海外FX口座のハイレバレッジとは!?ハイレバレッジの注意点とメリットデメリット

ハイレバレッジの魅力とは!?海外FXのハイレバレッジの危険性やデメリットも徹底解説

海外FXの最大の魅力はレバレッジの高さです。

ハイレバレッジで大きなリターンを狙えるのが海外FXの強みですが、ハイリターンと聞けばイコールでハイリスクをイメージするのではないでしょうか?

この記事では、ハイレバレッジ勝負が魅力の海外FXは危険なのか?どんな危険性やデメリットがあるのかに迫っていきます。

海外FXのハイレバ勝負は、ハイリターンが狙えるのに実は国内FXよりもずっと安全にチャレンジできるということが理解できるでしょう。

ハイレバレッジとは!?

ハイレバレッジとは、実際の資産でよりもずっと高い金額の取引ができることを意味します。

そもそも『レバレッジ』とは「てこの原理」を指す言葉です。

軽い力で大きくて重たい石を動かせるように、少ない資金で大きな金額の取引ができるのが投資におけるレバレッジで、この倍率が高い取引を『ハイレバレッジ』と呼びます。

2019年4月現在、日本国内のレバレッジは最大25倍までに規制されています。

2010年以前は数100倍のレバレッジが認められていましたが、ハイレバ勝負で多額の借金を負ったトレーダーが増えて社会問題になり、金融庁の規制を受けてしまいました。

2010年以前の取引経験があるトレーダーにとっては、国内FXのフルレバレッジである25倍の勝負でも「これくらいではハイレバレッジとは呼べない」と感じているでしょうね。

海外FXでは、レバレッジの規制がありません。

つまり「レバレッジは無限大」ということになります。

わかりやすく例をあげてみましょう。

1ドル110円の場合に1万通貨の取引をすると仮定します。

レバレッジドル円(110円)
25倍44,000円
50倍22,000円
100倍11,000円
200倍5,500円
400倍2,750円
800倍1,375円
1000倍1,100円

左がレバレッジ、右が1万通貨の必要証拠金です。

国内FXではフルレバレッジで25倍なので、1万通貨の取引に44,000円の証拠金が必要です。

では、海外FX業者の中でもレバレッジが高いことで有名なGemForexだとどうなるでしょうか?

GemForexの最大レバレッジは1000倍ですから、1万通貨の取引に必要な証拠金はたったの1100円になります。

これがハイレバレッジの威力です。

レバレッジが高ければ高いほど少ない資産で高額の勝負が挑めるようになり、同じ資産でも高額のリターンが期待できるのです。

ハイレバレッジのメリットとは?魅力的な3つの理由

ハイレバレッジの取引には3つのメリットがあります。

・少ない元手で一攫千金が狙える
・短時間で数十倍にできる
・少ない資金で色んな通貨に分散投資できる

では、それぞれのメリットについて詳しくみていきましょう。

少ない元手で一攫千金が狙える

ハイレバレッジの取引では、元手となる資金が少なくても一攫千金が狙えます。

FXでは「何枚のポジションをもっているか?」が儲けにつながります。

つまり、レバレッジが高い海外FXでは、同じ資産でも多くのポジションを持つことができるので、少ない元手で一攫千金が狙えます。

たとえば、あなたの手元に10万円あるとします。

国内FXではフルレバレッジで25倍ですから、ドル円で2万通貨弱のポジションとなります。

これが海外FXだと次のようになります。

・400倍だと25万通貨
・1000倍だと62万通貨以上

2万<25万<62万…これだけポジションに差が出るのですから、リターンにも大きな差が生じます。

仮に1通貨0.1円の利益が発生したとすれば、2万通貨で2,000円、25万通貨で25,000円、62万通貨で62,000円の増資になるわけです。

同じ資産で手にする利益が2,000円と62,000円という差が出るのですから、一攫千金のチャンスはグッと近くなります。

また、ポジション枚数が多くなるとスワップポイントによる利益も狙うことができます。

スワップポイントとは通貨ペアの金利差調整額のこと。

プラス金利の通貨ペアなら、1日単位でスワップポイントが得られます。

スワップポイントはポジションに応じて付与されるので、同じ資産で大量のポジションが取れる海外FXではスワップポイントだけでもある程度の利益が期待できます。

ただし、マイナス金利の通貨ペアになるとスワップポイントだけでも大きなマイナスになる点には要注意です。

短時間で数十倍にできる

ハイレバレッジで大量のポジションを確保できれば、短時間で資産を数十倍に増やせます。

レバレッジが高くなれば、1通貨あたりの値動きがわずかでも掛け算で資産が増えるのがハイレバレッジ勝負の特徴です。

資産の動きが同じなら、25倍と1000倍では資産が増えるスピードも40倍になります。

国内FXでコツコツと稼ぐよりもはるかに早く、短時間で一攫千金が狙えるということです。

少ない資金で色んな通貨に分散投資ができる

同じ資産額でもハイレバレッジのFX業者なら分散投資が可能です。

FXで安全に資産を運用するためのテクニックのひとつが分散投資。

通貨ペアの差額で利益を得るのがFXですが、対象となる外貨を扱っている国の情勢が安定しているとは限りません。

もし特定の外貨のみ一点買いで勝負をしかけて、対象国に政治的な変動が起きたりすれば、一気にマイナスに転じてしまいます。

FX取引では、必要証拠金を上回るマイナスが発生しそうになった場合にロスカットによって強制決済されますが、大きな値動きがあるとロスカットが正常に作動しないので、リスク回避には分散投資がもっとも安全です。

ところが、分散投資するにはある程度のまとまった資産が必要となります。

ハイレバレッジのFX業者を利用すれば、少額の資金でもそれ以上のポジションを持つことができるので、いろいろな通貨に分散投資できます。

ハイレバで取引するならゼロカットがある海外FX業者を選ぼう

ハイレバレッジで取引をするなら、ゼロカットシステムが採用されている海外FXを選ぶのが利口です。

ハイレバレッジの取引では、実際の資産以上の金額が動きます。

儲けは大きくなりますが、同時に損失も大きくはね返ってくるのです。

場合によっては、ハイレバ勝負を挑んだばかりに証拠金を大きく超える損失を受け、さらに莫大な追証の支払いを求められてゲームオーバーに至るケースもあります。

かといって、低いレバレッジでは安全でも小勝ちしか狙えません。

そこで注目したいのがゼロカットシステムです。

ゼロカットシステムとは、相場の急変動で証拠金を超える損失が発生した場合に、トレーダーの損失をFX業者が肩代わりするシステムです。

このゼロカットシステムがあれば、トレーダーは大きなマイナスの発生を心配することなくハイレバ勝負に挑めるということになります。

ゼロカットシステムを採用しているのは海外FX業者だけです。

国内のFX業者は、金融商品取引法や証券取引法の規制によってトレーダーの損失補填が禁止されているため、基本的にゼロカットを導入できません。

また、国内FX業者はNDD方式であるためトレーダーとは損益相反関係にあります。

つまりは「国内FX業者はトレーダーが負けてこそ利益が得られる」わけですから、莫大なマイナスが発生したとしても当然のように追証を求められます。

反面、海外FX業者はトレーダーと市場を結びつける仲介役でしかありません。

スプレッドによる収益のみに頼っているため、多くのトレーダーに安心してハイレバ勝負を挑んでもらえるようにゼロカットシステムが導入されています。

いまだに「海外FXはハイレバレッジなのでハイリスク・ハイリターン」だと思っているトレーダーが多いようですが、それは大きな間違い。

海外FXなら、ゼロカットシステムがあるので証拠金以上の損失は絶対に生じないのです。

【ゼロカットシステム】ロスカットとゼロカットの違いは!?追証がない借金が残らないゼロカットシステムとは

2019.04.27

海外FX業者でハイレバはどこ?最大レバレッジを比較

海外FX業者なら、国内FX業者と比べるとケタ違いのハイレバレッジ勝負が挑めます。

では、その中でもレバレッジが海外FX業者はどこでしょう?

日本国内でもトレーダーが多い、主要な海外FX業者の最大レバレッジを比較してみました。

海外FX業者最大レバレッジ
Gem Forex1000倍
XM888倍
TITAN FX888倍
Big Boss555倍
LAND FX500倍
FXDD500倍
AXIORY400倍
iFOREX400倍
IFC Markets400倍
Pepper Stone400倍

海外FX業者なら、国内FX業者の16倍に相当する400倍のレバレッジを誇る業者でさえ最大とはいえません。

Gem Forexならなんと最大レバレッジは1000倍!

国内FX業者の40倍ものハイレバ勝負を、ゼロカットシステムという優秀な防衛システム付きで運用できるのです。

ハイレバレッジは危険なの?ハイレバレッジの2つのデメリット

いくら海外FX業者ならゼロカットシステムがあるから安心とはいっても、ハイレバ勝負にはある程度のリスクが伴います。

ハイレバ勝負で気を付けておきたいデメリットは次の2点です。

・熱くなってポジション管理ができなくなる
・強制ロスカットされやすい

では、それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

デメリット①熱くなってポジション管理ができなくなる

ハイレバ勝負では、つい熱くなってしまいポジション管理ができなくなりがちです。

ポジション管理とは、つまり「資金管理」を指します。

FX投資に常勝はありません。

長期運用だって山あり谷ありの世界ですから、自分が思い描いていた値を下回るタイミングが訪れることなんて珍しくありません。

ところが「絶対に負けられない!」と熱くなりすぎてしまうと、つい我を見失ってしまって過剰な買い注文を繰り返したり、わずかな下落にも過敏に反応してすぐに売ったりしてしまいがち。

自分の資産に見合った取引を心がけないと、生活を豊かにするためにやっているFXがいつの間にか生活を圧迫する事態にもなりかねません。

リアルの資産に見合ったポジションを維持しつつ、売り急ぐ必要がない通貨まで手放すことがないように適切なポジション管理に努めましょう。

デメリット②強制ロスカットされやすい

FX取引でトレーダーが厄介だと感じることの一つは、強制ロスカットでしょう。

強制ロスカットとは、損失が一定水準に達した場合、それ以上の損失を避けるために執行される自動決済システムのことです。

平たくいえば、取引が強制終了されてポジションが解除されることで、本来は保護機能ですが、なぜこれが厄介と思われるかというと、相場の反転を狙ってポジションをキープしたい人にとっては、そのチャンスを逸することになり、なおかつ損失だけが残る形になるからです。

そして、海外FXレバレッジは強制ロスカットされやすいというデメリットがあります。

なぜ強制ロスカットされやすいかというと、高レバレッジが特徴の海外FXでは、強制ロスカットが行われる目安の「証拠金維持率」を割り込みやすいからです。

証拠金維持率とは、取引に必要な証拠金に対する現在の口座残高の割合のことですが、この数値が一定水準に達するとロスカットが執行されます。

証拠金維持率の計算式は次の計算式で求められます。

 

証拠金維持率=証拠金の残高÷取引に必要な証拠金×100

 

この計算式から分かるのは、レバレッジが大きければ大きいほど、相場が下落したとき、証拠金維持率も急降下しやすいということです。

なぜなら、海外FXレバレッジの取引では1回当たりの取引額が大きく、相場が逆行したときの損失幅も大きいからです。

そして損失幅が大きいと証拠金残高の減りも早く、あっという間に証拠金維持率が低下してしまいます。

そして証拠金維持率が各社の定めるロスカット水準(証拠金維持率の何%でロスカットするかの基準)に達した時点で強制ロスカットとなり、ポジションは強制的に決済されます。

もっとも、ロスカット水準はFX業者によって異なっており、おおよそ50%~20%が相場ですが、こうした水準に関係なく、海外FXレバレッジでは強制ロスカットのリスクが高いことは間違いありません。

対策としては、なるべく低レバレッジで取引することですが、そうなると海外FXレバレッジの醍醐味が生かせなくなり、一攫千金も狙いにくくなるので、ここが悩みどころです。

いずれにしても海外FXレバレッジのデメリットとして、強制ロスカットされやすい点を覚えておいてください。

ハイレバレッジの注意点はロスカット注文を入れておくこと

ロスカット注文とは、予想に反して相場が逆行し、あらかじめ決めておいた証拠金維持率を下回った場合に自動でロスカットを実行する注文方法のことです。

FX業者によってはストップ注文と呼ぶこともあります。

FXでは、FX業者側が決めた証拠金維持率を下回った場合に強制ロスカットがおこなわれます。

基本的に、FX業者側からの強制ロスカットは「これ以上の損失は業者側の不利になる」として実行されますが、トレーダーからのロスカット注文は「トレーダー自身の資産を守るため」におこなわれます。

ハイレバ勝負では、相場のわずかな変動が巨大な波になって影響するので、大切な資産を守るためにロスカット注文の設定をおすすめします。

ただし、一瞬の相場変動によって注文時と約定時の価格にズレが生じるスリッページが起きると、ハイレバ勝負では思わぬ大きなマイナスが発生することがあります。

ロスカット注文が正常に作動しても、スリッページが起きると多額のマイナスを背負うおそれがあるので、ゼロカットシステムを採用している海外FX業者を利用するのがベストです。

ハイレバレッジでシミュレーション

実際にハイレバ勝負を挑むとどのような動きになるのでしょうか?

ここではFX証拠金シミュレーターを利用して、10万円の元手がハイレバ勝負でどのように増えていくのかシミュレーションしてみます。

まず設定はこちら。

・元手の資産  :100,000円
・通貨ペア   :USD/JPY
・エントリー方法:買い
・レバレッジ  :1000倍
・レート    :111.608(2019年4月29日時点の実際のレート)
・取引数量   :最大
・目標利益   :20pips

まずは1回目の取引。

取引数量は最大で89×10,000通貨です。

海外FX口座のハイレバレッジは危険なの!?ハイレバレッジの注意点とメリットデメリット

いきなり178,000円の利益が発生しました!

続いて、元手の100,000円+利確分178,000円=278,000円を投入してみましょう。

取引数量は最大の249×10,000通貨です。

海外FX口座のハイレバレッジは危険なの!?ハイレバレッジの注意点とメリットデメリット

元手が増えてさらにハイレバ勝負を挑んでいるので利益が498,000円に跳ね上がりましたね。

では、さらに元手278,000円+利確分498,000円=776,000円で勝負してみましょう。

取引数量は最大の695×10,000通貨です。

海外FX口座のハイレバレッジは危険なの!?ハイレバレッジの注意点とメリットデメリット

3回目の取引で1,390,000円の利益になりました。

たった3回の取引だけで100,000円の元手が合計2,166,000に化けましたね。

このシミュレーションでは海外FX業者の中でも特にレバレッジが高いGem Forexを想定しました。

まったく同じ条件で国内FX業者を想定してレバレッジ25倍でシミュレーションしてみた結果、1回の取引で得た利益はたったの4,000円でした。

海外FX口座のハイレバレッジは危険なの!?ハイレバレッジの注意点とメリットデメリット

結局、3回の取引で得られた利益はわずか12,000円。

投資額が同じでも、1回の取引数量はたったの2×10,000通貨ですから、わずかな利益しか手に入りません。

このシミュレーション結果で、ハイレバレッジの威力が十分に伝わったことでしょう。

ポジション管理(資金管理)さえしっかりすればハイレバは怖くない

海外FXレバレッジはハイリスクハイリターンと言われるとおり、一攫千金も狙えますが、その一方でわずかな相場の変動で自己資金を全損させてしまう危険もあります。

なぜ全損の危険が高いかというと、海外FXレバレッジは自己資金に対して取引高が大きいからです。

取引高が大きいと、相場が逆行したときの損失額も大きくなり、結果的に自己資金が飲み込まれてしまいます。

例えば、ドル/円(100円)・レバレッジ1000倍・自己資金10万円・100万通貨のポジションを持ったとしましょう。

 

相場が10pips変動すると10万円の損金が発生 ⇒ 自己資金10万円が一気に全損

 

※1pipsは日本円で1銭=0.01円/ドルで0.01セント=0.0001ドル。従って、10pipsは0.1円。

このように、高レバレッジを掛けて自己資金一杯にポジションを持つと、相場が急落した場合に資金が一気になくなってしまう可能性があります。

ハイレバ勝負を安全に進めるポイントはしっかりとポジション管理することです。

同じ資産で多くのポジションを持てるハイレバ勝負では、相場のわずかな変動で大きな利益を得られることがある一方で、資産を一気に目減りさせてしまうこともあります。

負けが続いてしまうと、つい熱くなって多くの資金を投入しがちですが、これは明らかに「ポジション管理ができていない状態」だといえます。

また緻密にトレードルールを設けて、常に適切な量のポジションを保有することを心がけましょう

・ロスカット注文を入れておく
・資産に見合わないポジションを持とうとしない

この2点を守ってポジション管理を徹底すれば、ハイレバ勝負も怖くはありませんよ。

まとめ

少ない資産でも多くのポジションを持てるのがハイレバレッジの魅力です。

業界トップクラスの1000倍を誇るGem Forexをはじめとした海外FX業者なら、国内FX業者とは比較にならないハイレバレッジでの運用が可能。

わずかな資産でも多くのポジションを持つことで増資をスピードアップできます。

「ハイレバはハイリスク」というのは国内FX業者に限ったお話で、ゼロカットシステムが採用されている海外FX業者なら安全にハイレバレッジ勝負を挑むことができます。

ぜひみなさんも海外FX業者を利用してハイレバ勝負でビッグチャンスを狙いましょう!

関連記事|【ゼロカットシステム】ロスカットとゼロカットの違いは!?追証がない借金が残らないゼロカットシステムとは

関連記事|【ロスカット】海外FXの強制ロスカットとは!?マージンコールとの違い

関連記事|フルレバとは?危険なフルレバレッジのトレード手法とハイレバレッジとの違い

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です