海外FXレバレッジには制限があるの?レバレッジにおける法的規制をチェック

海外FXレバレッジの制限や規制

取引やサービスを行う際に気を付けておかなければならないのは、制限や規制です。

制限や規制があると、積極的な取引や思いきったチャレンジができないからです。

海外FXレバレッジにもなんらかの制限や規制があるのでしょうか?

そこで今回は、

  • 海外FXレバレッジには制限はあるのか
  • レバレッジにおける法的規制はあるのか

を解説していきますので、これから海外FX取引を始めようと思ってる方は参考にしてください。

海外FXレバレッジは厳密には無制限じゃない

海外FXレバレッジには制限があるの?レバレッジにおける法的規制をチェック

海外FXの持ち味といえば、レバレッジに制限や規制がなく自由な取引ができることですよね。

確かにレバレッジにフォーカスしてみると、海外FXは500倍~1000倍が当たり前の世界であり、国内FXの上限25倍と比べれば、実質的に上限がないのと同じ状態です。

またそれ以外の面においても自由が多いのが海外FXの特徴といえましょう。

しかし、実は海外FXといえど完全に無制限というわけではありません。

海外FXレバレッジにもほとんどの業者で制限や規制が設けられています

例えば、証拠金4億円で3000倍のトレードがしたいと申請したら、間違いなく断られるでしょう。

なぜなら、億単位に及ぶ利益を連発されたら、さすがのFX業者も対応できないからです。

海外FX業者もありえない規模の取引額や利益を連続して提供することはできず、取引がその領域に達した場合には規制が掛けられます。

例外的にどんな状況でもレバレッジ制限を設けない業者もありますが、それはごく稀であり、基本的にはどの業者も必要に応じて規制を掛ける場合があることを覚えておいてください。

レバレッジ制限がかかる場合

レバレッジ制限がかかる場合①雇用統計などの経済指標発表時

海外FXレバレッジで制限がかかるのは、相場に大きな影響を与える状況が生じた場合です。

例えば、経済指標発表はそのタイミングの一つになります。

経済指標は雇用統計や物価指数など一定期間ごとに発表される経済状況を示すデータのことですが、このような経済指標はFX相場を一方向に動かす可能性があるなど影響が大きく、FX業者も注目しています。

例えば、米国で雇用情勢が上向きになり失業率が改善されたという指標が発表されると、米国での消費や投資が活発になり、ドル高になると予想されます。

そうするとFX市場のトレーダーだちはその予測に基づき、ドル高を前提としたトレードを行おうとするでしょう。

具体的には、ドルに対する買い注文から入り、相場が上昇したところで売って決済するという手法です。

ドル高基調が予想されるわけですから、このようなトレードが主流になるのは当然です。

しかしこのようにして全てのトレーダーが同じ方向に向かって取引を行うと、相場が過熱してしまうので、FX業者はレバレッジ規制を掛けることで市場を安定化させようとします

特に、ハイレバレッジ取引を何度も繰り返すような大口トレーダーがいた場合には、そのトレーダーに対して重点的に規制が掛かる可能性があります。

といった具合に、経済指標の発表をきっかけに相場が一方向に向かって進み加熱しそうになったとき、FX業者はレバレッジ制限を掛けることがあります。

規制のかかり方はトレーダーによって異なりますが、人によってはレバレッジ100倍まで規制された人もいるほどです。

またいったん制限がかかると、それが解除されるまでに半年~一年かかる場合もあります。

従って、経済指標発表時の海外FXレバレッジは要注意です。対策としては、高レバレッジ取引をやり過ぎないようにすることです。

レバレッジ制限がかかる場合②大統領選などの政治情勢の変化

海外FXレバレッジには制限があるの?レバレッジにおける法的規制をチェック

海外FXにおけるレバレッジ規制は、経済指標発表時だけで起こるとは限りません。大統領選や国民投票など、政治情勢の変化を受けて制限が発動される場合もあります。

政治情勢と海外FXレバレッジに何の関係があるのかと思われるかもしれませんが、実は大ありです。

というのは、政治と金融市場には密接な繋がりがあり、大国における大統領選や国民投票などの事案は、FX相場を動かすほどの大きな影響を持っているからです。

そしてその影響による弊害を回避するため、各FX業者はレバレッジ規制を行います。

近年の事例では、2016年の英国のEU離脱を巡る国民投票が行われた際に、FX各社は一斉にレバレッジ制限を行いました。

フランス大統領選が行われたときも、ユーロ関連の通貨ペアに規制が掛けられたことは記憶に新しいです。

このように、FX市場や相場に多大な影響を与えうる政治情勢の変化が起きた場合には、海外FXレバレッジに規制や制限が掛かります。

経済指標発表の時と同じで、相場が動くこと自体は自由市場において正常なことですが、その振れ幅が大きすぎると相場が過熱して市場が混乱してしまうので、それを防ぐために各社は一時的にレバレッジ制限を掛けています。

もちろん、急に規制がかかるとトレーダーが混乱するので、FX各社は規制を掛ける前にメールでお知らせしています。

レバレッジ制限がかかる場合③ポジション量が極端に多い場合

海外FXレバレッジには制限があるの?レバレッジにおける法的規制をチェック

レバレッジ規制が行われる要因は経済指標発表や政治情勢の変化などですが、実際の制限の掛け方というのは、FX各社で異なります。

例えば、業者によってはトレーダーのポジション量に応じて制限を掛けるところもあります。

ポジション量とは取引量のことで、1万通貨を取引するとか、10万通貨のポジションを持つといった言葉を目にすることもあると思いますが、この〇〇通貨の部分がポジション量です。

そしてポジション量に応じて制限が掛けられるというのは、言い換えれば取引量に応じて制限幅が決まるということです。

基本的にこのような形でレバレッジ規制が行われる場合、まず最初に、ポジション量が極端に多い人がターゲットになります。

なぜなら、ポジション量が多い人ほど、FX相場に与える影響が大きいからです。

とはいえランダムにというわけにもいかないので、各FX業者は口座残高に応じた最大レバレッジを事前にアナウンスしています。

例えば、口座残高0~50万円なレバレッジは1000倍まで、50~100万円ならレバレッジ800倍まで…といった具合です。

もっとも、これはあくまでも口座残高に応じたレバレッジ制限であり、別の要因によって制限されることもあります。

いずれにしても、海外FXレバレッジではポジション量に応じて制限がかかることを覚えておきましょう。

制限を回避する方法としては、口座残高が増え過ぎた場合に速やかに出金すること、また別口座に資金移動させることです。

海外FXレバレッジにおける法的な規制

海外FXレバレッジには制限があるの?レバレッジにおける法的規制をチェック

海外FXレバレッジの制限については、FX業者による自主的なものだけでなく、各国の金融当局による法的な規制もあります。

例えば、2018年8月には、ESMA(欧州証券市場監督局)が投資家保護の目的でEU内のレバレッジ規制に乗り出しましたが、このことはFXトレーダーの間でも記憶に新しいところです。

ESMAは日本でいう金融庁のような存在で、金融市場全体の調整・監督を担う行政機関ですが、FX取引も監督しています。

このESMAが具体的にどういう規制を行ったかというと、ドル/ユーロなどメジャー通貨ペアやマイナー通貨ペアにおけるレバレッジ制限です。

メジャー通貨ペアでは最大レバレッジ30倍、マイナー通貨ペアでは最大レバレッジ20倍と、それぞれのレバレッジに制限を掛けました。

特徴的なのは、こうした規制が業者による臨時的な措置ではなく、金融当局による法的な規制であることです。従って、規制された内容は恒久的に実施されることになります。

規制は投資家保護が目的であり正当性がありますが、EU域内の業者からは反発が出ています。その中で最も顕著なものは、レバレッジが低すぎるというものです。

これは当然の反発といえるかもしれません。なぜなら、元来、海外FXの醍醐味はレバレッジ制限がないことだとされてきたからです。

それを売りにして業者も集客を行ってきたわけですが、今後はそれができなくなるため不満を示しているというわけです。

いずれにしても、海外FXレバレッジ制限の中には、金融当局による法的な規制もあることを覚えておいてください。

なおEU圏内のFXトレーダーに関しては、ESMAの規制を受けて今後、その多くがレバレッジ制限のないエリアへ移動することが予想されています。

レバレッジ規制は事業者破綻防止の目的も

海外FXレバレッジには制限があるの?レバレッジにおける法的規制をチェック

海外FXレバレッジの制限・規制の目的は、FX業者による相場の安定化と金融当局による市場の機能調整、投資家保護などが挙げられますが、実はこれら以外にも目的があるといわれています。

それは、FX事業者の破綻防止です。FX市場で相場の急変が起こると、多くの投資家が損失を受けることになりますが、実は投資家だけでなく業者自身も損失を抱え込み、破綻や倒産に追い込まれることがあります。

とりわけ「ゼロカットシステム方式」を採用している海外FXでは、顧客が出した口座残高以上の損失を自社で補填するという財務上の無理をしているため、相場の暴落などで一気に倒産に追い込まれる会社が少なくないのです。

もちろん自由競争市場で栄枯盛衰が起きるのは当然ですが、短期間に多くの事業者が次々と破綻するような事態になれば、市場が混乱することはもちろん、当該国における経済的・社会的影響も避けられません。

そこでこうした事態を避けるため、各国の金融当局が事業者破綻防止を目的として、時に必要な規制を掛けているというわけです。

海外FXレバレッジの制限・規制にこうした面があることも、ぜひ知っておいてください。

まとめ

海外FXにはレバレッジの制限や規制がないというイメージがありますが、実際にはそうではありません。

相場に大きな影響を与えうる、次のような場合にはレバレッジ規制が掛かります。

  • 雇用統計や物価指数など経済指標発表時
  • 大統領選など政治情勢の変化
  • ポジション量に応じてのレバレッジ制限
  • 金融当局による法的な規制

トレーダーとしては、どのような場合に規制が掛かるか、規制が掛かった場合にどのように対処したらいいかを常に考えておく必要があります。

また相場やトレード情報だけでなく、政治や経済のニュースをチェックしておくこともおすすめします。

関連記事|海外FXと国内FXの最大レバレッジを比較!FXするなら海外FX口座が断然おすすめ

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です