iFOREXのレバレッジを徹底比較!口座タイプ別のレバレッジや取引手法まとめ

iFOREXは、最大で400倍のレバレッジを使ってトレードできる人気海外FX業者です。

1996年に設立した老舗の海外FX業者で、過去から現在にかけて海外FX業者でトップクラスのブローカーとして高い評価を得てきました。

日本人トレーダーにも絶大な支持を得ており、iFOREXでハイレバレッジトレードするトレーダーには「アイフォ戦士」という愛称もあります。

アイフォ戦士として稼ぐためにも、iFOREXのレバレッジの特徴やルール、制限について正しく理解しましょう。

今回はiFOREXのレバレッジについて徹底解説していきます。

iFOREXの口座タイプと最大レバレッジについて

海外FX業者の多くは複数の口座タイプを用意していますが、iFOREXで用意されている口座タイプは通常口座の1種類のみとなっています。

以下の表では、iFOREXの通常口座のレバレッジと基本スペックをまとめています。

通常口座
最大レバレッジ400倍
ドル円のスプレッド0.7pips~
取引手数料無料
最小取引量1000通貨
最大取引量500万通貨
最低入金額1万円
プラットフォームFXnet Viewer

iFOREXの通常口座は最大400倍レバレッジが使えて取引手数料が無料の口座です。

MT4/MT5に非対応で使用するプラットフォームは独自サービスの“FXnet Viewer”です。

最低入金額は1万円と少し高めですが、スプレッドは0.7pips~とかなり狭くなっています。

レバレッジや取引量は平均的ですが、取引コストはかなり小さい業者と言えます。

口座タイプが少ないので口座選びをする必要がなく、シンプルで分かりやすいのもiFOREXが支持されている理由の1つです。

iFOREXのレバレッジ制限・規制のまとめ

iFOREXのレバレッジトレードで気になるのがレバレッジ制限・規制です。

最大400倍レバレッジが魅力のiFOREXですが、状況や取引する金融商品によってはレバレッジが制限されます。

ここからはiFOREXのレバレッジルールについて詳しく見ていきます。

口座残高によるレバレッジ制限はなし

多くの海外FX業者は口座残高によるレバレッジ制限がありますが、iFOREXには口座残高いよるレバレッジ制限がありません。

これは「口座残高○○円以上でレバレッジが○○に制限される」というもので、口座残高によるレバレッジ制限がかかってしまうと必要証拠金が多くなり、証拠金維持率が低下してロスカットにつながるリスクが高まります。

レバレッジ制限がある業者だと口座残高を常に気にする必要がありますが、iFOREXなら口座残高が100万円になっても1000万円になっても制限を気にすることなくハイレバレッジトレードができます。

最大400倍レバレッジが低い!と感じる方もいるかもしれませんが、口座残高が増えると制限がかかってレバレッジが400倍を下回る海外FX業者が多くなることを考慮すると、レバレッジが低い業者とは言えません。

マイナー通貨のレバレッジ制限がある

iFOREXの最大レバレッジは主要通貨におけるレバレッジであり、マイナー通貨になると最大レバレッジに制限がかかります。

以下の表にレバレッジ制限がかかるマイナー通貨と最大レバレッジについて一部紹介します。

通貨ペア最大レバレッジ
ドル/人民元20倍
ユーロ/インドルピー25倍
ドル/チリペソ50倍
ドル/ルーブル50倍
スイス/トルコリラ200倍
トルコリラ/円200倍
ポンド/トルコリラ200倍

このようにマイナー通貨はレバレッジが20倍~200倍に制限されます。

これらの通貨ペアは値動きが大きくハイレバレッジトレードはリスクが高く不向きです。

400倍レバレッジを使って取引するなら、ドル、円、ユーロ、オーストラリアドル、ポンドなど取引量が多い通貨同士のペアを選びましょう。

CFD銘柄のレバレッジ制限がある

iFOREXの口座はFXだけでなくCFDにも対応していますが、銘柄によって最大レバレッジが変わり400倍レバレッジが使える銘柄はありません。

CFD銘柄とレバレッジは次の通りです。

CFDの種類代表銘柄最大レバレッジ
株価指数日経225、ドイツ30、米国30など200倍
株式トヨタ、東芝、Google、ダイムラーなど40倍
ETF日本、原油ファンド、米国エネルギーなど40倍
仮想通貨ビットコイン、リップル、ライトコインなど10倍

CFD銘柄のレバレッジは10~200倍と低めに設定されています。

ただし、CFD銘柄は値動きが大きいため、10~200倍のレバレッジでも十分に大きな利益が狙えます。

iFOREXのレバレッジと他の海外FX業者のレバレッジを比較

以下の表は、iFOREXと他の海外FX業者の最大レバレッジを比較した表です。

口座残高によるレバレッジ制限がある業者についてはレバレッジ制限後の最大レバレッジについても合わせて記載しています。

最大レバレッジ口座残高によるレバレッジ制限制限後のレバレッジ
iFOREX400倍なし400倍
GEMFOREX1000倍200万円以上500倍
XM888倍・200万円以上

・1000万円以上

100~200倍
AXIORY400倍・1000万円以上

・2000万円以上

200~300倍
HOTFOREX1000倍3000万円以上75倍
Tradeview500倍1000万円以上100倍
Miltonmarkets1000倍・10万円以上

・100万円以上

200~500倍

このように口座残高によるレバレッジ制限がかかる前はiFOREXより最大レバレッジが大きい業者がほとんどですが、レバレッジ制限がかかった後はGEMFOREXに次ぐレバレッジの大きさです。

海外FXは大きな利益を得て一気に口座残高が増えることも少なくないため、海外FX業者のレバレッジを比較する場合は口座残高によるレバレッジ比較も重要になります。

iFOREXのレバレッジ確認・設定方法

iFOREXは口座を開設した時点で最大レバレッジが適用されますが、取引する通貨ペアや銘柄の最大レバレッジを確認する方法は次の通りです。

① iFOREXの会員ページにログイン

② 銘柄の注文方法を開いて最大レバレッジを確認

銘柄のところに「1:400」と記載されていれば400倍レバレッジ、「1:200」と記載されていれば200倍レバレッジになります。

実際に使っているレバレッジ(実効レバレッジ)の確認はできないので、使用しているレバレッジについては以下のように手動で求める必要があります。

レバレッジの計算方法は次の通りです。

「レート×取引量÷有効証拠金=レバレッジ」

たとえば、1ドル100円の資金で1万通貨の取引を行っている場合に、有効証拠金が10万円ならレバレッジは「100円×1万通貨÷10万円=10倍」になります。

レバレッジを上げたい場合は1万通貨を10万通貨にすれば10倍→100倍、もしくは有効証拠金が10万円→1万円になると10倍→100倍、このように取引量や有効証拠金を調節してレバレッジを変更します。

iFOREXのレバレッジトレードはロスカットしにくく追証もない

iFOREXのロスカット水準は証拠金維持率0%なので、自分の資金がすべて無くなるまでロスカットしません。

ロスカットの水準は業者によって変わりますが、だいたい証拠金維持率20%~100%に設定されています。

証拠金維持率0%というロスカット水準は他になく、レバレッジトレードにおいてiFOREXはもっともロスカットしにくい業者と言えるでしょう。

さらに追証なしのゼロカットシステムがあるので、ロスカットが間に合わずにマイナス残高になっても借金の返済は必要ありません。

口座残高がマイナスになると自動的にゼロカットシステムが執行されるので、トレーダーがiFOREXに申請する必要がないので戸惑うこともありません。

証拠金ギリギリの取引ができて、なおかつ借金の心配をしなくていいのがiFOREXの最大のメリットと言えます。

iFOREXのレバレッジトレードで注意すること

最大400倍レバレッジが魅力のiFOREXですが、ハイレバレッジトレードを行う場合は以下の2点に注意する必要があります。

それぞれの注意点について解説します。

レバレッジ&スキャルピングができない

iFOREXは、スキャルピングが禁止されているため、ハイレバレッジを使った短期売買ができません。

ちなみに、iFOREXが定義しているスキャルピングとは、「1日10回から数百に及ぶ取引」になります。

1日10以上の取引をするとスキャルピングと見なされますが、短期売買でも10回を超えない取引なら問題ありません。

iFOREXのスキャルピング禁止ルールを知らないトレーダーは多く、ネットの書き込みでもiFOREXでスキャルピングしているトレーダーの書き込みは多数あります。

ペナルティを受けたという声も少ないので、厳しく取り締まっているわけではないものの、公式で禁止されている以上は控えましょう。

レバレッジ&EAを使った自動売買ができない

iFOREXは、ハイレバレッジやスプレッドの狭さなど自動売買に最適な取引環境が揃っていますが、MT4/MT5のプラットフォームが使えないため、EAを使った自動売買ができません。

iFOREXで使用しているプラットフォーム「FXnet Viewer」に関しても、自動売買の機能は搭載されておらず、公式サイトの規約にも自動売買は禁止する旨の記載があります。

レバレッジを使ってEAの自動売買取引がしたい場合は、MT4やMT5に対応している海外FX業者を選びましょう。

iFOREXを裁量取引用の専用口座にして、他の海外FX業者の口座を自動売買口座にするなど口座を使い分けるのもよいでしょう。

iFOREXのレバレッジトレードでおすすめの手法

iFOREXのレバレッジを使ったトレードでおすすめの手法は「デイトレード」です。

デイトレードは1日に数回程度の取引を行い、ポジションを翌日に持ち越さない手法になります。

デイトレードは為替変動の影響を受けにくく、その日で取引を完結させるため寝ている間にレートが大きく変わってしまうこともありません。

ドル円やユーロドルなど、価格の変動が小さい通貨ペアなら400倍のフルレバレッジのデイトレードで大きな利益が狙えます。

ちなみに「アイフォ戦士」と呼ばれるのは、400倍レバレッジ×1日10回未満のスキャルピングを行う人達です。

デイトレードに慣れたら、アイフォ戦士のようなトレードを行ってみるのもよいでしょう。

iFOREXのレバレッジまとめ

iFOREXのレバレッジについて紹介してきましたが、最大400倍のレバレッジが使えて口座残高によるレバレッジ制限がないのは魅力です。

スキャルピングや自動売買などが禁止されているという弱点はあるものの、狭いスプレッドやロスカットしにくいなど、ハイレバレッジを使ったトレード環境が充実しています。

通貨ペアやCFD銘柄によってはレバレッジ制限がかかるので、レバレッジの制限に注意して取引をしましょう。

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です