海外FXのレバレッジとは?レバレッジの仕組みとハイレバの注意点

海外FXレバレッジの仕組み

海外FX初心者にとって、レバレッジの仕組みや特徴を理解することはとても大事です。

なぜなら、レバレッジをマスターすることにより、海外FX取引の投資効果を高めて利益率を上昇させることができるからです。

  • レバレッジの概要と特徴
  • ゼロカットシステムなどのメリット
  • 強制ロスカットなどの注意点

今回はこのような基礎知識にフォーカスして海外FXレバレッジを解説しますので、初心者の方には必見です。

そもそもレバレッジとは?

レバレッジは「テコの原理」で、小さな力で大きなものを動かす方法のことをいいます。

FXの世界では証拠金の倍率という意味で、最大で500倍!とか800倍!

といったキャッチフレーズを見聞きすることがありますが、この500倍や800倍という数字がまさにレバレッジです。

そしてレバレッジを活用して少額資金で高額取引ができるようにすることを、レバレッジを利かす、あるいはレバレッジを掛けるなどと表現しています。

FXを行うときの資金的な条件はトレーダーによって異なっており、最初から余剰資産がたっぷりある人もいれば、軍資金に乏しい人など様々です。

レバレッジの最大の特徴は、少ない資金でも大きな金額を動かせるようにすることなので、資産に余裕がない人にとってとても魅力なツールといえるでしょう。

レバレッジの仕組みを使えば一般の個人でも大口投資家になることができ、そのことが海外FXレバレッジの魅力を高めています。

なぜそんなことがいえるのか、説明を少し聞いただけではピンと来ない人もいるかもしれません。

そこで、これから具体例を紹介しながらレバレッジの仕組みを解説し、その魅力を実感していただきます。

レバレッジ25倍で取引するとは?

海外FXレバレッジは証拠金の倍率のことであり、少額資金で大口取引ができるようになる仕組みのことだといいましたが、そのことを一つの例から説明します。

例えば、ドル/円レートが1ドル100円のとき、レバレッジ25倍を掛けて1万ドル通貨の買いポジションを持ったとしましょう。

この場合、普通に考えれば、取引に必要なお金は1万ドル分の日本円、すなわち100万円です。1万ドル通貨=100万円ですから、取引に100万円が必要になるのは当然といえるでしょう。

しかし、100万円をトレーダー自身が全額用意しなければならないかというと、そんなことはありません。

レバレッジ25倍を利かせていますので、トレーダーが口座に入金すべき証拠金は取引金額の25分の1、100万÷25=4万円となります。

これがレバレッジの仕組みを考えるときの、最大のポイントです。

つまりレバレッジとは証拠金の倍率ですが、より正確に意味を定義すれば、「取引に必要な証拠金が取引額をレバレッジで割った額である」という意味なのです。

先ほどの例で考えると、1万ドル=100万円のポジションを持つわけですから、本来は100万円の資金が必要ですが、ここでレバレッジ25倍を利かすことによって、証拠金は100万円の25分の1、4万円だけで済むのです。

これがレバレッジの仕組みにおける根幹部分であり、証拠金の倍率ということの意味です。

証拠金の倍率ですから・・
4万円×25倍=100万円

そして・・
100万円÷25=4万円

証拠金にレバレッジを倍したものが取引金額になり、取引金額をレバレッジで割ったものが証拠金の額になります。

この二つの数式を見れば、レバレッジがどういうものかお分かりになるでしょう。

要するにレバレッジとは、口座に入金した証拠金の何倍の額で取引を行うか、その投資倍率のことを指しています。

希望する取引金額に対して証拠金はいくら必要か?という観点と、入金した証拠金に対して何倍の取引ができるか?という観点、表裏一体の二つの観点で捉えることができます。

倍率別に見る証拠金の額

上記した具体例を理解することができれば、海外FXレバレッジはマスターできたも同然です。

実際に取引を行うときは、上で紹介した数式に、自分が取引を行う場合に設定する数字を当てはめるだけです。

そうすれば、希望取引額に対する必要な証拠金と、その証拠金に対してどのぐらいの取引額を動かせるかが分かります。

ふたたび、ドル/円レートが1ドル100円のときに1万ドル通貨のポジションを持つ場合を想定して、具体例を紹介します。

前項の説明でお分かりになったと思いますが、レバレッジの計算式は次の通りです。

必要証拠金=希望取引額÷レバレッジ

よって、各倍率におけるレバレッジの計算と証拠金の額は次のようになります。

  • レバレッジ50倍 ⇒ 100万÷50=2万
  • レバレッジ100倍 ⇒ 100万÷100=1万
  • レバレッジ500倍 ⇒ 100万÷500=2千

上から順番に、レバレッジ50倍の意味は、100万円の取引を希望する場合に50倍のレバレッジを掛ければ、必要な証拠金は2万円になるということです。

同様にレバレッジ100倍の意味は、100万円の取引を希望する場合に100倍のレバレッジを掛ければ、必要な証拠金は1万円になるということ。

そしてレバレッジ500倍の意味は、100万円の取引を希望する場合に500倍のレバレッジを掛ければ、必要な証拠金は2千円になるということです。

このように、希望の取引額に対して証拠金がいくらになるかを示したものが、レバレッジです。そして表裏一体の概念として、レバレッジは「証拠金の倍率」であると定義することもできます。

初心者の方は、レバレッジの計算式を繰り返し覚えて頭に叩き込んでおいてください。

そして計算式に任意の数字を当てはめて、レバレッジの仕組みになじめるようにしましょう。改めてその計算式を紹介しておきます。

ここに任意の数字を当てはめて、いろいろなパターンで計算してみてください。

海外FXレバレッジのメリット

海外FXレバレッジの大体の仕組みはお分かりになったと思いますが、ここではその特徴と魅力をさらに掘り下げて紹介します。

取り上げるポイントは、少額資金で巨額取引ができることと、倍率に制限がないことです。

メリット①少ない資金でも大きな金額を動かせる

前項の具体例から分かるとおり、海外FXレバレッジの魅力の一つは、少ない資金でも大きな金額を取引できることです。

そのメリットがいかに大きなものか、下の表をご覧になれば一目瞭然だと思います。

こちらは、ドル/円レートが1ドル100円のときに1万ドル通貨ポジションを持つ場合の必要証拠金を、倍率別に示したものです。

レバレッジドル円(100円)
25倍40,000円
50倍20,000円
100倍10,000円
200倍5,000円
400倍2,500円
800倍1,250円
1000倍1,000円

上の表を見て分かる通り、レバレッジを利用すれば、トレーダーは取引金額を全額用意する必要がなくなり、希望取引金額をレバレッジで割った数の金額を用意するだけで取引が行えるようになります。

その金額こそが必要証拠金ですが、その額もレバレッジの倍率が大きくなればなるほど少額になっていきます。

つまりレバレッジを使えば、軍資金の少ない人でも大きな金額の取引ができるということです。なお、証拠金以上の金額を動かせる理由は、FX業者が取引に必要なお金を貸してくれるからです。

例えば、ドル円レート100円で1万ドル通貨ポジションを持つ場合、本来は日本円で100万円が必要ですが、トレーダーがレバレッジを設定した場合、業者は証拠金だけを預かり、残りの金額を立て替えてくれます。

こういう仕組みがあるからこそ、資金の少ない人でもレバレッジを掛けた高額取引ができるのです。

メリット②海外FXレバレッジは倍率に制限がない

レバレッジを利用すれば少額資金で高額な取引ができると説明しましたが、問題は何倍まで掛けられるのか?ということです。

レバレッジが利用できるといっても、倍率が低いと投資効率は良くなりませんし、倍率に制限があるならその魅力は半減してしまいます。

この点、海外FXレバレッジはトレーダーにとって非常に魅力的な仕組みになっています。なぜなら、海外FXではレバレッジに制限がないからです。

国内FXでは法規制により25倍が限度ですが、海外FXにはこの制限がなく、500倍でも1000倍でも自由にレバレッジの倍率を設定できます。

もちろん、倍率に制限がないことはとても大きなメリットです。最大の魅力は、投資効率と利益率が高まることです。

例えば、ドル/円レート100円でレバレッジ500倍を掛けて1万通貨ポジションを持つ場合、取引に必要な証拠金はたったの2,000円です。

レバレッジなしでは100万円を自ら用意しなければならないところを、その500分の1の2,000円で1万ドル通貨を動かせるわけですから、投資効率の良さは大変なものです。

また利益率についても、ドル/円レートが101円に動いたとき、決済すれば利益は1万円ですが、100万円に対する1万円と、2,000円に対する1万円では利益率が全然違います。

当然、後者のほうが利益率が高いといえます。

海外FXレバレッジで借金することがない仕組みのゼロカットとは

国内、海外を問わずレバレッジのデメリットとして指摘されるのは、相場が希望した通り動かなかった場合に、大きな損失を被るということです。

この指摘は事実であり、レバレッジを掛けて取引に負けたときの損失は、レバレッジなしで取引した場合より大きくなります。

損失額そのものは同じですが、レバレッジありの場合は証拠金が少ないため、その金額との対比において損失比率が大きくなるからです。

しかし海外FXの場合、このようなメカニズムは問題になりません。なぜなら海外FXでは、レバレッジが何倍であろうと、証拠金以上の損失を負わないで済む仕組みがあるからです。

その仕組みとは、ゼロカットシステムです。ゼロカットシステムは、業者がトレーダーに対して損失を恐れずガンガン取引してもらうことを推進するための制度ですが、この制度がある限り、海外FXレバレッジで大損することはありません。

預入れた証拠金分の損失が発生する可能性はありませんが、それ以上は発生しないのです。

例えば、ドル/円レート100円の1万通貨ポジションで1000倍のレバレッジを掛けて取引に負けたとしても、失うお金は証拠金の1,000円だけです。

このようにゼロカットシステムという仕組みがあるため、海外FXレバレッジで大損することはありません。

海外FXレバレッジを利用するときの注意点

仕組みが分かりやすくメリットの多い海外FXレバレッジですが、強制ロスカットには注意しなければなりません。

強制ロスカットとは、FX業者から強制的に取引を停止されてしまうことです。

停止される理由は、トレーダーの損益状況が危険だと判断されたからですが、強制ロスカットを執行するかしないかの基準は、各社が設定する証拠金維持率で決まります。

証拠金維持率とは、取引に使用されている証拠金に対する証拠金全体の残高の割合のことで、以下の数式で求められます。

証拠金維持率=証拠金の残高÷ポジションに必要な証拠金

この数式で計算した結果、あらかじめ各社が設定した水準を証拠金維持率が下回っていたら、強制ロスカットされます。

そして海外FXを行う場合は、この強制ロスカットに気を付けなければなりません。

なぜなら、高レバレッジが欠けられる海外FXでは、証拠金が少なくて済む一方、相場が逆に触れたとき、わずかな変動で証拠金維持率がキープできなくなるからです。

早い話、相場がほんのちょっと下落しただけで、証拠金維持率が水準を下回ってしまうということです。

1~5倍程度なら問題ありませんが、それ以上のレバレッジになると数%の相場変動でたちまち強制ロスカットになってしまいます。

まして500倍や1000倍など高レバレッジを掛けて取引する場合においては、相場の逆行により瞬時に強制ロスカットされることでしょう。

海外FXレバレッジにはたくさんのメリットがありますが、強制ロスカットになる仕組みだけはしっかりと認識しておいてください。

逆にこのような仕組みやリスクを理解しておけば、安全な取引を行うことができます。

海外FXレバレッジの仕組みのまとめ

レバレッジは海外FX取引で成功するために必須の概念です。今回は基礎知識を紹介しましたが、ポイントをまとめておきますので、初心者の方は繰り返し何度も頭に入れておいてください。

  • 海外FXレバレッジは証拠金の倍率のこと
  • 少額資金で高額取引できるのが魅力
  • 国内FXとは違い倍率に制限がない
  • 高レバレッジを掛けても大損する心配がない
  • 強制ロスカットには要注意

いずれも基本中の基本ですが、海外FXレバレッジの骨格として重要なポイントです。応用に進む前にしっかり身に着けておきましょう。

関連記事|海外FXレバレッジの計算方法は?レバレッジの計算をマスターしてリスク管理しよう

関連記事|海外FX口座のハイレバレッジとは!?ハイレバレッジの注意点とメリットデメリット

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です