GEMFOREXのスキャルピングを理解して安全に稼ぐ手法

GEMFOREXのスキャルピングを理解して安全に稼ぐ手法

この記事のまとめ

海外FX業者GEMFOREXのスキャルピングを徹底解説しています。

海外FX歴10年以上の筆者が、GEMFOREXのスキャルピングの特徴や注意点、コツなどを解説しています。

スキャルピングにおすすめの口座も紹介!

GEMFOREXはスキャルピングで人気の海外FX業者の1つです。

スキャルピングは短期間で効率よく利益を増やせるトレード手法ですが、禁止パターンや注意点もあります。

こんどう
GEMFOREXでスキャルピングを行うにあたり、安全に稼ぐためのコツやポイントをまとめています。

スキャルピングとは?

スキャルピングとは、数秒から数分間隔で取引を繰り返して小さな利益を積み上げる手法。

取引手法には1日間隔で取引を行うデイトレードや数週間間隔で取引を行うスイングトレードがありますが、これらに比べると取引頻度は多く取引1回あたりの利幅や損失幅は小さい特徴があります。

レバレッジで取引量を増やせば小さな値幅でも大きな利益が狙えることから、ハイレバレッジとスキャルピングは相性がよく海外FXトレーダーに人気の手法です。

国内FX業者の中にはスキャルピングを禁止しているところもあるので、スキャルピング目当てに海外FXを始めるトレーダーも少なくありません。

GEMFOREXでスキャルピングはOK!

GEMFOREXはスキャルピングOKの業者です。

ここでは、GEMFOREXのスキャルピングの特徴を紹介します。

公式にスキャルピングを認めているので安心

GEMFOREXはスキャルピングができる業者です。

公式サイトのQ&Aでも以下のように言及しています。

Q.スキャルピングは認めていますか?
A. はい、特に制限は設けておりません。

出典:GEMFOREXのよくある質問(FAQ)

公式に認められているので安心してスキャルピングができます。

1000倍レバレッジと狭いスプレッドでスキャルピングとの相性が抜群

GEMFOREXでは、最大1000倍のレバレッジを使ってトレードができます。

仮に1000円の資金で取引を始めるなら、最大レバレッジを使って100万円分の取引ができます。

またスキャルピングは取引回数が多くなるので取引コストの安さが重要になります。

GEMFOREXは業界トップクラスのスプレッドの狭さです。

スプレッドは、オールインワン口座なら1.2pips~、ノースプレッド口座なら0.3pips~でどちらの口座タイプも取引手数料はかかりません。

GEMFOREXの取引環境はスキャルピングに最適です。

ボーナスを元手にスキャルピングを始められる

GEMFOREXでは、口座開設するだけで1万円から3万円のボーナスがもらえるキャンペーンを行っています。

このボーナスは未入金ボーナスと呼ばれており、ボーナスを元手にして未入金でも取引を始められます。

GEMFOREXでは、このボーナスを使ってスキャルピングを始められます。

練習用にボーナスを使うのもよし、それで利益が出たら出金することも可能です。

GEMFOREXのスキャルピングで口座凍結はあるのか?

GEMFOREXでは、スキャルピングで口座凍結することがあります。

通常の取引なら問題ないですが、禁止されているスキャルピングを行うとペナルティとして口座凍結されます。

サポートに連絡すると再び口座が使えるようになることもありますが、悪質性が高い場合はそのまま口座解約になります。

出金できなくなることもあります。

GEMFOREXのスキャルピング禁止パターン

GEMFOREXで口座凍結の可能性があるスキャルピングの禁止パターンを紹介します。

事前連絡なしで大きいロット数でスキャルピングを行った

GEMFOREXはスキャルピングについて顧客に以下のようなお願いをしています。

短期間(5分間を目安)に往復合計10LOT以上での連続した取引を行われる可能性がある場合は、事前にご連絡を頂きますようお願い申し上げます

出典:GEMFOREXのガイドライン

大ロットでスキャルピング(5分間に10LOT以上)を行う場合は事前連絡が必要です。

これはサーバーに負荷がかかり、他の顧客の取引に影響が出ないための措置になります。

悪質性は高くないので口座凍結も一時的になる場合が多いですが、口座が使えなくなることでチャンスを逃してしまう可能性があります。

事前に連絡を入れておけば問題ないので、大ロットのスキャルピングを行う場合はサポートへの連絡を忘れないようにしましょう。

相場変動時のみを狙ってスキャルピングを行った

GEMFOREXはガイドラインで以下のようなルールを設けています。

経済指標時やアメリカ雇用統計発表時のみを狙ったトレードも禁止し、平均的なトレードをお願いしております。

出典:GEMFOREXのガイドライン

レートが大きく動くタイミングのみを狙った取引を禁止しています。

このようなタイミングはスキャルピングで大きな利益を得られるチャンスなので、規約違反にならないように平均的なトレードを行いましょう。

1度や2度なら一時的な口座凍結の措置で済みますが、何度も繰り返していると口座解約や出金拒否などの措置が取られる可能性があります。

レイテンシーを悪用したスキャルピング

GEMFOREXはスキャルピングについて以下のようなルールを設けています。

当社ではレイテンシートレーディング(レイテンシーアービトラージ)に該当する取引につきましては禁止行為とさせて頂きます。

出典:GEMFOREXのガイドライン

レイテンシーとはサーバーの遅延のことです。

注文を入れてから約定するまでには、海外FX業者のサーバーからインターバンク市場のサーバーを経由します。

この間に価格が変わる場合がありますが、このレイテンシーを悪用してスキャルピングで利益を上げることを「レイテンシートレーディング」と言います。

ただし、通常のスキャルピングを行う分にはまったく問題ありません。

レイテンシートレーディングは専用のシステムを使って行うため、そもそも裁量取引で行うことはできないからです。

自分で専用のシステムを用意してレイテンシートレーディングを行う行為は、悪質性が非常に高いとみなされます。

口座凍結になり、そのまま口座解約になる可能性もあります。

GEMFOREXのスキャルピングで注意すること

GEMFOREXのスキャルピングで注意することはレバレッジ制限と変動スプレッドの2つです。

それぞれ解説していきます。

口座残高200万円以上になるとレバレッジが制限される

GEMFOREXのスキャルピングで1000倍レバレッジを使うトレーダーは多くいます。

1000倍レバレッジでスキャルピングを行う場合、口座残高が200万円を超えると最大レバレッジが500倍に制限されます。

最大レバレッジが半分になると必要証拠金は2倍に増えるため、証拠金ギリギリでスキャルピングを行っているとロスカットされる可能性があります。

口座残高が200万円を超えそうなら事前に出金するか、もしくは証拠金に余裕を持たせるためにポジションを決済して入金するなどの対応が必要です。

スプレッドは変動する

GEMFOREXは変動スプレッドを導入しているため、スプレッドが広がるタイミングもあります。

常に狭いスプレッドでスキャルピングができるわけではありません。

特に以下のタイミングはスプレッドが広がりやすいため注意してください。

  • 早朝
  • 経済指標発表前後
  • 経済イベント、大規模テロ、自然災害の発生時
スプレッドは取引ツールで確認できます。

取引を行う前にチェックし、平常時よりもスプレッドが広がっているときはスキャルピングを控えましょう。

GEMFOREXでスキャルピングするならノースプレッド口座!

GEMFOREXにはオールインワン口座とノースプレッド口座がありますが、本格的にスキャルピングするならノースプレッド口座がおすすめです。

ノースプレッド口座は取引手数料がかからず、USD/JPYやEUR/USDなどの通貨ペアなら0.3pipsのスプレッドで取引ができます。

オールインワン口座のスプレッドが1.2pips~なので、取引1回ごとに約1pipsも得です。

ただし、オールインワン口座が初回入金額100円で各種ボーナスがあるのに対し、ノースプレッド口座は初回入金額30万円でボーナス非対応

少額資金でスキャルピングを始めたい人にノースプレッド口座は不向きです。

海外FX初心者や少額トレーダーは、オールインワン口座でスキャルピングをはじめて、利益が増えて口座残高が30万円を超えたらノースプレッド口座に移行するのがおすすめです。

GEMFOREXでスキャルピングする手法のコツ

ここでは、GEMFOREXでスキャルピングする手法のコツを紹介します。

USD/JPYで値動きが安定している日中を狙う

GEMFOREXでスキャルピングを始めるならUSD/JPYがおすすめ。

オールインワン口座・ノースプレッド口座ともにスプレッドが狭く、さらにUSD/JPYの価格は日本経済に影響を受けます。

値動きに関する経済ニュースの情報が入りやすく、相場が読みやすいメリットがあります。

特に東京市場がオープンして値動きが安定しやすい9時から17時のタイミングがおすすめ。

値動きが非常に小さい場合は最大1000倍レバレッジを活かし、取引量を増やして小さな値幅でも大きな利益が得られるように調整しましょう。

損切りは2pips以上、利確は4pips以上が目安

GEMFOREXにはストップレベルが設けられています。

USD/JPYやEUR/USDなどの主要通貨ペアだとストップレベルは2pipsになるため、指値・逆指値注文を入れる際は現在よりも2pips以上離して注文しなければなりません。

また1回の損失で大きなダメージを受けないためにも、損切りラインは利確ラインよりも小さく設定する必要があります。

そのため、損切りは2pips以上、利確は損切りの2倍以上(4pips以上)を目安に注文を入れましょう。

大きな値動きを狙うならAUD/USDがおすすめ

大きな値動きを狙ってスキャルピングするならAUD/USDがおすすめ。

通常は値動きが大きな通貨ペアはスプレッドも広い傾向にありますが、GEMFOREXのノースプレッド口座の場合はUSD/JPY・EUR/USDと同じ0.3pips~で取引できます。

値動きが大きいので大きなレバレッジは必要なく、数十倍から数百倍のレバレッジでも十分に利益が出せます。

テクニカル分析でもトレンド相場やレンジ相場の傾向が出やすいため、インジケーターを活用してスキャルピングするトレーダーにもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です