海外FX業者のレバレッジ比率と証拠金維持率の関係

レバレッジ比率とは!?レバレッジ比率の計算式と証拠金維持率の関係

海外FXは、ハイレバを使ったトレードが人気です。

レバレッジ比率は、簡単に説明すると証拠金に対するポジション比率です。

FXのレバレッジ比率を知り、適正なレバレッジを使って利益を増やしましょう。

レバレッジ比率とは?レバレッジ比率の計算式

FXにおけるレバレッジ比率は、証拠金に対する取引の金額で求めることができます。

たとえば、

  • 1ドル:100円
  • 取引量:1万通貨
  • 取引に使える資金:100万円

だった場合、取引に必要な資金は、100円×1万=100万円となります。

この場合のレバレッジ比率は、こちらにになります。

 

有効証拠金(自己資金)100万円÷必要証拠金100万円=レバレッジ1倍

 

10倍と100倍のレバレッジ比率

それでは、レバレッジ10倍を使うとどうなるでしょうか?

10倍の必要証拠金

為替レート100円×取引量1万÷10倍=10万円

10倍のレバレッジ比率

自己資金100万円÷必要証拠金10万円=10倍

同じようにレバレッジ100倍を使うと、

100倍の必要証拠金

為替レート100円×取引量1万÷100倍=1万円

100倍のレバレッジ比率

自己資金100万円÷必要証拠金1万円=100倍

レバレッジが大きくなるほど、必要証拠金が少なくなることが分かります。

つまり、レバレッジ比率に応じて必要証拠金が減る関係が成り立つわけです。

レバレッジ比率と証拠金の関係

レバレッジは、証拠金に対して何倍の取引額まで建玉を建てられるかを示すものです。

たとえば、100万円の取引金額が発生する取引を行なった場合、必要証拠金が100万円なら

 

取引金額100万円÷必要証拠金100万円=1倍

 

次に、同じ条件で必要証拠金が50万円になった場合、

 

取引金額100万円÷必要証拠金50万円=2倍

 

次に、同じ条件で必要証拠金が4万円になった場合、

 

取引金額100万円÷必要証拠金4万円=25倍

 

ちなみに、証拠金率は100%÷レバレッジで計算できます。

レバレッジ比率と証拠金維持率の関係

ロスカットの目安に証拠金維持率があります。

 

証拠金維持率=有効証拠金(自己資金)÷必要証拠金×100%

 

有効証拠金が100万円で必要証拠金が100万円だった場合、が証拠金維持率です。

 

有効証拠金100万円÷必要証拠金100万円×100%=100%

 

海外FX業者の多くは、ロスカットの証拠金維持率を20~100%に設定しています。

トレードごとで考えるレバレッジ比率

レバレッジ比率は、トレードごとに考えていくのがベストです。

基本的に、取引時間が短ければ短いほど高く、取引時間が長ければ長いほど小さく設定します。

ここでは、トレードごとに適したレバレッジ比率を見ていきましょう。

スキャルピングのレバレッジ比率

数あるトレードスタイルの中で、もっともハイレバと相性が良いとされているのがスキャルピングです。

スキャルピングは数秒から数分間隔でポジションを保有するため、1回あたりの取引では数pipsの値動きで約定させることもあります。

「1回あたりの利益が1pipsでも、1日100回の取引をすれば100pipsの利益が狙える!」というのが、スキャルピングの基本的な考え方です。

1pipsの値動きだと、1ドル100円の通貨ペアにおいて1万取引量なら100円の利益しか入ってきません。

トータルで100pips取れたとしても、1万円の利益です。

しかし、1pipsの値動きでも、10倍を使って取引量を10万にすれば1000円の利益、100倍を使って取引量を100万円に増やせば1万円の利益になります。

負けても数pipsの損失なので、ロスカットになりにくく、低リスクでトレードできるのもメリットです。

デイトレードのレバレッジ比率

取引スタイルの中で、もっともスタンダードなのがデイトレードです。

デイトレードは翌日にポジションを持ち越さないのが基本で、1回のポジション保有時間は数時間~1日程度になります。

デイトレードは1回あたりのトレードで数十pipsの値幅を狙ってトレードするのが一般的です。

スキャルピングに比べると、狙う値幅が大きいことや、トレンドに乗った取引をすることが多いのも特長になります。

デイトレードはスキャルピングに比べ、1回あたりの取引で狙う値幅が10倍程度異なるため、レバレッジもスキャルピングに比べて10倍ほど引き下げて運用するのが一般的です。

そのため、10~100倍くらいがデイトレードの一般的な比率になります。

スイングトレード・長期トレードのレバレッジ比率

スイングトレードや長期トレードは、為替差益に加えてスワップ狙いでトレードを行います。

スイングトレードや長期トレードは、数百pips以上の値幅で決済させることも多いため、レバレッジ比率が高いとロスカットの危険性が高まります。

スイングトレードや長期トレードは、1~10倍のレバレッジ比率で運用するのが一般的です。

相場に応じて変えよう

スキャルピング、デイトレード、スイングトレード、それぞれにおいて適正なレバレッジ比率があります。

しかし、実際のトレードでは取引スタイルだけでなく、通貨ペアや相場の状況に応じて使い分けることも必要です。

通貨ペアだと、円やユーロ、ドルなどの基軸通貨同士だと値動きは小さいですが、オーストラリアドルやポンドなどが絡んでくると値動きは大きくなります。

スワップ狙いでトルコリラや南アフリカランド絡みの通貨ペアにすると、値動きはさらに大きくなるので、レバレッジ比率は下げて運用しないと、レートが飛んでロスカットする可能性も無視できません。

安定している通貨ペアでも、早朝や経済指標発表前後、経済不安定などの理由でレートが飛びやすくなるタイミングもあります。

この場合も、通常時に比べてロスカット比率を下げて運用するなどの調整が必要です。

レバレッジ比率が高い=危険ではない

レバレッジ比率と証拠金の関係性を見ると、レバレッジ比率が高いことが決して危険ではないことも分かります。

たとえば、

  • 100万円の資金
  • 1ドル100円
  • 取引量1万

で取引をする場合、レバレッジを使わないと1ドル100円×1万取引量=証拠金100万円が必要です。

しかし、100倍を使えば、同じ条件で証拠金は1万円で済むわけです。

レバレッジを使わず、資金の100万円をすべて使うのと、100倍を使って100万円のうち1万円だけ使うのでは、どちらの方がリスクは高いと言えるでしょうか?

仮に、1ドル100円が一瞬で1ドル50円まで下がった場合、

  • レバレッジを使ってないと50万円の損失が発生
  • レバレッジ100倍を使っていた場合は1万円の損失

もちろん追証のリスクも無視できませんが、ゼロカットが導入されている海外FX業者なら、口座の残高が0円を下回っても借金を返す必要性はありません

【当サイトおすすめ】GEMFOREXでトレードチャレンジ

GEMFOREXでトレードチャレンジ
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
5,000倍20%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料電話・メール・
ライブチャット

総合評価|★★★★★

アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGEMFOREX。
今なら口座開設でボーナスプレゼントキャンペーン中なので入金しなくてもトレードができます。また、ゼロカットシステムで初心者にも安心して利用できます。最大レバレッジ1000倍
・追証なしのゼロカットシステム・日本語サポートが充実・金融ライセンス所有・入金方法も豊富・初回最低入金額100円・自動売買ソフトを200種類以上・VPSも条件付きで無料提供しているのでおすすめです!クイック口座開設できますのでこの機会にぜひGEMFOREXでお試しトレードしましょう。

\約3分で登録完了/

海外FXのレバレッジ比較、おすすめ業者ランキング

海外FXレバレッジ比較ランキング

海外FX業者をレバレッジに注目して比較・ランキングしました。

FXトレード初心者さんにも安心の業者ばかりです。

業者選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

海外FX20社のレバレッジ比較。おすすめ海外FX業者をランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です