海外FX業者の取引時間は何時?取引時間で気を付けるべきポイント

海外FXの取引時間は!?MT4・MT5の取引時間の設定方法

FXは、平日なら24時間空いた時間で取引できるメリットがあります。

いつでも取引できるのは、FXの対象となる世界の為替市場が、どこかは常にオープンしているからです。

しかし、オープンしている為替市場によって取引量は変わるため、レートの動きにも違いが出てきます。

  • 「海外FXで取引できる時間帯やサマータイムはどうなっている?」
  • 「MT4やMT5の取引時間の設定は?」
  • 「年末年始の取引時間は?」
  • 「週末・祝日の取引時間は?」
  • 「取引時間で気を付けること?」

など、取引時間について気になることは意外とありますよね。

今回は海外FXの取引時間についてと、おすすめの取引時間や注意すべきことなどを解説していきます。

海外FXの取引時間は夏時間(サマータイム)と冬時間がある

日本では馴染みがないですが、海外では欧米を中心に夏時間(サマータイム)を導入しています。

サマータイムとは、日の出時刻が相対的に早い夏の時期に、時計の針を1時間進めて、太陽の出ている時間帯を有効に活用する制度です。

サマータイムを実施している期間は、国によってバラバラです。

以下はFXとも関わりの深い国のサマータイムについてまとめています。

サマータイム実施国サマータイム開始日サマータイム終了日
アメリカ【一部除く】3月の第2日曜午前2時11月の第1日日曜午前2時
EU諸国【一部除く】3月の最終日曜午前1時10月の最終日曜午前1時
オーストラリア10月最終日曜午前2時3月最終日曜午前3時
カナダ3月の第2日曜午前2時11月の第1日日曜午前2時
ニュージランド9月最終日曜午前2時4月第1日曜午前3時
メキシコ3月の第2日曜午前2時11月の第1日日曜午前2時

アメリカやEUの一部では、サマータイムを導入してない州や国もあります。

サマータイムがある国や州と、そうでない国や州を行き来する場合は、時計の針を細かく調整しなければなりません。

また、海外FX業者によってもサマータイムの設定は異なるため、週明けや週末の取引時間を把握しておく必要があります。

GEMFOREXの場合だと、

  • 夏時間:(月曜6時10分―土曜5時50分)
  • 冬時間:(月曜7時10分―土曜6時50分)

となります。

MT4やMT5の取引時間の設定は?

MT4やMT5は、デフォルトだと基本的に欧米の時間が標準になっています。

「MT4・MT5の夏時間や冬時間は、自分で調整しなければいけないの?」と思う人もいるかもしれませんが、夏時間や冬時間には自動的に切り替わるため、トレーダーが何かを設定する必要はありません。

夏時間や冬時間で困るのは、週の取引開始時間や取引終了時間が変わるだけですが、これに関しても、口座を開設している海外FX業者から連絡が届くので、困ることはありません。

ただし、インジケーターを使って“欧米時間”→“日本時間”に変更している人は注意が必要です。

自動的にサマータイムに設定変更する日本時間変更のインジケーターもありますが、手動で夏時間や冬時間に、調整しなければならないインジケーターも多くあります。

夏時間や冬時間の面倒な計算を考えると、欧米時間に慣れておいた方が良いでしょう。

年末年始の取引時間は?

副業トレーダーだと、まとまった休暇にトレードをするという人もたくさんいます。

長期休暇と言えば、年末年始がありますが、この期間中は金融機関も企業も休暇期間になるため、FXトレードはあまり積極的に行なわれていません。

また、国によってはクリスマス前から元旦にかけてクリスマス休暇を設けているところもあります。

年末年始は円安になりやすい特定のパターンも存在します。

年末年始を海外で過ごす日本人が円を外貨に換えるためで、円が売られることで円の価値が下がるからです。

このパターンを利用し、年末年始の円安を狙ったトレード方法もできます。

週末・祝日の取引時間は?

金曜の午後にクローズした為替市場が、次にオープンするのは月曜の午前中です。

土日はどこの海外FX業者でも取引できませんが、世界の為替市場が完全にクローズするわけではありません。

たとえば、中東のバーレーン市場は土日でも市場が動いています。

そのため、金曜の終値が月曜の始値にはならず、月曜の始値が金曜の終値から、大きく乖離するケースも少なくありません。

「金曜日にポジションを決済するのを忘れ、月曜日に大きな含み損を抱えた状態でスタートしてしまった」という状況になる可能性もあります。

その一方で、月曜の午前中に大きくレートが動くことから、このタイミングを狙って取引するトレーダーもいます。

窓開けトレードと呼ばれる手法ですが、金曜と月曜の間に発生したレートの乖離は、元の状態に戻るように動きます。

まとめ

海外FXは、世界各国の為替市場によって成り立っています。

それぞれの市場が相互に影響し合い、通貨レートが作られているわけです。

為替レートに大きな影響を与えるのは、東京市場・ロンドン市場・ニューヨーク市場の3つですが、それ以外にも世界には数多くの市場があります。

FXで勝つためには、3大市場以外の市場の動きも注視しなければなりませんが、初心者がすべての市場の取引時間や、動向を把握するのは難しいところです。

まずは、3大市場の取引時間とレートの動きの関係を覚えておきましょう。

それぞれの市場の取引時間や休場は、各FX業者の公式ホームページにカレンダーが掲載されています。

カレンダーをチェックして、市場の取引時間や休場の状況を把握しましょう。

また、実際の取引では、取引時間によるレートの動きだけでなく、「経済指標発表」によるレートの動きにも注意が必要です。

比較的レートの動きが安定している夕方から夜の初めころでも、経済指標発表が重なってしまうとレートは急激に動きます。

経済指標発表のタイミングもカレンダー等でチェックしておきましょう。

【当サイトおすすめ】GEMFOREXでトレードチャレンジ

GEMFOREXでトレードチャレンジ
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
5,000倍20%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料電話・メール・
ライブチャット

総合評価|★★★★★

アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGEMFOREX。
今なら口座開設でボーナスプレゼントキャンペーン中なので入金しなくてもトレードができます。また、ゼロカットシステムで初心者にも安心して利用できます。最大レバレッジ1000倍
・追証なしのゼロカットシステム・日本語サポートが充実・金融ライセンス所有・入金方法も豊富・初回最低入金額100円・自動売買ソフトを200種類以上・VPSも条件付きで無料提供しているのでおすすめです!クイック口座開設できますのでこの機会にぜひGEMFOREXでお試しトレードしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です