海外FX業者のペナルティに注意!口座凍結や出金拒否にならない対処法

海外FXボーナスによる両建て手法は禁止?ペナルティにならないケースも

海外FXを始める者にとって、規則やペナルティは気になりますよね。

海外FXのペナルティと言えば、

  • 口座凍結
  • 出金拒否

などをイメージする人が多いのではないでしょうか。

これらは、海外FX会社の規約に違反した場合に適用されます。

各海外FX業者によってペナルティの内容や原因は異なるため、利用を検討している海外FX業者の規約を参照しましょう。

今回は、海外FXのペナルティの内容や、どんな場合にペナルティを受けるのか詳しく解説します。

海外FXにおけるペナルティの内容

海外FXをしていると、「出金拒否があるので危険」、「口座凍結されるので止めておいた方が良い」など、ネガティブな口コミを見かけることがあります。

その大半は、海外FX業者が原因ではなく、トレーダー自身が違反行為を行い、海外FX業者からペナルティを受けている場合がほとんどです。

ペナルティで口座凍結、出金拒否になるとどうなるのでしょうか?解説していきます。

海外FXの口座凍結とは?

海外FXの口座凍結は、自身の取引ページにログインできず、取引ができなくなった口座のことです。

口座凍結そのものは、長期的に取引をしないと自動的に凍結状態になる海外FX業者もあります。

この場合、口座凍結とは言わず、休眠口座として扱われ、取引を再開して証拠金を入金すると取引の再開が可能です。

規約違反をしてペナルティを受けていると、休眠口座と違って取引の再開ができません。

ペナルティが原因で口座凍結になっていると、海外FX業者がメールやチャットでトレーダーにその旨を連絡するため、トレーダーもペナルティを受けているのが分かります。

規約違反で口座が凍結すると、凍結が解除されるケースはほとんどありません。

そこで、「口座凍結になると、口座に残っているお金はどうなってしまうの?」、こんな疑問が生まれてくると思います。

規約違反の内容が犯罪にならない程度なら、サポートセンターに問い合わせると出金の手配をしてくれる業者が大半です。

しかし、法に反する違法だと、取り合ってくれない場合もあります。

ちなみに、“口座凍結は海外FXならではのペナルティ”というイメージを持っている人も多いですが、国内FXでも同様の理由で口座凍結になります。

口座凍結のペナルティを受けると、口座解約になるだけでなく、“場合によってはお金が戻ってこない場合もある”ことを覚えておきましょう。

海外FXの出金拒否とは?

海外FXの出金拒否とは、出金手続きを行おうとしても、手続きが進まず出金できない状態を言います。

トレーダーに利益を渡したくない!という理由で、出金拒否をする悪質な海外FX業者も稀にいます。

実際には、トレーダーの手続きミスや、規約違反によって出金拒否になる場合がほとんどです。

ちなみに、初回出金時の拒否については、

  • 入金方法と出金方法が違う
  • 申し込み内容と提出書類の内容に違いがある
  • 身分証明書が未提出

など、事務的な理由が大半となります。

この場合は、問題を解決して、サポートに問い合わせれば、出金できるようになります。

一方、規約違反によって出金拒否の措置を受けると、サポートに問い合わせても対応してくれないケースも少なくありません。

原因が分からない場合は、チャットや電話で確認しましょう。

このような不測の事態に備えるためにも、日本語サポートがある業者選びは必要になります。

海外FXでペナルティを受ける事例について

海外FXでペナルティを受けるのは、海外FX業者の規約違反に反した場合です。

スキャルピング

スキャルピングは国内FXだと禁止にしている業者が多いため、スキャルピング目的で海外FXを始める人もいます。

しかし、スキャルピングを規約違反にしている海外FX業者も少なくありません。

違反にする理由は、「サーバーに負担がかかってしまう」からです。

短い時間内で取引を繰り返されると、サーバーに負荷がかかり、レートエラーやサーバートラブルのリスクが高くなります。

本来であれば、NDD取引を導入し、スプレッドが主な収入源になる海外FX業者では、取引回数が多くなるスキャルピングは大歓迎なはずです。

スキャルピングでスプレッドの利益が増える以上に、サーバーに負担がかかるリスクを取るとスキャルピングは禁止にしなければなりません。

ただし、GEMFOREXやXM、TitanFXなど、日本人トレーダーから厚い支持を得ている海外FX業者は、スキャルピング大歓迎のスタンスを取っています。

スキャルピングでペナルティを受けないためにも、スキャルピングに寛容な業者を利用しましょう。

重要指標発表時のみを狙ったハイレバレッジ取引

重要指標発表時は、レートが大きく動くタイミングです。

事前に指標が発表される時間が分かっているため、重要指標発表時を狙い、ハイレバレッジトレードするトレーダーもいます。

しかし、多くの海外FX業者は、重要指標発表時を狙ったハイレバレッジ取引を禁止にしています。

禁止にするのは、重要指標発表時にレバレッジを上げて取引すると、急激なレート変動によってロスカットが間に合わず、トレーダーが借金を抱えやすいからです。

国内FXなら借金は自己責任ですが、ゼロカットがある海外FXでは、トレーダーの借金は海外FX業者が呑みます。

ゼロカットが発動すればするほど、借金の額が多ければ多いほど、海外FX業者にかかる負担は大きくなってしまうわけです。

そのため、レートが大きく動くと分かっている“重要指標発表時のハイレバレッジトレードを禁止”にしてリスクに備えます。

ただし、ハイレバレッジを使わなければ、取引をしても問題ないとしている業者も多いため、重要指標発表時のトレードが必ずしも制限されるわけではありません。

ペナルティを受けないためにもルールを守った取引を

海外FXのペナルティについて紹介してきましたが、規約違反に該当する取引は、海外FX業者の不利益につながる内容ばかりです。

海外FX業者が規約やペナルティを設定するのは、他のトレーダーの資金を守るのも理由としてあります。

「海外FX業者は口座凍結や出金拒否があるので危険」というのは間違いです。

海外FXの利益はトレーダーのスプレッドなので、ルールを守って取引をしていれば、海外FX業者は最大限のバックアップやサポートをしてくれます。

せっかく稼いだのに、ペナルティで出金できないと意味がありません。

そうならないためにも、海外FX業者の規約にはきちんと目を通し、ルールを守って取引をしましょう。

【当サイトおすすめ】GEMFOREXでトレードチャレンジ

GEMFOREXでトレードチャレンジ
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
5,000倍20%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料電話・メール・
ライブチャット

総合評価|★★★★★

アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGEMFOREX。
今なら口座開設でボーナスプレゼントキャンペーン中なので入金しなくてもトレードができます。また、ゼロカットシステムで初心者にも安心して利用できます。最大レバレッジ1000倍
・追証なしのゼロカットシステム・日本語サポートが充実・金融ライセンス所有・入金方法も豊富・初回最低入金額100円・自動売買ソフトを200種類以上・VPSも条件付きで無料提供しているのでおすすめです!クイック口座開設できますのでこの機会にぜひGEMFOREXでお試しトレードしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です