【フルレバ】危険なフルレバレッジとハイレバレッジとの違いは!?フルレバロングとフルレバショートの意味

フルレバとは?フルレバレッジのトレード手法とハイレバレッジとの違い

海外FXは、大きなレバレッジが使える投資として人気です。

海外FXのレバレッジに関するワードには、「フルレバレッジ(フルレバ)」「ハイレバレッジ」などがあります。

レバレッジを使って取引するなら、いずれも知っておきたいワードです。

今回は、フルレバの意味やフルレバを使ったトレード方法を解説します。

フルレバとは?フルレバレッジの意味

フルレバは、最大倍率のレバレッジを示します。

国内FXの場合だと、規制によってレバレッジの上限は25倍になっているので、25倍のレバレッジを使ってトレードするなら、フルレバのトレードになるわけです。

レバレッジの規制がない海外FXだと、使えるレバレッジは海外FX業者によって異なります。

最大レバレッジ1000倍が使える海外FX業者の場合、1000倍のレバレッジがフルレバです。

1000倍のレバレッジが使えるのに、500倍のレバレッジでトレードする場合、使うレバレッジは高いですが、フルレバとは言いません

もちろん、最大レバレッジ500倍の海外FX業者で、500倍のレバレッジを使うなら、フルレバトレードになります。

フルレバロングとは?フルレバロングの意味

FXにおいて、ロングというのは「通貨を買うこと」、「買いポジションを保有すること」を指します。

ロングポジションは、価格が上昇したときに利益が出ます。

たとえば、1ドル110円の通貨ペアをロングした場合、1ドル115円になった時点で決済すると5円の利益が出る計算です。

フルレバロングというのは、ロングポジションを持つときにフルレバを使うことです。

フルレバショートとは?フルレバショートの意味

FXにおいて、ショートというのは「通貨を売ること」、「売りポジションを保有すること」を指します。

ショートポジションは、価格が下がったときに利益が出ます。

たとえば、1ドル110円の通貨ペアをショートした場合、1ドル105円になった時点で決済すると5円の利益が出る計算です。

フルレバショートというのは、ショートポジションを持つときにフルレバを使うことを意味します。

フルレバレッジとハイレバレッジの違い

大きなレバレッジを示す言葉には、「フルレバレッジ」と「ハイレバレッジ」があります。

フルレバレッジは、そのFX業者で使える上限のレバレッジを意味するのに対し、ハイレバレッジは相対的に高いレバレッジを意味する言葉です。

“○○倍以上のレバレッジを使うと、ハイレバレッジになる”という明確なラインはありませんが、一般的には100倍を超えるレバレッジがハイレバレッジと言われるようになります。

たとえば、1000倍レバレッジが上限の海外FX業者Aと、500倍レバレッジが上限の海外FX業者Bがあったとします。

500倍のレバレッジを使ってトレードする場合、海外FX業者Aならハイレバレッジトレード、海外FX業者Bならフルレバトレードになるわけです。

100倍のレバレッジを使ってトレードするなら、海外FX業者Aも海外FX業者Bもハイレバレッジトレードになります。

フルレバレッジがフルレバと言われているように、ハイレバレッジもハイレバと呼ばれることがあります

フルレバでスキャルピングするとどうなる?

海外FXで主流の取引スタイルに「スキャルピング」があります。

スキャルピングは、数秒から数十分単位でポジションを持っては決済し、再びポジションを持って決済することを繰り返すスタイルです。

1回あたりの利益は1pipsから10pipsと小さいですが、レバレッジを使うことで1回あたりの利益を大幅に増やせます。

海外FXはスキャルピングに対してウエルカムなスタンスの業者が多いので、フルレバのスキャルピングも可能です。

フルレバのスキャルピングでは、高すぎるレバレッジの業者だと、ポジションを持った時点でロスカットのリスクが高くなるので注意が必要になります。

ポジションを保有した時点でスプレッドの含み損が1pips~3pipsくらい出ており、レートが5pipsくらい逆行するだけでも、フルレバならロスカットのラインにかかることがあります。

状況によっては1000倍レバレッジを使ってスキャルピングできることもありますが、一般的には100倍~500倍くらいがスキャルピングで使える最大レバレッジの目安です。

そのため、上限が100倍レバレッジの業者ならフルレバでスキャルピングもできますが、1000倍レバレッジの業者なら状況に応じたフルレバのスキャルピングが必要になります。

少額でフルレバした場合の最大ロット数は

フルレバを使うことで、少額の資金でもロット数を増やして大きな利益が狙えます。

少額でフルレバすると、最大ロット数はどうなるのでしょうか。

フルレバと言っても、海外FX業者によって上限レバレッジは異なるため、それぞれの業者によって最大ロット数も変わります。

ここでは、

  • フルレバ1000倍のGEMFOREX
  • フルレバ888倍のXM
  • フルレバ500倍のLAND-FX

を例に、フルレバを使ったときの最大ロット数を見ていきます。

ロットや必要証拠金の計算方法について

フルレバを使った最大ロット数を知るためには、必要証拠金の計算方法を知っておく必要があります。

以下を条件に、必要証拠金を計算しましょう。

  • 1ドル100円
  • 1万取引量
  • 資金=10万円
  • 必要証拠金の計算式=「為替レート×ロット数÷レバレッジ」

この場合、

  • GEMFOREX=1000円
  • XM=1126円
  • LAND-FX=2000円

の証拠金がそれぞれ必要です。

フルレバとロットの関係

フルレバを使った場合、どれくらいのロット数が持てるのか見てみましょう。

1ロット=10万取引量で計算しています。

【1万円の資金で取引する場合】

GEMFOREX10万通貨(1ロット)
XM8.8万通貨(0.88ロット)
LAND-FX5万通貨(0.5ロット)

1ロットだと、

  • 100pipsの値動き=10万円
  • 10pipsの値動き=1万円
  • 1pipsの値動き=1000円

の利益が狙えます。

【5万円の資金で取引する場合】

GEMFOREX50万通貨(5ロット)
XM44.4万通貨(4.4ロット)
LAND-FX25万通貨(2.5ロット)

5ロットだと、

  • 100pipsの値動き=50万円
  • 10pipsの値動き=5万円
  • 1pipsの値動き=5000円

の利益が狙えます。

【10万円の資金で取引する場合】

GEMFOREX100万通貨(10ロット)
XM88万通貨(8.8ロット)
LAND-FX50万通貨(5ロット)

10ロットだと、

  • 100pipsの値動き=100万円
  • 10pipsの値動き=10万円
  • 1pipsの値動き=1万円

の利益が狙えます。

フルレバを使ってトレードすれば、少ない資金でも大きな利益が発生することが分かります。

フルレバのトレードでは、上限レバレッジの大きさでリターンも大きく変わります。

フルレバ1000倍のGEMFOREXと、フルレバ500倍レバレッジのLAND-FXでは、利益が2倍も変わるわけです。

ただし、証拠金ギリギリで取引をすると、レートが逆行したときにロスカットがすぐに起こります。

実際にフルレバトレードするときは、ロット数を調整しながらトレードすることが大事です。

まとめ

海外FXでフルレバを使った場合、少ない資金でも大きなロット数が持てることが分かりました。

1万円の資金でも、フルレバなら短い期間で元手を大きく増やせます。

その一方で、適切な資金管理をしなければ、フルレバのトレードでは資金がいくらあっても足りません。

ロット数が大きい分、ロスカットしやすいことや、一回の損失も大きくなるためです。

フルレバを使ってトレードするなら、追証なしのゼロカットが完備されている海外FX業者を選びましょう。

1000倍レバレッジが使えるGEMFOREXでも、追証なしのゼロカットは完備されているので、1000倍のフルレバを使ってトレードしても借金のリスクはありません。

フルレバトレードは、リスクを管理してトレードすれば、夢のある取引方法です。

関連記事|ハイレバレッジで大きく稼ぎたいならロングよりショート!ハイレバでショートをするときの3つのポイント

関連記事|海外FX口座のハイレバレッジとは!?ハイレバレッジの注意点とメリットデメリット

関連記事|海外FXレバレッジの手法は高レバにはスキャルピング!低レバにはスワップ狙いがおすすめ

関連記事|海外FXの複利運用で成功する手法とは!?ハイレバレッジで爆発的に稼ぐ失敗しないやり方

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です