海外FX業者の取引通貨単位1ロットは10万通貨が多い?国内FX業者の取引通貨単位の違い

海外FXでは、取引量を「ロット」と表す場合が多くあります。

海外FXトレードでは、1000通貨や1万通貨など多くの通貨を対象にトレードするため、取引量を簡単に表すためにロットは役立ちます。

1ロットはどれくらいの取引量でしょうか?また、海外FXでは何ロットから取引ができるのでしょうか?

ロットは便利な単位ですが、1ロットの取引量は業者によって異なるケースもあります。

また、「ロット」ではなく「枚」を使う業者もあるため、それぞれの違いを整理しておく必要もあります。

今回は海外FXのロットに関する基礎知識や、国内FX業者の取引通貨単位との違いについて解説します。

ロットとは?1枚との違い

「ロット」には、“人の群れや組、製造側が特定する製品の最小単位”などの意味があります。

製造会社や生産会社で広く使用されている言葉ですが、どちらかというと作業の効率化や製品の管理などの意味合いが強いです。

ロットの単位には特に決まりがないため、製造側が自由に設定できます。

そのため、1ロットが10個の場合もあれば、1ロットが100この場合もあるわけです。

たとえば、卵10個を1パック1ロットにしている業者と、卵12個を1パック1ロットにしている業者があるとします。

どちらも1パック1ロットに間違いはありませんが、業者によって同じ卵でも1パックあたりの卵の量は変わりますよね。

海外FXでも同じで、1ロットあたりの取引量は海外FX業者ごとに異なります。

海外FXでロットを使用するのは、桁数の多さが原因のミスを無くすためです。

10万通貨の取引をする場合、注文を入れる際には「100000」の数字が使用されますが、桁数が多いと0が1つ増えたり減ったりするミスも起こります。

100000を1ロットと決めておけば、0の数が減ってミスが起こる可能性も減るわけです。

同じ1万円でも、10円玉を1000枚持つより、1万円札を1枚持つ方が何かと便利ですよね。

また、ロットと同じように使われる言葉に「枚」もあります。

どちらも意味は同じで、「ロットが英語、枚が日本語」の違いだけです。

海外FXではロットが主流となっていますが、海外に拠点がある業者を利用するのが理由になります。

一方、国内FXでは、日本語の枚が使用される場合が多いです。

ロットとpipsの違い

海外FXでは、ロット以上にpipsを見かける機会が多くあります。

pipsと言えばスプレッドの計算や、利幅、損幅を示す際に使用される単位です。

ロットとpipsを混合している人もいますが、それぞれ切り離して考える必要があります。

pipsは、値動きの幅を示す単位です。

pipsが海外FXで使用されているのは、通貨ペアごとに決済通貨が異なっていると通貨単位で管理するのが大変だからです。

pipsを共通単位として使用することで、他の通貨で取引する場合も計算が面倒ではありません。

ロットとpipsは違うものですが、“1ロット=○○pipsの値動きで○○円”の損益が発生など、ロットをベースとしpipsを用いて損益を計算する場合もあります。

以下の表はロットとpipsと損益の関係を示す表です。

※1ドル100円

※国内FX=1ロット:1万取引量

※海外FX=1ロット:10万取引量

国内FXロット数海外FXロット数1pips=0.01円10pips=0.1円
10ロット1ロット1万円10万円
1ロット0.1ロット1000円1万円
0.1ロット0.01ロット100円1000円
0.01ロット0.001ロット10円100円

このように、同じpipsの値動きでもロット数によって損益が大きく変わるのが分かります。

pipsを損益換算する場合は、ロット数に合わせて計算しなければなりません。

また、1pipsは通貨によって変わる点にも注意が必要です。

以下の一覧表は、各通貨の1pipsになります。

日本円1pips=0.01円もしくは1銭
米ドル1pips=0.0001ドル
ポンド1pips=0.0001ポンド
ニュージランドドル1pips=0.0001ニュージランドドル
オーストラリアドル1pips=0.0001オーストラリアドル

このように、円だけは小数点第二位が1pipsになっており、他の通貨は基本的に少数点第4位が1pipsになっています。

海外FX業者の1ロット(1枚)は10万通貨が一般的

海外FX業者の多くは、1ロット=10万通貨で設定されています。

これは、海外FX業者で多く使用されているプラットフォーム「MT4」や「MT5」で使用されている標準ロットが1ロット=10万通貨になっているためです。

プラットフォームの1ロットと海外FX業者の1ロットが違っていると、混乱の原因になります。

それぞれのロットと取引量を合わせることによって、トレーダーはロットで戸惑うことなくトレードができます。

ただし、海外FXで使用されているプラットフォームはMT4やMT5以外にも存在します。

MT4やMT5以外のプラットフォームを採用している海外FX業者だと、1ロット=1万取引量の場合もあるので注意しましょう。

国内FX業者の1ロット(1枚)は1万通貨が一般的

国内FX業者の多くは、1ロット=1万通貨で設定されています。

国内FXは、100倍~1000倍のレバレッジが使える海外FX業者と違い、使えるレバレッジの上限は25倍です。

レバレッジの上限が低いと、取引量を多く増やすことができないため、10万通貨の取引よりも1万通貨で取引するトレーダーが多くいます。

たとえば、1ドル100円の通貨を10万通貨保有するためには、1000万円の資金が必要です。

レバレッジ25倍を使って必要証拠金を減らしても、「1000万円÷25倍=40万円」の資金が要ります。

初心者がいきなり40万円を入金して取引をスタートするのはハードルが高いですよね。

同じ条件でも1万取引量なら、4万円の資金を用意すればトレードできます。

レバレッジの関係から10万取引量で開始するのは難しいため、10万円を1ロットにするのではなく、1万取引量を1ロットに設定しているわけです。

海外FXと国内FX業者の取引通貨単位の違い

国内FXは1ロット=1万取引量、海外FXは1ロット=10万取引量ですが、それぞれの取引通貨単位とロットにはどのような関係性や違いがあるでしょうか。

通貨単位は、[1通貨]だった場合、円なら1円、ドルなら1ドル、ユーロなら1ユーロを意味します。

「1ドル100円の通貨を1万買う」場合は、100万円が必要です。

以下の表では、1ドル100円の通貨を取引する場合、海外FXと国内FXの取引通貨単位をまとめています。

ロット数にも注目しながら見てみましょう。

国内FX海外FX取引量
100ロット10ロット100万通貨1億円
10ロット1ロット10万通貨1000万円
1ロット0.1ロット1万通貨100万円
0.1ロット0.01ロット1000通貨10万円

国内FXの1ロットだと取引に100万円が必要で、海外FXの1ロットだと取引に1000万円が必要です。

次に国内FXと海外FXの取引通貨にレバレッジを使った場合、必要な証拠金がどれくらいになるのか見てみましょう。

※国内FX

※最大レバレッジは25倍を想定

国内FX取引量レバレッジ
1ロット1万通貨5倍20万円
1ロット1万通貨10倍10万円
1ロット1万通貨25倍4万円

※海外FX

※最大レバレッジは1000倍を想定

国内FX取引量レバレッジ
1ロット10万通貨10倍100万円
1ロット10万通貨100倍10万円
1ロット10万通貨1000倍1万円

国内FXと海外FXでは1ロットの単位が10倍ほど違いますが、国内FXの最大レバレッジ25倍を使った場合と、海外FXの最大レバレッジ1000倍を使った場合の必要証拠金は10万円未満になっているのが分かります。

つまり、最大レバレッジを使えば国内FXの1ロットも海外FXの1ロットも必要な証拠金はほとんど変わらないわけです。

レバレッジを入れてロットを考えると、海外FXのハイレバレッジの凄さが分かりますね。

海外FX業者の最小取引通貨量は1000通貨

海外FX業者で1ロット=10万取引量ですが、ほとんどの業者で0.01ロット=1000通貨から取引ができます。

1ドル100円だった場合、1000通貨の取引をするためには10万円が最小取引金額です。

レバレッジを使うと必要証拠金が減らせます。

海外FX業者の中でもトップクラスの1000倍レバレッジが使える海外FX業者GEMFOREXの利用を想定して、0.01ロットで必要な証拠金を見てみましょう。

  • レバレッジ1倍:1ロットの必要証拠金は10万円
  • レバレッジ10倍:1ロットの必要証拠金は1万円
  • レバレッジ100倍:1ロットの必要証拠金は1000円
  • レバレッジ1000倍:1ロットの必要証拠金は100円

となり、レバレッジ1000倍を使って取引をすると、0.01ロットの取引が100円で出来ます。

最小取引通貨量があれば、最大取引通貨量も存在します。

たとえば、海外FX業者GEMFOREXの最大ロット数は30ロット数です。

1ドル100円の通貨なら、最大300万通貨の取引ができます。

300万通貨の価格は、1ドル100円の通貨なら3億円です。

海外FX業者の口座によって取引通貨量が変わるので注意

海外FX業者によっては、複数の口座を提供しています。

口座タイプによっては、取引通貨量が変わる場合もあるので注意しましょう。

たとえば、海外FX業者XMでは、スタンダード口座やゼロ口座における1ロットの取引量は10万ですが、マイクロ口座における1ロットの取引量は1000です。

同じ1ロットでも、スタンダード口座・ゼロ口座とマイクロ口座では100分の1も単位が違ってしまいます。

マイクロ口座は少額取引をメインにした口座であるため、1ロットあたりの取引量を引き下げていますが、同一の海外FX業者の口座でロットが変わると勘違いや計算ミスが起こる場合もあります。

ちなみに、GEMFOREXにもオールインワン口座とノースプレッド口座の2タイプがありますが、どちらも1ロット=10万取引量で口座タイプによる取引通貨量の違いはありません。

まとめ

海外FXでは、1ロット=10万取引量になるため、1ドル100円の通貨なら1ロットの取引をするために1000万円が必要になり、初心者にはハードルが高い!と感じる人もいるかもしれません。

しかし、最小取引単位を0.01ロットにしている海外FX業者も多く、実際には10万円あれば取引ができます。

また、海外FXのハイレバレッジを活用すれば、1ロットの取引が10万円や1万円でも可能です。

ロットは通貨単位を考える上で便利な単位になります。

また、pipsから損益を計算する場合に、ロットが分かっていれば簡単に計算できます。

ロットは海外FXで便利な取引単位なので、pipsとの違いも合わせてしっかり覚えておきましょう。

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です