海外FXのレバレッジは最大何倍?レバレッジを最大で取引する場合の6つのポイント

海外FXレバレッジは最大何倍?

海外FX業者は国内FX業者と比べてレバレッジが高いです。

確かに、海外FX業者の中にはレバレッジが数百倍~1000倍のところも少なくありませんが、ハイレバレッジ取引には相応のリスクが有ることもまた事実です。

そこで今回は、

  • ハイレバレッジ取引が成り立つ仕組みとそのリスク
  • おすすめの海外FX業者や取引時のポイント
  • レバレッジを最大で利用した場合の6つのポイント

を解説しますので、レバレッジを使いこなして少ない資金で稼ぎたい人は必見です。

海外FXのレバレッジは少ないお金で大きな取引ができる

レバレッジは、元手(証拠金)をFX口座に担保として預け入れることによって、その数倍~1000倍程度の取引ができる仕組みのことです。

レバレッジは通常「〇倍」という形式で表記します。

例えば、10万円を証拠金に100万円分の取引をする場合、レバレッジは10倍となります。レバレッジを10倍にすれば、利益は10倍に、損失も10倍になります。

レバレッジとは直訳すれば「てこの原理」です。てこを活用すると小さい力で大きな物を持ち上げられるように、レバレッジを活用すると少ないお金で大きな取引ができるのです。

FXでは差金決済を採用しているので少ない元手で取引ができる

FXでレバレッジ取引が成り立つ理由は簡単です。FXが差金決済を採用しているためです。

差金決済とは、ポジションを取ったときの金額と、それを解消したときの金額の差額のみを決済する仕組みです。

例えば、100万円ぶんの買いポジションを取り、それを105万円で解消したときは、その差額である5万円が口座に入金されます。逆に95万円になれば、5万円が口座から引かれます。

取引金額に比べて実際にやり取りするお金が少ないので、証拠金が少なくても成り立つというわけです。

証拠金が少ないと損失額が証拠金を上回ることもあるのでは、と思われるかもしれませんが、FX業者はそれを防ぐためにロスカットという仕組みを採用しています。

ロスカットとは、含み損も含めた実質的な証拠金の割合が少なくなってきたときに、自動で決済する仕組みのことです。

損失が大きくなりすぎる前に防ぐ強制決済システムであり、これが正常に動作すれば証拠金の大半を失うことはあっても借金を背負うことはありません

海外FX業者の多くは万が一証拠金がマイナスになってしまった場合でもそれを肩代わりする「ゼロカットシステム」を採用していますので、安心して使えます。

レバレッジ上限は国によって異なる

レバレッジ取引をx倍にすれば、利益も損失もx倍になります。

海外FX業者の多くはゼロカットシステムを採用しているとはいえ、レバレッジを高くすればそれだけ大きな損失が出やすくなることには変わりないです。

そのため、各国政府は投資家を保護するため、あるいはゼロカットシステム発動によるFX業者の過剰な負担を防ぐために、レバレッジに上限を定めています

主な国のレバレッジ上限は以下のとおりです。※例外的に規制がない国もあります

国名レバレッジの倍数
日本25倍
アメリカ100倍
カナダ100倍
韓国20倍
イギリス上限なし

この一覧を見てもわかるように、日本は世界有数のレバレッジ規制が厳しい国です。

2019年4月時点では25倍ですが、いずれ10倍になる可能性が高く、そのことを考えると利用価値は殆どありません。

今からFXを始めるのならば、最低でもレバレッジが100倍以上に設定されている海外FX業者を利用すべきでしょう。

レバレッジ100倍以上の主な海外FX業者5選

ここでは、レバレッジが100倍以上の主な取引所をいくつか紹介いたします。

【400倍】iFOREX

iFOREXは、1996年から運営されている老舗のFX業者です。それ故に信頼性が高く、安心して使うことができます。

口座開設の手続きも簡単で、日本語サポートも優秀です。通貨ペア数も90種類あり、マイナーな通貨なトレードにも挑戦できます。

一方でサーバーの安定性はあまり高くなく、スキャルピング取引(僅かな利幅を狙い、頻繁に取引を行うスタイルのこと)が制限されているというデメリットもあります。

【500倍】FxPro

Fx Proは、顧客の安全性を最重要事項に掲げるFX業者です。10年を越す長い運営歴を持ちますが、出金可能性は非常に高く、取引通貨ペアも多いです。

一方でスプレッドは広めで、スリッページも起きやすく、初回最低入金額も500ドルと高めです。

【888倍】XMTrading

XMTradingは、最大レバレッジ888倍と高い信頼性が特徴のFX業者です。

2018年には月間新規口座開設者数が100万人を超えるなど順調に成長しているFX業者の1つであり、2009年から運営されているという信頼性と、安定したサービスが魅力です。

キャンペーンも頻繁に行われており、日本語対応も充実しています。

一方でスプレッドは標準的であり、完全信託保全(顧客の資産をFX業者の資産から完全に切り離し、金融機関の信託口座に預けること)をしていないなどのデメリットもあります。

【1000倍】Gemforex

Gemforexは、最大レバレッジが1000倍と、数ある海外取引所の中でも最大級に高いFX業者です。

ボーナスキャンペーンは非常に豪華なものが多く、新規口座開設で5000円以上のボーナスが貰えることも珍しくありません(2019年4月13日現在は、2万円のボーナスが貰えるキャンペーンが開催されています)。

口座開設から入金までは最短3分で、煩わしい手続きが一切ないのも高評価点です。スプレッドもドルやユーロなら狭く、約定力もあります。日本語対応も充実しています。

金融ライセンス(各国の金融庁的な行政機関に届け出る事によって得られるライセンス)を持っていないというのが大きな欠点ではありますが、信託保全を行っているため、資産はある程度守られます。

総合的に見れば、初心者には最もおすすめの取引所と言えるでしょう。

最大レバレッジが高い海外FX業者を使ううえで抑えておきたい6つのポイント

最大レバレッジが高い海外FX業者を利用する上で、気をつけるべきポイントをいくつか紹介します。

何も考えないまま最大レバレッジが海外FX業者を利用するのは非常に危険ですので注意してください。

必ず最大レバレッジで取引しなければならないわけではない

当たり前の話ではありますが、各業者が採用している最大レバレッジは、あくまでも「ここまで大きくすることができますよ」という基準であり、「必ずこの値にしなければならない」という性質のものではありません。

例えば最大レバレッジが1000倍のGemforexで25倍の取引を行っても全く問題ありません

初心者がいきなりハイレバレッジの取引に手を出すのは危険ですので、まずは低レバレッジ(全く経験がない場合は3倍程度がおすすめです)で取引をし、FXそのものに慣れるといいでしょう。

証拠金維持率を常に意識する

前述したロスカット(強制的な損切)は、証拠金維持率が一定以下の数値になったときに発生します。証拠金維持率は、以下の式で計算できます。

  • 証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100(%)
  • 有効証拠金=差入証拠金(FX業者に預け入れた金額)+含み益/含み損
  • 必要証拠金=為替レート×通貨保有数÷レバレッジ(倍)

レバレッジが高いほど、少しの値動きでも証拠金維持率が大きく変動します。証拠金維持率には、常に目を配らせておきましょう。

FXの世界において、ポジションを取ったまま寝ることを「寝ポジ」といいますが、ハイレバレッジな取引をしているときの寝ポジは非常に危険です。

朝起きたらロスカットで資産の大半が吹き飛んでいた……などという自体を防ぐためにも、絶対にやめましょう。

損切を徹底的に行う

証拠金維持率を常に高く保つ上で重要なのが、適切な損切です。投資に慣れている人はそもそも勝率が高いだけでなく、損切も非常に上手です。

損失を少なく抑えられるからこそ、長く市場で生き続けられているのです。

ポジションを取る場合は、事前に最悪の事態を想定し、どこまで含み損が膨らんだら決済するのかを事前に決めておきましょう。損切を徹底すればロスカットも防げます。

余剰資金で取引を行う

FXに限った話ではありませんが、投資は必ず余剰資金で行いましょう。

余剰資金とは簡単に言えば、失っても生きるのに困らないお金のことです。

生活に係る資金まで投資に回すのは危険すぎますし、精神的に不安定になって間違った判断を下してしまう可能性も高まります。

余剰資金がない方は、そもそも投資をすべきではありません。

情報収集を怠らない

FXは為替の値動きによって儲ける投資ですので、為替の値動きを引き起こしそうなニュースには常に目を配っておくべきです。

しかし、世の中に存在する大量のニュースの中から、為替を動かすニュースだけを選別するのは簡単ではありません。

そこでおすすめしたいのが、FX専用のニュースサイトやアプリです。

余計な情報は排除されており、自分に必要な情報だけを効率的に手に入れられます。

特に重要なのがアメリカ経済です。現状、世界の為替取引の6割以上がドルを含む取引です。ドルに大きな影響を与える政策金利、雇用統計などは必ず抑えておきましょう。

自分がハイレバレッジの誘惑に勝てるか事前に検討をしておく

人間は常に冷静で正しい判断を下せる生き物ではありません。むしろ人間の行動の大部分は感情に支配されています。

負けが続いて冷静さを失っているときには、ついついハイレバレッジで一発逆転を狙いたくなるものですが、そのような感情に基づいて行われた取引はたいてい失敗に終わります。

負けが混んだときに感情的にならない自信がない、という方は、あえてレバレッジが低い業者を選んだほうがいいかもしれません。

海外FXのレバレッジは最大何倍?レバレッジを最大で取引する場合の6つのポイントのまとめ

海外FX業者の提供するハイレバレッジ取引に多くの魅力があるのは紛れもない事実ですが、一方でハイレバレッジ取引には相応のリスクが有るというのもまた事実です。

いいところだけ見るのではなく、リスクもチェックし、重要なポイントを事前に抑えておきましょう。

【1倍~3000倍】レバレッジ別のトレード記事一覧

レバレッジ特徴・手法
レバレッジ1倍(なし)ロスカットが発生しない・限りなく低リスク
レバレッジ2倍ロスカットが起きにくく安全
レバレッジ3倍スワップポイント狙いの長期保有がに向いている
レバレッジ5倍大きなリスクを避けつつ、適正なリターンも狙える
レバレッジ10倍短期でも長期でも運用できるオールマイティー
レバレッジ20倍スキャルピングができるようになる
レバレッジ25倍国内FXの最大倍率でスキャル・デイトレにちょうどいい
レバレッジ100倍スキャルピング・スワップ狙いの取引が基本
レバレッジ400倍スキャルピングが基本
レバレッジ500倍為替変動を利用したスキャルピングトレード
レバレッジ888倍大きな利益が狙える一方、大きな損失やロスカットするリスクも高まる
レバレッジ1000倍ハイレバ勝負には1000倍ゼロカットがおすすめ
レバレッジ3000倍3000倍までくると高リスク

関連記事|海外FXのレバレッジは何倍がおすすめ?海外FXレバレッジの4つの選び方

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です