豪華なボーナス」があるため、少ない資金でも大きな取引ができます。

そのため、海外FX業者の中には自己資金の申請をせずに、口座開設の申し込みができる業者もあります。

海外FXの審査に必要な書類

海外FXの審査には、書類審査もあります。

基本的に、海外FXの書類審査で必要になるのは、

  • 本人確認書類
  • 住所確認書類

です。

本人確認書類と住所確認書類は、別々である必要があります。

審査のポイントは、本人確認書と住所確認書を照らし合わせ、それぞれに不備や合致しない点があるかどうかです。

たとえば、運転免許証に記載されている住所と住民票の写しに記載されている住所が異なっていると、マネーロンダリング防止のため審査に通過しません。

本人確認書類と住所確認書類の内容が異なるケースは少ないですが、引越しや結婚、個人で事務所を構えて他の住所がある人は要注意です。

書類の提出そのものは、公式サイトのアップロード画面から画像を添付するだけなので、手間はかかりません。

書類に記載されている内容を細かくチェックして、不備がないか確認しておきましょう。

審査が厳しくないおすすめの海外FX業者とは?

数ある海外FX業者の中でも、審査が厳しくないと言われているのがGEMFOREXです。

GEMFOREXは、口座タイプとの選択、氏名、メールアドレスを記入するだけで口座開設ができます。

審査らしい審査はほとんど受けず、口座開設ができるため、すぐに海外FXを始めたい人にもおすすめです。

クイック口座に対応しているので、口座開設にかかる時間も約30秒とかなりスピーディーになっています。

また、現地の日本人スタッフが対応してくれるため、口座開設で分からない点があってもサポートが受けられるので安心です。

取引面でも、

  • 1000倍レバレッジ
  • 追証なしのゼロカットシステム
  • 無料EA、ミラートレード使い放題
  • 無料VPS

など、他の海外FX業者にはない魅力がたくさんあります。

デモ口座を作って取引の練習もできるので、FXの経験が少ない人も安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です