海外FX業者のMT4・MT5のダウンロードのやり方と確認・変更方法

MT4とMT5のレバレッジの違いは!?MT4のやり方と確認・変更方法

海外FXでは、取引に使用するプラットフォームにMT4を使うのが一般的です。

MT4は取引ごとにレバレッジをかけることも可能ですが、

  • MT4ではどれくらいのレバレッジが使えるのか
  • MT4ではどうやってレバレッジを確認するのか

など、いろいろな疑問が出てきます。

そこで今回は、MT4やMT5の使用におけるレバレッジの使い方などを解説します。

MT4・MT5とは?FXの取引ツールのこと

MT4は、MetaQuotes社が開発して提供しているプラットフォームで、自動売買取引のツールや高機能チャートソフトとしても人気です。

MT4は2005年に開発されてから、今日に至るまで海外FXの主なプラットフォームとして第一線を走り続けています。

ちなみに、MT4には後続版となるMT5が2011年にリリースされていますが、MT4の方が知名度・利用者数ともに多いです。

ただし、MT4のサポートが終了したことで、今後はMT5に移行する流れが強まると考えられます。

MT4やMT5が海外FX向けの理由

MT4もMT5も導入しているのは、海外FX業者が中心です。

規制がない海外FXでは、MT4やMT5を使ってハイレバトレードができます。

一方、国内FX会社だとMT4やMT5を取り扱っている会社が少なく、取り扱っているとしても独自にカスタマイズしていることがほとんどです。

国内FXで使用されているプラットフォームの多くは、FX会社が独自に開発したプラットフォームが多く、海外FXのように業者が変わっても同じプラットフォームというわけにはいきません。

上限が25倍に制限される国内FXでは、独自に開発したプラットフォームの方が取引において都合が良いのです。

MT4とMT5の機能の違い

MT4とMT5では、どちらも海外FX業者が設定している最大レバレッジを使って取引ができます。

MT4とMT5の違いは以下の表のようになります。
XMにはマイクロ口座・スタンダード口座・zero口座の3タイプの口座が用意されています。

項目MT4MT5
時間足9種類21種類
EAの種類多いMT4より少ない
気配値・ナビゲーターウィンドウ使いやすい
動作・スピードゆっくり早い
レバレッジ海外FX業者の上限値海外FX業者の上限値

これだけ見ると、MT5の方が使いやすくなっているように感じます

MT5はMT4の進化版なので、機能が増えているのは当然です。

それでもMT4の利用者が多いのは、MT5とMT4では自動売買に使用するEAや、テクニカル分析に使用するインジケーターに互換性がないことが理由として挙げられます。

そんなこともあって、MT4からMT5に移行は進まず、MT4が現代でも海外FXの主力プラットフォームになっています。

パソコンでMT4・MT5でレバレッジを確認する方法

MT4やMT5では簡単にレバレッジの確認が可能です。

MT4とMT5で確認する方法はこちらになります。

  1. ナビゲーターウィンドウを開く
  2. 口座番号と口座名義の上にマウスを移動
  3. 浮かんできた項目に「○○;○○」とレバレッジが記載

たとえば、「1:100」と記載されている場合は、100倍に設定されていることを表します。

MT4・MT5のレバレッジ変更方法

MT4やMT5などのプラットフォームを使用する場合、変更は口座を提供している海外FX業者のアカウント画面から行なうのが基本です。

海外FX業者によってはリアルタイムで変更ができるところもありますが、中にはサポートに問い合わせてから認証されないと変更ができないところもあります。

変更を希望する場合は、変更方法や条件を事前に確認しておきましょう。

スマホでMT4やMT5のレバレッジを確認する方法

Androidやiphoneなどのスマホでも、MT4やMT5を使うことができます。

使用方法については、Android端末ならplay store、iPhoneならApp storeからMT4やMT5のアプリをダウンロードし、端末にインストールさせる必要があります。

MT4やMT5のアプリからでも、現在のレバレッジ設定の確認が可能です。

方法としては、

①MT4、MT5のメニューバー「表示」→「ナビゲーター」を選択。

②ナビゲーターの口座→サーバー名にアイコンを合わせるとレバレッジがポップアップ表示。

パソコン版と同じく、「1:300」と記載されていれば300倍、「1:500」と記載されていれば500倍です。

リアルタイムのレバレッジが知りたいという人は、MT4の上のメニューバー「表示」→「ターミナル」でターミナルを表示し、

「通貨の金額×取引数量÷有効証拠金」で実効レバレッジの計算が可能です。

MT4やMT5のデモ口座について

MT4やMT5を使ってトレードする場合、海外FX業者によってはデモ口座を使うことができます。

デモ口座は練習用の口座で、仮想のお金を使って、実際の取引環境を使ってトレードを行うことが可能です。

デモ口座は基本的に無料で提供されており、口座を開設するタイミングで最大レバレッジを指定します。

デモ口座を開設した後の変更の可否は、各海外FX業者によって異なる点に注意しましょう。

デモ口座のアカウントから設定できるところもあれば、新しくアカウントを作り直さなければならないケースもあります。

まとめ

MT4やMT5で、大きなレバレッジを使って運用するなら、“追証なしのゼロカット”が導入されている海外FX業者を選びましょう。

ゼロカットがあれば、相場が急変動しても借金を抱える心配はありません。

レバレッジはトレーダー自身が調整できるので、チャンスを広げるためには大きい方が良いでしょう。

海外FXの主流プラットフォームはMT4ですが、今後MT5に移行することも考えられます。

今後のことも踏まえて、MT4だけでなくMT5に対応している業者選びがおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です