海外FXのレバレッジは何倍がおすすめ?海外FXレバレッジの4つの選び方

海外FXレバレッジの選び方

多くの初心者がFX取引で最初につまずくのが「レバレッジの選び方」です。

レバレッジはFXの利益や損失の額を決める重要なポイントですが、十分な指針がないために選ぶのが難しいという方は少なくないです。

そこで今回は、

  • レバレッジとはなにか
  • レバレッジはどうやって決めればいいのか

を初心者向けにわかりやすく解説しますので、レバレッジに悩んでる方は必見の内容です。

レバレッジとは!?

レバレッジとは、直訳すれば「てこの作用」「てこ装置」ですが、FXの世界においては「FX業者に預け入れたお金(証拠金)の数倍~1000倍程度の金額の取引を行える仕組み」のことを指します。

てこは小さな力で大きなものを持ち上げるためのものですが、レバレッジは小さな元手で大きな金額を取引するためのものです。

レバレッジは「〇倍」と言った形で表現します。例えば、100万円の証拠金で1000万円の取引をする場合のレバレッジは10倍です。

レバレッジ取引が成り立つ仕組み

なぜ少ない元手で多額の取引ができるのか、と思われるかもしれませんが、その秘訣は差金決済にあります。

差金決済とは現物の受け渡しを行わずに、ポジションを取ったときの価格と、それを解消したときの価格の差額だけを決済する仕組みです。

FXを始め、いくつかの金融取引で採用されている仕組みです。

現物の受け渡しを行う通常の取引では、現物を買うためにはそれと同等の金額が必要になります。

例えば100万円分の米ドルを1ドル100円で購入し、その後1ドル110円になったら110万で売却する場合について考えてみましょう。

この場合、まず100万円を支払って米ドルを買い、その後米ドルを手放して110万円を手にします。100万円がなければ、そもそも取引ができないのです。

一方、現物の受け渡しを伴わない差金決済では、1ドル100円で米ドルのポジションを取る時点では1円も支払わず、その後1ドル110円になった時点でポジションを解消したときに初めてその差額である10万円を受け取ります。

つまり、1円もなくても取引ができるのです。この仕組みがあるため、元手の何倍もの取引が可能になるのです。

なぜお金を払っていないのにポジションを取ることができるのかと思われるかもしれませんが、証拠金を預けているためです。

差金決済の結果仮に損失が出たとしても、証拠金からその分を回収すれば、FX業者は損失を回収しそこねるリスクがなくなります。

ハイレバレッジはいいことづくめ!……ではない

一見いい事づくめにみえるレバレッジ取引ですが、もちろん問題点もあります。

レバレッジを高くすると、そのぶんだけ利益も損失も大きくなるのです。

例えばレバレッジを10倍にすれば、利益はレバレッジを掛けていないときの10倍になりますが、損失も10倍になります。

各FX業者はレバレッジ取引を利用している顧客が借金を背負わないように、含み損が証拠金の金額を超える前に自動で強制決済する「ロスカット」という仕組みを採用していますが、相場急変時にはこれが間に合わないこともあります

海外のFX業者の中には借金を肩代わりしてくれるところもありますが、国内ではそうした業者はありません。

ハイレバレッジになればなるほど、ロスカットされたり、借金を背負ったりする確率は上がります。

レバレッジ規制は国や取引所によって異なる

ハイレバレッジ取引はハイリスクハイリターンなものであるため、各国政府はレバレッジの最大倍率を規制しています。

例えば、日本は25倍ですし(一時期10倍にするという話もありましたが見送られました)、アメリカは50倍、シンガポールは20倍です。中には100倍、1000倍を超えるような国もあります。

日本は比較的レバレッジ規制が厳しい方であるため、基本的には海外FX業者を選ぶことをおすすめします。

レバレッジ1000倍の取引所でレバレッジ1倍、5倍、10倍の取引をすることも可能なので、基本的にはFX業者の最大レバレッジ倍率は高いに越したことはないと考えていただいて問題ありません。

主なFX業者の最大レバレッジ

取引所名最大レバレッジ倍率
GMOクリック証券25倍
外為どっとコム25倍
DMMFX25倍
SBI FXトレード25倍
ThinkForex(海外)500倍
FxPro(海外)500倍
Gemforex(海外)1000倍

海外FXのレバレッジは何倍がおすすめ?

人によってリスク許容度やリスク選好、トレードスタイル、あるいは取引通貨ペアなどが異なるため、一概には言えません。つまるところ人それぞれなのです。

しかし、初心者の方は全く指針がない状態で「自由にレバレッジを選んでください」と言われても難しいでしょうから、ここで大雑把な指針を紹介いたします。

レバレッジの選び方①初心者は高くても3倍までにとどめておくべき

FXの経験が全く、あるいは殆ど無いFX初心者の場合は、レバレッジはどんなに高くても3倍までにとどめておいたほうがいいでしょう。

中級者以上からすればあくびが出るような倍率かもしれませんが、初心者が中級者以上のマネをしようとしてもほぼ必ず失敗します。

FXに慣れる、勉強するという意味でも、最初のうちはローレバレッジにとどめておいたほうがいいでしょう。

ただし、1倍というのはあまりにももったいないので避けたほうがいいかもしれません。

レバレッジの選び方②初心者を脱却できたら許容損失額からレバレッジを決定

取引を重ね、FXの基本を抑えられたら、徐々にレバレッジを高くしていきましょう。

このときレバレッジを何倍にするかはその人次第ですが、基本的には「相場が予想とは逆方向に(損失が出る方向に)大きく動いた場合に発生する損失額」を元に検討するといいでしょう。

その損失額が許容損失額を下回るようにレバレッジを決定すればいいのです。

例えば、証拠金が100万円、許容損失額が30万円でドル円取引をするケースについて考えます。

ドル円(1ドル110円とする)の場合、1日の最大変動幅は概ね1%(1.1円)程度です。

つまり、相場が予想とは逆方向に動いた場合、1.1円×取引通貨量の損失が出る可能性があるというわけです。

この金額を許容損失額(30万円)以下に抑えるためには、以下の式を満たす必要があります。

① 30万円≧1.1円×取引通貨量

一方、証拠金が100万円の場合、レバレッジをx倍とすると、取引通貨量は以下のようになります。

② 取引通貨量=100万円×x倍÷110

① の式に②を代入すると、xが求められます。

30万円≧1.1円×(100万円×x倍÷110円/ドル)
30万円≧1.1円×(9090×x倍)
30万円≧1万円×x倍
30≧x倍

したがって、レバレッジは30倍までに押さえればいいことになります。

もちろん、これを超えない限りは1倍でも5倍でも10倍でもOKです。

レバレッジの選び方③通貨の価格変動率が大きい場合はレバレッジを低めにする

ここでは取引通貨ペアを円ドルで考えましたが、もっとマイナーな通貨の場合、価格変動率が大きくなることがあります。

価格変動率が大きくなる場合は、そのぶんだけレバレッジを低めに抑えなければなりません。

逆に言えば、レバレッジを大きく取りたい場合は、メジャーな通貨を取引すべきであるということです。

レバレッジの選び方④取引スタイルによってレバレッジを変える

FXの取引スタイルは大きく

  • スキャルピングトレード
  • デイトレード
  • スイングトレード

に分けられます。

それぞれの取引にメリットやデメリットがありますが、基本的に取引時間が長いものほどレバレッジを抑えたほうがいいでしょう。

取引期間が長くなればなるほど、急激な相場変動に巻き込まれるリスクも高くなるからです。

その変動が自分にとって都合のいいものだったときは万々歳ですが、逆だと大いに困ることになります。

例えば許容損失額から算出された最大レバレッジが30倍という場合でも、デイトレードなら15倍、スイングトレードならば5倍といった感じで調整していきます。

どれくらい減らすかは、経験しながら学んでいくしかありません。

スキャルピングトレード(レバレッジは高め)

スキャルピングトレードはポジションを数秒~数十分だけ保有し、数pips~10pips(為替レートが動くときの最小単位)の小幅な値動きを狙って売買するものです。

1日に数十回もエントリーする機会があり、気軽に行えるため、多くの人が最初に取り組みます。

一方で判断には時間が書けられないため、瞬間的な判断力が何より求められます。

デイトレード(レバレッジは中くらい)

デイトレードはポジションを数十分~1日保有し、10~40pips程度の値動きを狙って売買するものです。

取引機会は1日に数回とスキャルピングトレードと比べて少ないですが、より考えられる時間が増えるというメリットもあります。

スイングトレード(レバレッジは低め)

スイングトレードは数日~数週間という比較的長い期間保有し、40~200pips程度の値動きを狙って売買するものです。

スワップポイント(2つの通貨を取引するときに発生する金利差分)狙いで行われることも多く、チャートを長時間監視する必要がないのがメリットです。

レバレッジだけで取引所を選んではいけない

使う取引所を決める上で、たしかに最大レバレッジは大切ですが、それ以外にもチェックしなければならない点はいくつかあります。

海外FX業者を選ぶ際には、これらの点についてもしっかりとチェックしましょう。

スプレッドスプレッドは狭い(安い)に越したことはないが、あまりにも安い場合、サービスが劣悪な可能性もあるので要注意。
約定力表示されたレート通りに取引できる能力のこと。FX業者のシステムの強さ、サーバーの安定性などに左右される。スキャルピングトレードでは特に重要。
スワップポイントの高さ2つの通貨を取引するときに発生する金利差分のこと。スイングトレードで特に重要。
日本語対応度海外のFX業者を使う場合は重要。日本語対応を謳っておきながら自動翻訳レベルの読みづらい日本語しかないという場合は要注意。日本語問い合わせに対応していればなおよし。

海外FX業者の「Gemforex」はレバレッジが1000倍な上に、低いスプレッド、高い約定力(0.78秒以内に99.79%の約定率)、極めて優秀な日本語対応(日本語メール返信あり)と様々な面で優秀です。

特に日本語対応レベルは非常に高いので、初めて海外業者を使う際にはGemforexがおすすめです。

まとめ

初心者の方はリスクを恐れてレバレッジを低くしすぎたり、逆にリスクを知らなすぎて高くしすぎたりして利益を逃したり損失を被ったりすることがありますが、今回の指針をもとに取引すれば、そのようなケースは大幅に減らせるでしょう。

これでFXについてはだいぶ詳しくなれたはずですので、早速口座を開設してみてください。

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です