GEMFOREXのスプレッドの特徴を口座ごとに徹底解説

GEMFOREXのスプレッドの特徴を口座ごとに徹底解説

GEMFOREXは、ゼロカットの最大1000倍レバレッジや、EAの無料使い放題などが有名な海外FX業者です。

また、GEMFOREXは約定力の高さに力を入れている業者で、他の海外FX業者と違ってスプレッドの狭さを売りにしていません。

スプレッド競争に参加せず、高い約定力やその他のサービスで勝負するスタンスです。

「GEMFOREXのスプレッドが他の業者とどれくらい違うのか?」と、気になる人も多いでしょう。

スプレッド競争に参加してないからと言って、スプレッドが広いわけではありません。

そこで今回は、GEMFOREXのスプレッドについて解説します。

そもそもスプレッドとは?

スプレッドとは、買値と売値の差です。

取引画面を見ると分かりますが、買値と売値は異なっています。

たとえば、円とドルの通貨ペアにおいて

  • 売値が109.92円
  • 買値が109.91円

だった場合、スプレッドは[109.92円-109.91円=0.01円(1pips)]になります。

91円で買いポジションを保有すると自動的に-1pipsになり、109.92円で売りポジションを保有しても自動的に-1pipsになるわけです。

どちらのポジションを保有しても、注文した時点で一定の含み損が生じます。

それでは、この-1pipsの損失はどこに消えてしまうのでしょうか?

答えは、FX業者の利益です。

FXでは、取引手数料を取る業者はほとんどありません。

スプレッドは会社運営のために必要な収入源になっています。

1pipsと聞くと、非常に小さな数値に感じるかもしれません。

しかし、ハイレバレッジを効かせて取引を行なう海外FX業者だと、レバレッジに応じて同じ1pipsでも動く資金は大きく異なります。

たとえば、

  • 通貨ペア:1ドル100円
  • 資金:10万円
  • 取引量:1000通貨

だと、1pipsで動くお金は10円です。

しかし、レバレッジ1000倍を使って取引量を1000通貨から100万通貨に増やすと、

1pipsで動くお金は1万円になります。

海外FXはハイレバレッジ×スキャルピングが主流なので、トレーダーが取引をどんどん行うと、海外FX業者も効率的に利益が増えるシステムです。

海外FX業者がスキャルピングを許容しているのも、取引回数を増やしてスプレッドの利益を増やすためです。

また、毎日付加されるスワップポイントからも、手数料として一部が差し引かれています。

スイングトレードや長期トレードだと、スプレッドの回収が少なくなるため、スワップポイントから回収する手数料の方が大きくなるわけです。

GEMFOREXのスプレッドは口座ごとに異なる

GEMFOREXには、

  • オールインワン口座
  • ノースプレッド口座

の2タイプの口座が用意されています。

それぞれの口座ごとにスプレッドは異なるのが特徴です。

“オールインワン口座”というのは、他の海外FX業者の“スタンダード口座”と同じタイプの口座になります。

スプレッドはやや広めに設定されていますが、利用制限が少ない特徴があります。

“ノースプレッド口座”というのは、スプレッドの狭さに特化した口座です。

スプレッドが少々広くても取引手数料0円が良いという人はオールインワン口座、取引手数料がかかってもスプレッドが狭い方が良いという人は、ノースプレッド口座がおすすめです。

それでは、GEMFOREXのノースプレッド口座とオールインワン口座の最小スプレッドを比較してみましょう。

EUD/USDGBP/USDUSD/JPYGBP/JPYEUR/AUD
ノースプレッド口座1.21.51.21.92.3
オールインワン口座0.00.80.01.01.5

ノースプレッド口座とオールインワン口座では、スプレッドに大きな違いがあることが分かります。

特にユーロとドルの通貨ペアでは、口座の名前の通り0スプレッドを実現しています。

これだけ見ると、ノースプレッド口座を利用するメリットの方が大きいように感じますね。

それでは、ノースプレッド口座とオールインワン口座にはどのような違いがあるのでしょうか?

口座タイプオールインワン口座ノースプレッド口座
初期預託金100円30万円
レバレッジ1000倍1000倍
取引手数料0円0円
口座手数料取引をしないと発生取引をしないと発生
通貨単位0.01ロット0.01ロット
予約注文指値、逆指値指値、逆指値
利用制限制限なしEA、ミラートレード不可。

ボーナス対象外

ノースプレッド口座は、スプレッドが狭い代わりに、初期資金が30万円以上必要なことや、EAの自動売買、ミラートレードができない、ボーナスが受け取れないなどのデメリットがあります。

それ以外に、オールインワン口座と大きな違いはありません。

他の海外FX業者も、GEMFOREXのゼロスプレッド口座のような低スプレッドに特化した口座を用意しています。

しかし、GEMFOREXのゼロスプレッド口座と違い、取引手数料がかかるのが普通です。

GEMFOREXのように取引手数料が0円で、低スプレッド口座が使える業者は珍しいと言えるでしょう。

オールインワン口座もゼロスプレッド口座も、口座手数料は基本的に無料です。

しかし、トレードをまったくしてない口座に対しては、どちらも15ドルほどの口座維持手数料がかかります。

口座残高がまったくない場合だと、オールインワン口座もゼロスプレッド口座も、口座手数料は差し引かれないので安心してください。

GEMFOREXのスプレッドの特徴について

スプレッド競争に参加してないGEMFOREXですが、ゼロスプレッド口座ならかなり狭いスプレッド、オールインワン口座でも平均的なスプレッドで取引できます。

他にも、GEMFOREXのスプレッドには、

  • 変動スプレッドを導入している
  • 早朝にスプレッドが広がりやすい
  • 約定力とスプレッドを合わせたトータルコストは低い

などの特徴があります。

ここでは、それぞれの特徴について見ていきましょう。

GEMFOREXのスプレッドは変動制

GEMFOREXを始め、多くの海外FX業者は変動スプレッド制を導入しています。

変動スプレッドだと、状況に応じてスプレッドは変化します。

そのため、スプレッドで海外FX業者を選ぶときは、“最小スプレッド”ではなく、“平均スプレッド”で比較することが大切です。

たとえば、GEMFOREXのゼロスプレッド口座において「EUD/USD」の最小スプレッドは0でしたが、平均スプレッドは0.3になっています。

いつでもスプレッド0で取引できるのではなく、0.3pipsくらいのスプレッドは平均的に必要になるわけです。

最小スプレッドが0だとスプレッドがかからないと思ってしまいがちですが、実際にはスプレッドがかかります。

中には最小スプレッドを0と記載し、実際のスプレッドを広く取っている悪質な業者もいます。

刻々と変化するスプレッドが、一瞬でも0になれば最小スプレッド0が嘘ではなくなるわけですから、スプレッドにこだわるトレーダーを獲得するために“スプレッド0”は海外FX業者の良い宣伝になります。

最小スプレッド0に惑わされないようにしましょう。

GEMFOREXのように。

平均スプレッドをきちんと記載している海外FX業者なら安心です。

早朝にスプレッドが広がりやすい

変動スプレッド制を導入しているGEMFOREXでは、1日の中でもスプレッドは大きく変化します。

スプレッドの変化を注意深く見ていると、早朝の時間帯にスプレッドが広がることに気付くはずです。

他の海外FX業者も同様ですが、早朝はスプレッドが広がりやすい時間帯となります。

これは、世界三大市場と呼ばれる「ニューヨーク市場」、「日本市場」、「ロンドン市場」がいずれも閉まっているためで、取引量が他の時間帯に比べて大きく減るためです。

スプレッドが狭い=レートの動きが大きいという関係があるため、早朝の取引はできるだけ避けた方が良いでしょう。

他にも、

  • 経済指標発表前後
  • 戦争や自然災害
  • 大企業の倒産

が起こると、市場が不安定になってスプレッドが広がります。

約定力とスプレッドを合わせたトータルコストは低い

GEMFOREXのオールインワン口座は、平均的なスプレッドで設定されています。

スプレッドだけの狭さで見ると、物足りなさを感じるかもしれません。

しかし、実際の取引ではスプレッドだけでなく、スリッページによる損失も合わせて取引コストと考えます。

スリッページは、注文したレートと違うレートで約定する現象です。

たとえば、1ドル101.10円の通貨を購入したとします。

1ドル101.20円になったタイミングで売却しようとして、実際に売却したレートが1ドル101.15円だと、0.05円(5pips)のスリッページが発生したことになります。

スプレッドが0pipsでも、5pipsのコストがかかったと考えられるわけです。

スリッページの発生頻度は、約定率が目安になります。

約定率が90%なら100回の注文のうち、10回はスリッページが発生したと考えられます。

低スプレッドを謳っている業者に限って、約定率は低くなっているものです。

しかし、GEMFOREXは99%を超える約定率を実現し、スリッページがほとんど起こりません。

スリッページの見えないコストがかからないため、スプレッドとスリッページを合わせたトータルコストはかなり低くなります。

GEMFOREXのスプレッドのまとめ

GEMFOREXのスプレッドは、オールインワン口座なら1pips~、ノースプレッド口座だと0pips~になります。

スプレッド重視ならノースプレッド口座が良いですが、自動売買取引やミラートレードがしたい人や、少ない資金から始めたい人はオールインワン口座が良いでしょう。

また、オールインワン口座もノースプレッド口座も、高い約定力で取引できます。

GEMFOREXなら、見えないコストを気にすることなく、スプレッドのみのコストでトレード可能です。

関連記事|GEMFOREXの口座開設に必要な書類や手順は!?口座タイプも徹底解説

関連記事|GEMFOREXの新規口座開設ボーナス&入金ボーナスを徹底解説!ボーナスの種類と注意点

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です