FXGTのレバレッジを徹底比較!口座タイプ別のレバレッジや取引手法まとめ

FXGTは、最大500倍のレバレッジを使ってトレードできる人気海外FX業者です。

FX以外にもCFDや仮想通貨などの金融商品も取り扱いがあり、1つの口座ですべての取引ができるのも魅力の1つになっています。

CFDや仮想通貨を目的に口座開設する人もいるほどです。

FXGTの500倍レバレッジは海外FX業者の中で比較すると平均的ですが、国内FX業者で使える最大25倍レバレッジに比べると十分に大きなレバレッジです。

FXGTで500倍レバレッジを使う場合はレバレッジ制限に注意する必要があります。

また、CFDや仮想通貨におけるレバレッジの違いについても覚えておきましょう。

今回は、FXGTのレバレッジについて徹底解説していきます。

FXGTの口座タイプと最大レバレッジについて

FXGTの口座タイプはスタンダード口座のみとなっています。

以下の表は、FXGTのスタンダード口座の基本スペックと最大レバレッジについてまとめています。

スタンダード口座
最大レバレッジ500倍
プラットフォームMT5
ドル/円のスプレッド1.4pips~
取引手数料無料
最小取引量1000通貨
最低入金額500円~
自動売買MT5用のEAが使える
ロスカットの水準証拠金維持率50%以下
取引できる種類為替、株価指数、個別株式、貴金属・エネルギー、仮想通貨

FXGTのスタンダード口座は取引手数料無料のSTP口座となっていますが、対応しているプラットフォームはMT5のみです。

海外FXで一般的に使用されているMT4に非対応ですが、MT5でもMT4と同じようにハイレバレッジを使ったトレードができます。

またMT5にも自動売買取引ツールがデフォルトで備わっていて、MT5に対応しているEAを利用すれば最大500倍レバレッジの自動売買取引もできます。

MT4に比べてMT5用のEAは少ないと言われていますが、最近はMT5用のEAも増えているので問題なく自動売買が可能です。

FXGTの取引量によるレバレッジ制限と各金融商品のレバレッジ

最大500倍のハイレバレッジトレードができるFXGTですが、状況によって使えるレバレッジが制限される場合もあります。

特に取引量によるレバレッジ制限はこまかく設定されているので、制限がかかる条件や仕組みを覚えておきましょう。

ここでは、金融商品ごとに取引量とレバレッジ制限について紹介していきます。

取引量によるFXのレバレッジ制限

FXGTでFXを行う場合、最大500倍のレバレッジが使えますが、取引量によって以下のようにレバレッジ制限がかかります。

(メジャー通貨ペア)

取引ボリューム使える最大レバレッジ
0~100万500倍
100万~200万200倍
200万~300万100倍
300万~500万50倍
500万以上20倍

 

(クロス通貨ペア)

取引ボリューム使える最大レバレッジ
0~50万500倍
50万~100万200倍
100万~200万100倍
200万~300万50倍
300万以上20倍

 

(エキゾチック通貨ペア)

取引ボリューム使える最大レバレッジ
0~20万500倍
20万~50万200倍
50万~100万100倍
100万~300万50倍
300万以上20倍

FXGTのFX取引では、メジャー通貨・クロス通貨ペア・エキゾチック通貨ペアの3タイプに分かれていますが、それぞれの通貨タイプによって取引量とレバレッジ制限は変わる点に注意しましょう。

メジャー通貨ペアなら100万通貨までレバレッジ500倍で取引できますが、それ以上の取引を行う場合は取引量に応じて使えるレバレッジが下がります。

少ない取引量なら影響ありませんが、大きな取引量で取引を行う場合はレバレッジ制限に注意しましょう。

取引量による貴金属・エネルギーのレバレッジ制限

FXGTでは貴金属やエネルギーのCFD銘柄を取り扱っていますが、使える最大レバレッジは100倍です。

さらに、取引量に応じて以下の表のようにレバレッジ制限がかかります。

取引量使える最大レバレッジ
0~20万100倍
20万~100万50倍
100万~500万30倍
500万~700万20倍
700万以上10倍

銘柄としては、XAUUSD、XAGUSD、NGAS、USOil、UKOilなどがあります。

貴金属・エネルギーの取引では、最大2000万通貨まで保有することができます。

貴金属やエネルギーのレバレッジは他の海外FX業者と比較して大きくないものの、もともとの値動きが大きいため数十倍のレバレッジでも十分です。

取引量による株価指数のレバレッジ制限

FXGTでは株価指数のCFD銘柄を取り扱っていますが、使える最大レバレッジは100倍です。

株価指数も同様に取引量によって以下のようにレバレッジ制限がかかります。

取引量使える最大レバレッジ
0~20万100倍
20万~50万50倍
50万~500万30倍
500万~700万20倍
700万以上10倍

株価指数の銘柄としては、US30、US100、US500、JP225、GER30、UK100、FRA40、AUS200などがあります。

株価指数の取引では、最大1000万通貨まで保有することができます。

貴金属・エネルギーに比べると保有できる通貨量は少ないですが、レバレッジ制限の区分は同じように分けられています。

取引量による個別株式のレバレッジ制限

FXGTでは個別株式の金融商品も取り扱っていますが、使える最大レバレッジは50倍です。

FXGTの金融商品の中では、最大レバレッジが一番低くなっています。

また以下の表ように取引量に応じてレバレッジ制限がかかります。

取引量使える最大レバレッジ
0~30万50倍
30万~500万30倍
500万~700万20倍
700万以上10倍

個別株式の銘柄には、JNJ、WMT、AAPL、ORCL、YNDXなどこれ以外にもいろいろな種類があります。

個別株式の取引では、最大100万通貨まで保有ができます。

最大レバレッジが小さいことや保有できる通貨量が少ないことから大きな取引には向いていませんが、銘柄が多く個別株に興味がある人に人気があります。

取引量による仮想通貨のレバレッジ

FXGTで口座開設する人の中には仮想通貨を目当てにしている人も多く、仮想通貨の取引ではFXと同じ最大500倍レバレッジが使えます。

仮想通貨の取引では以下のようにレバレッジ制限がかかります。

取引量使える最大レバレッジ
0~1万500倍
1万~5万200倍
5万~100万100倍
10万~200万50倍
20万以上20倍

仮想通貨の銘柄には、BTCUSD、BTCJPY、ETHJPY、XRPUSDなどこれ以外にもいろいろな種類があります。

仮想通貨の取引では、最大100万通貨まで保有ができます。

取引量は小さいものの、仮想通貨で500倍レバレッジが使える業者は他に類を見ません。

FXGTは口座残高によるレバレッジ制限がない

FXGTは取引量によるレバレッジ制限が細かくありますが、口座残高によるレバレッジ制限はありません。

口座残高が多くても取引量に気を付けていれば、レバレッジ制限がかかることなく取引ができます。

口座残高で制限がかかる海外FX業者は多いですが、自動売買をしていると知らないうちに利益が増えてレバレッジが引き下げられることも少なくないため、口座残高の管理を常に行う必要が出てきます。

レバレッジの制限により証拠金に余裕がなりロスカットする事例もありますが、取引量によるレバレッジ制限ならトレーダー自身が注意することで防げます。

FXGTのレバレッジ確認・設定方法

FXGTのレバレッジ確認・設定方法はマイページから行うことができます。

以下に大まかな手順を紹介します。

<レバレッジの確認方法>

① FXGTのマイページにログイン

② MT5口座をクリック

③ 口座詳細一覧の中に現在のレバレッジが表示される

<レバレッジの変更設定方法>

① FXGTのマイページにログイン

② MT5口座をクリック

③ 表示されるメニューの中からレバレッジ変更をクリック

④ 5倍・10倍・20倍・50倍・100倍・200倍・500倍の中から変更したいレバレッジを選択

以上がレバレッジの確認や変更、設定方法になります。

最大レバレッジの指定ができるので、大きなレバレッジを使って取引することに不安がある場合は、小さめのレバレッジに変更しておくと安心です。

レバレッジはマイページから何度でも変更できるので、慣れたら少しずつレバレッジを大きくしていくとよいでしょう。

FXGTのレバレッジと他の海外FX業者のレバレッジを比較

ここではFXGTのレバレッジと他の海外FX業者のレバレッジを比較していきます。

FXGTはCFDや仮想通貨の取引も人気の業者なので、これらのレバレッジについても合わせて比較します。

FX

最大レバレッジ

CFD

最大レバレッジ

仮想通貨

最大レバレッジ

レバレッジ制限の有無
FXGT500倍200倍500倍取引量のレバレッジ制限
GEMFOREX1000倍200倍未対応口座残高のレバレッジ制限
XM888倍888倍5倍口座残高のレバレッジ制限
AXIORY400倍100倍未対応口座残高のレバレッジ制限
TITANFX500倍500倍未対応なし
HOTFOREX1000倍200倍10倍取引量・口座残高のレバレッジ制限
Tradeview500倍100倍10倍口座残高のレバレッジ制限

FXGTは、仮想通貨取引のレバレッジの大きさが際立っていますが、FXやCFD取引のレバレッジについては平均的です。

仮想通貨については未対応の海外FX業者も多いですが、仮想通貨取引ができる準備をしている業者も多く、さらに高いレバレッジで取引できる業者が出てくる可能性もあります。

FXGTのレバレッジトレードでおすすめの手法

FXGTのレバレッジトレードでおすすめするのは、500倍レバレッジ×狭いスプレッドを活かしたスキャルピングです。

スキャルピングを容認している業者なので、スキャルピングで口座凍結や出金拒否されるなどのペナルティもなく安心して取引ができます。

ただし、FXGTにはストップレベルがあるので、指値や逆指値を使ってスキャルピングするには使いにくいと感じるかもしれません。

FXGTはCFDや仮想通貨の取引が人気で、特に仮想通貨でハイレバレッジが使える業者は他にありません。

仮想通貨でハイレバレッジを効かせたスキャルピングをするならFXGT一択になります。

FXGTで取引するならFXだけに限定するのではなく、CFDや仮想通貨取引なども合わせて行うことをおすすめします。

FXGTのまとめ

FXGTのレバレッジについて紹介してきましたが、FXのレバレッジやスペックについては平均的です。

取引量に応じてレバレッジ制限がかかり、最終的には最大20倍レバレッジまで制限されるため、大口のトレーダーには物足りないかもしれません。

狭いスプレッドや1000倍レバレッジが使えるGEMFOREXのような業者の方がFXには向いています。

しかし、FXGTのCFDや仮想通貨の銘柄数の多さや使えるレバレッジの大きさは魅力的です。

FXだけでなくCFDや仮想通貨の取引などを考えている人には使いやすい業者と言えます。

現在はスタンダード口座のみとなっていますが、ECN口座リリースの準備を進めているという噂もあるので今後の動向に注目です。

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です