海外FXで大勝ちたい!海外FX口座で勝率を上げる8つの勝ち方

海外FXで大勝ちたい!海外FXで勝率を上げる8つの勝ち方

FX取引は、闇雲に取り組んでも利益を上げることはできません。

どうしても勝ちたい人は、勝ち方をマスターする必要があります。

FXで勝率を上げて利益を増やしたい人は、これから紹介する勝率を上げる方法を実践してください。

それでは海外FXで勝率を上げる8つの方法をお伝えします

海外FXで勝率を上げる8つの方法
  1. テクニカルの知識を学ぶ
  2. ファンダメンタルを学ぶ
  3. 手法を使い分ける
  4. レバレッジを使い分ける
  5. 損切のロスカットルールを徹底する
  6. 勝率が高いEAを導入する
  7. 勝っている人の真似をする
  8. 上手な負け方を身に付ける

FX勝ち方①テクニカルの知識を学ぶ

FXで安定的に勝つためには、過去から現在までの相場の流れを正しく把握する必要があります。

なぜなら、値動きのパターンを知らなければ、今後どうなるかを予測することができないからです。

ではそのために何をすればいいかというと、ずばり、テクニカルの知識を学ぶことです。

テクニカルとは一般にテクニカル分析と呼ばれるもので、過去の値動きや時間などから将来の価格と相場動向を分析・予測するためのものです。

具体的には、ローソク足、平均足、移動平均線といった指標を用いて行いますが、これらの指標は単に相場の予測に役立つだけでなく、

今後、自分がどのようなトレードをすればいいかの指針を与えてくれる羅針盤ともなります。

FXの世界では、相場がめまぐるしく乱高下したり様々な情報が飛び交うなどして、トレーダーが混乱してしまうことも少なくありません。

そのようなときに状況を正しく分析し、一定の方向性を示してくれるツールがテクニカル分析だと考えてください。

なお、テクニカル分析に使用されるチャートには様々なものがあり、全てをマスターするのは大変です。

しかし、基本的なチャートの知識を知るだけでも成果は違ってきますので、前述したローソク足、平均足、移動平均線のような基本的な指標は、頭に入れておきましょう。

繰り返しになりますが、FXで勝つための第一歩は、相場の流れを正しく把握することです。

そのために欠かせないのがテクニカル分析です。

FX勝ち方②ファンダメンタルを学ぶ

FXで勝率を上げるにはテクニカル分析に加え、ファンダメンタルの知識も必要です。

ファンダメンタルとは、FXを含めた経済全体の情報を収集して分析したり、今後の相場の予測を行う方法のことです。

テクニカル分析がFX相場の値動きだけに着目するのに対し、ファンダメンタルはFX相場に影響を与えうる様々な情報をや傾向を分析するのが特徴的です。

分析対象として代表的なものは、

  • GDP
  • 失業率
  • 消費者物価指数といった経済指標
  • FOMC(米連邦公開市場委員会)
  • 日銀金融政策決定会合のような金融政策
  • 国家元首や財務大臣など要人のコメント

も重要なファクターとして分析します。

このようなファンダメンタル分析を行うことにより、為替相場の中長期的なトレンドを予測できるだけでなく、

経済指標や金融政策の発表時に動く為替相場を利用して為替差益を得ることも可能になり、

トレーダーにとってファンダメンタルを学ぶことは、勝率を高める重要な武器を持つことになります

相場の予測と売買タイミングを教えてくれるツールとして、ぜひ覚えておきましょう。

FX勝ち方③手法を使い分ける

FX取引は、漠然と成り行き任せで行っても効率的に利益を上げることはできません。

なぜなら、FXには相場とトレード期間にマッチした最適な手法があり、それを無視した取引を行っても失敗するだけだからです。

従って勝率を上げたいと思うなら、その時々の相場の状況とトレード期間にマッチする取引手法をマスターしてください。

トレードスタイルは複数ありますが、基本的なものとしては、スキャルピング、デイトレ、スイングの3つがあります。

スキャルピング

スキャルピングは、注文から決済まで数秒~数十秒で行う超短期取引です。

1~5銭程度の値幅をターゲットに、小さな取引を短時間で何回も繰り返します。

瞬間的な判断が要求される上級者向きですが、テクニックを身につければ効用は大きくなり、勝率を高めることもできます。

短期間で稼ぎたい人におすすめのトレードスタイルです。

デイトレ

デイトレは、注文から決済まで数十分~数時間で行う短期取引です。

スキャルピングより長いトレード期間を有しますが、ポジションを翌日に持ち越すことはなく、その日のうちに取引を終了して決済します。

値幅のターゲットは10~50銭、取引回数は1日1~10回程度。

スキャルピングより危険性が少なく中級者向けです。

おすすめは、ファンダメンタル分析が苦手な人、FXを副業でやりたい人。

スイングトレード

スイングは、注文から決済まで数日~数週間に及ぶ中期取引です。

取引回数は1週間に1~2回、ターゲットの値幅は50銭~1円。

ポジション保有期間が長く注文時に戦略を練る余裕があるので、本業で忙しく時間がない人でもFXを楽しむことができます。

その点、スイングは毎日画面に向かえない人向きといえるでしょう。

このように、相場の状況と保有期間に適したトレードスタイルがあり、それを使い分けることで勝率を高めることができます。

どういった手法があるのか、どのスタイルが自分に向いてるのか、トレード前に分析しておくことをおすすめします。

FX勝ち方④レバレッジを使い分ける

レバレッジは少ない資金で大きな金額の取引を可能にする、FXならではの便利な制度です。

レバレッジを用いることで資金効率が良くなり、手持ち資金の少ない人でも莫大な利益を上げることが可能になります。

ただ、一方で恐ろしいデメリットになる場合もあるので、レバレッジは賢く用いて、極力デメリットを小さくしながら、大損するような事態を回避することが肝心です。

そのために何ができるのでしょうか。

重要なポイントは、相場の状況に合わせてレバレッジ倍率を変えることです。

例えば、相場が穏やかなときは0~5倍程度の低レバレッジに設定しておき、大きなトレンドが発生してビッグチャンスが訪れたら、素早く倍率を10倍~に上げていく…このように相場の状況に合わせてレバレッジを使い分ければ、リスク回避を行いながら一方でトレンド相場において大きな値幅を狙いにいくこともでき、トレードが安定して勝率を高めることができます。

レバレッジは一切活用しない、もしくはハイレバ(最大倍率)一辺倒など、どちらかに傾倒するより、相場ごとにレバレッジを使い分けたほうが資金効率も良くなり、利益が上げやすくなることを覚えておいてください。

ちなみにレバレッジの倍率は、国内で1~25倍、海外は1~1000倍程度となっており、レバレッジを使い分ける際の選択肢は、海外のほうが圧倒的に広い状況です。

FX勝ち方⑤損切のロスカットルールを徹底する

FX口座には、強制的にポジションが決済されるロスカットルールがあらかじめ備わっており、取引で生じた損失が一定水準に達した場合、ポジションが強制的に決済される仕組みになっています。

この仕組みによってトレーダーは余分な負けと損失を防ぐことができ、勝率を高めることができますが、全く安心というわけではありません。

なぜなら、業者が設定するロスカットルールは一律的なものであり、個々のトレーダーの取引環境に合わせたものではないからです。

従って、トレーダーは業者の設定とは一線を画し、損切のためのロスカットルールを独自に設定する必要があります。

このことはリスクヘッジの領域ですが、勝率を上げるためにも重要なファクターです。

ぜひ自らの取引環境にマッチした損切のためのロスカットルールを設定し、常に最適な方法でリスクをコントロールできるようにしましょう。

難しく聞こえるかもしれませんが、要は、相場が予想と逆に動いたときに発生する損失を最小限にするため、ポジションを決済するタイミングをあらかじめ自分で決めて、それを実践してほしい…ということです。

具体的には、テクニカル分析やファンダメンタルズ分析の結果、現在のポジションと反対のシグナルが出たときが損切の目安になります。

例えば、買いポジションの最中に売りシグナルが出たとき、もしくは売りポジションの最中に買いシグナルが出たときは、それぞれポジションする理由が消失したことになり、損切の目安になるでしょう。

このように、トレーダーが損切のロスカットルールを自ら設定して徹底することにより、損失を最小限にして勝率を高めることができます。

FX勝ち方⑥勝率が高いEAを導入する

EA(エキスパート・アドバイザー)を使って、FXの自動売買を楽しんでる方もおられるかもしれません。

EAのいいところは、時間がなくて忙しい人やテクニカル分析ができない初心者でも上級者並みの取引ができることです。

しかし、EAの種類は豊富でどれも同じではないので、よく選んで導入しないとメリットは得られません。

じゃあどうすればいいかというと、EAを導入する前にスペックを確認して、なるべく勝率の高いものを入れることです。

EAの勝率とは、そのEAを用いて過去のレートで取引した場合の成績のことで、クオリティを見極める重要なポイントになります。

ソフトの購入サイトなどで勝率は表示されているので、購入前に必ず確認してください。

勝率に対する判断の仕方は、勝率が高ければ利益が出やすい、勝率が低ければ利益が出にくい、と考えることができます。

基本的にはこのような判断で勝率の高いEAを導入することが大事です。

ただし、勝率が極端に高すぎるものは逆に避けるようにしてください。

なぜなら、勝率が高すぎるEAは取引回数が少ない、一つのポジションだけを長期間保有しているなど、データとして参考にならない場合が多いからです。

適切な勝率の目安としては、40%~70%です。

FX勝ち方⑦勝っている人の真似をする

FX取引で安定した勝率を上げていくには、どんな局面でも常に確率の高い方法を選ぶことが重要です。

具体的には、相場の動きやトレンドにマッチした最適な手法を駆使することですが、この方法を実践し続けることで自然に勝率も上がっていきます。

確率の高い方法を選ぶ上で最も手っ取り早い方法は、勝っている人のやり方を真似することです。

FXは結果が全てなので、自分の好みに合うスタイルより、現実に実績を出している方法で取引したほうが、勝率が上がりやすくなります。

その方法こそが、勝っている人の真似をするということです。

人の真似をするのはプライドが許さないと思う人もいるかもしれませんが、勝率を上げることを徹底させたいと考える場合は、余分なプライドを捨てて素直に勝者の戦い方を模範にするほうが賢明です。

従って、ブログやTwitter、2chの体験談などをチェックして、現在も勝ち続けているFX専業トレーダーが発信するトレードスタイルやテクニックについて学びましょう。

実績のある人の多くも過去においては人から学んで成長したというケースも少なくなく、真似することは決して恥じではありません。

FX勝ち方⑧上手な負け方を身に付ける

FXは勝ち続けることが理想ですが、実際には誰もが負けを経験することになります。

プロでも永遠に勝ち続けることはなく、必ずどこかで負けるものです。

しかし、負けたときの損失を最小限に抑えられるかどうかで、大きな差が出てきます。

抑えられなかった人は損失を余分に拡大させてしまい、抑えられた人は出血を最小限に留めることができ、トータルでの利益と勝率を高めることができます。

従ってFXにおいては、上手な負け方を身に付けることも重要です。

上手な負け方をして損失を最小限にすることで、利益を大きくして勝率を上げられるからです。

具体的にどのような方法があるかというと、あらかじめ損失の許容範囲を明確に定めておき、それを徹底して守ることです。

例えば、総資産が〇%を割ったら損切、レートがここまで下がったら損切り、エントリーの理由がなくなったら損切…といった具合にトレード開始前に損切ラインを明確に決めておき、それを断固として守ります。

このようにすれば、相場が悪化したとき損失の余分な拡大を回避して上手な負け方をすることができ、トータルでの利益を大きくして勝率を上げることができます。

事前に設定した損切ラインを厳守すること、それが上手な負け方の極意です。

海外FXで勝率を上げる8つの勝ち方のまとめ

海外FXで勝率を上げる方法8つを紹介させていただきました。

改めてポイントを列挙しておきますので、キーワードだけでも頭に入れておいてください。

感覚として身に付ける部分と、知識として覚える部分の二つがありますが、いずれであっても繰り返しリピートして学習することが大事です。

従って、経験を重ねることも勝率アップの鍵になるでしょう。

関連記事|海外FXで勝つには勉強が大事!おすすめの6つの勉強法

関連記事|海外FXで失敗しない5つの方法と3つの失敗パターン

関連記事|【海外FX両建て必勝法】負けない5つの両建て手法テクニックで利益を上げる

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です