ロンドンフィキシングとは?月末ロンドンフィキシングのFXトレード手法で稼ぐ方法

ロンドンフィキシングとは?月末ロンドンフィキシングのFXトレード手法で稼ぐ方法

ロンドンフィキシングは、海外FXトレードの手法の一つです。

英語では「London Fixing」と記載されますが、Fixは「固定」という意味になります。

FXトレードにおいて、何が固定なのか気になるところ

今回は、ロンドンフィキシング手法について解説します。

ロンドンフィキシングとは?

金の値は、ロンドン市場の16時、日本時間だと25時に決まりますが、金の値決めをすることをロンドンフィキシングと言います。

これらの時間帯を、london fixing timeと表現している海外FX会社もあります。

金といえば先物取引で人気の商品ですが、金の仲値はロンドン市場で決められ、この価格を元に世界で金取引が行なわれるのです。

ロンドンフィキシングで価格が決まった後は、銀行やヘッジファンド、年金機構など、大口の金融機関で重視され、金の価格が発表される前後は企業の取引も活発に行なわれます。

ロンドンフィキシングとFXの関係

ロンドンフィキシングは金の価格に関することなので、「FXより先物取引に関係がありそう」と思う人もいるかもしれません。

金の売買は先物取引で行われていますが、ロンドンフィキシングはFX取引にも大きく関わってくるのです。

そもそも、金の売買はドル建てによって行なわれます。

ロンドンフィキシングの前後にはポジションの保有や決済するトレーダーや企業が増えるため、取引量が多くなり、お金の動きも大きくなって為替に影響を与えるわけです。

為替に影響が現れると取引も活発になるため、トレードによる為替変動も無視できなくなります

月末のロンドンフィキシングの傾向

ロンドンフィキシングで注目されるのは月末です。

月末はイギリスポンドで決済するイギリス企業の決済時期と重なり、通貨の買い戻しが強まりやすく値動きも大きくなります

大きな値動きが起こる月末のロンドンフィキシングを狙うトレーダーも少なくありません。

特にハイレバレッジが使える海外FXは、数pipsの利確でも大きな利益を生み出すことができるため、月末のロンドンフィキシングと相性は抜群です。

それでは、月末のロンドンフィキシングと各通貨ペアの相性について見ていきましょう。

ロンドンフィキシングとドル円の関係

ロンドンフィキシングは、日本の視線から見ると外貨買いに動きやすい傾向があります。

そのため、ドルストレートやクロス円だと円安になりやすい傾向があるため、円安になると予想を立ててトレードできます。

円安に進むのは、円を買う海外のファンドが、円を元手に外貨を買うファンドよりも少ないことが理由です。

背景には、低金利やマイナス金利によって、他の国の資産と比較して魅力が少ないことが挙げられます。

ただし、ロンドンフィキシングで必ずしも毎回円安が起こっているわけではありません

ロンドンフィキシング=円安というアノマリーを意識するトレーダーが多いことから、反対方向の値動き傾向になることもあります。

週末や月末は、ロンドンフィキシングの影響よりもポジション調整の影響が大きくなることで、円高に進む傾向が見られることもあります。

週末や月末のロンドンフィキシング狙いのトレードは、特に注意しましょう。

ロンドンフィキシングとユーロドルの関係

ロンドンフィキシングが発生したときに、影響を受けやすい通貨ペアの一つにユーロドルがあります。

ロンドンフィキシングの前後では、ドル円と同じようにユーロ安が進みやすい傾向がありますが、月末のロンドンフィキシングでは予測不能な動きをすることも少なくありません。

月末はポジション調整に加え、イギリス企業の決算とも重なるため、ユーロはダイレクトに影響を受けます。

急激な値動きが発生する傾向が見られ、その値動きがロンドンフィキシングによるものなのか、決算によるものか判断できないこともあります。

ロンドンフィキシングとボンドの関係

ロンドンフィキシングは、イギリスの首都ロンドンで行われるため、イギリスが発行している通貨“ボンド”と深い関係があります。

特に企業の決算時期と重なる月末は、通貨の買い戻しの動きが強まり、平常時や週末のロンドンフィキシングに比べ、著しい値動きを見せるのが一般的です。

さまざまな要素が値動きに影響を与えるため、“月末のロンドンフィキシングでボンドのレートが○○に動きやすい”というアノマリーは参考になりません。

ボンドにおける月末のロンドンフィキシングは、ハイレバレッジを使い、数pipsの利益を積み重ねていくスキャルピングに向いています。

ロンドンフィキシングとバイナリーオプションについて

ロンドンフィキシングは、バイナリーオプションでも人気です。

バイナリーとは、価格が今よりも“上がる”か“下がる”を予想して取引する手法になります。

エントリーとデグジッドを自分で決めて取引するFXと違い、デグジッドをあらかじめ決まったシステムで行うのがバイナリーの特長です。

バイナリーオプションは損失が限定されているため、初心者でもいきなり大損失が出にくいメリットがあります。

ロンドンフィキシングは取引が活発になる時間帯なので、エントリーチャンスが多くあることもバイナリーと相性が良い理由です。

ただし、ロンドンフィキシングにおけるバイナリーはアノマリーが通用しにくいため、ギャンブル的な取引になりやすくなります。

バイナリー取引では手数料がかかってしまうため、勝率が50%でもトータルで勝つことはできません。

安定した利益を出すためには60%の勝率が必要で、運に任せがちになってしまうと、ロンドンフィキシングで安定した利益を出すことは難しいかもしれません。

ハイレバレッジ×ロンドンフィキシングで狙える利益

ロンドンフィキシングとハイレバレッジを使った手法では、どれくらいの利益が狙えるのでしょうか?

以下を条件に検証してみましょう。

  • トレード条件:24時に注文、25時に決済
  • 通貨ペア:円/ドル
  • 期間:半年間
  • 損切りライン:15pips
  • 取引量:1万
  • 半年間の月末ロンドンフィキシングの値動き

1月末:40pips

2月末:-30pips

3月末:-10pips

4月末:30pips

5月末:15pips

6月末:40pips

このような条件だった場合、半年間で125pipsの利益、40pipsの損失が出ている計算ですが、2月は15pipsで損切りしているため、25pipsの損失に留まっています。

半年間で(125pips-25pips=100pips)の利益が出た計算です。

取引量が1万なので、半年間の利益は1万円です。

それでは、レバレッジを使って取引量を増やすとどうなるでしょうか?

  • 10倍レバレッジ=10万取引量=10万円
  • 100倍レバレッジ=100万取引量=100万円
  • 1000倍レバレッジ=1000万取引量=1000万円

1000倍レバレッジを使うと、順調にいけば半年間で1000万円の利益が狙える計算です。

海外FXのハイレバレッジを使うと、ロンドンフィキシングで大きな利益が狙えることが分かりますね。

ロンドンフィキシングのまとめ

月末のロンドンフィキシングは、

  • 値動きが大きい
  • 予想しない値動きが起こる場合もある
  • バイナリーで利益を出すのは難しい
  • ハイレバレッジ×スキャルピングの相性が良い

などの特徴があります。

ロンドンフィキシングは大きな利益が出やすい手法ですが、急激なレート変動に伴うロスカットにも注意しなければなりません。

慣れないうちはレバレッジを引き下げて運用し、勝率が上がってきたらレバレッジも上げていくと良いでしょう。

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です