海外FXボーナスは税金の対象!?ボーナスの節税方法と注意点

海外FXボーナスは税金の対象!?ボーナスの節税方法と注意点

海外FXは、ハイレバレッジや豪華なボーナスを活用して、少額資金でも大きな利益が狙えます。

海外FXをスタートした初年度から100万円、1000万円の利益を出すトレーダーもいますが、経験の多少に関係なく、利益が出たら納税しなければなりません。

「トレードで100万円の利益が出た!」というなら、100万円が課税対象になるのはイメージが湧きます。

しかし、「100万円のボーナスを受け取った」と聞いて、100万円のボーナスが課税対象になるかどうかは気になりますよね。

他にも、「海外FXのボーナスを使って節税できる!」という情報も、ネット上に溢れています。

せっかく節税できるなら、ボーナスを有効活用したいですよね。

今回は、海外FXのボーナスと税金の関係を徹底解説していきます。

海外FXの税金について

ボーナスを活用した節税方法や、ボーナスと税金の関係を理解するためにも、海外FXの基本的な納税ルールを理解しておく必要があります。

「国内FXで確定申告をして納税した!」という経験があっても、海外FXと国内FXでは税金制度が異なるので通用しません。

ここでは、海外FXの税金について知っておきたい基礎知識を紹介します。

納税の方法

海外の税金と言っても、税金の種類は1つではありません。

  • 所得税
  • 県民、市民税

などの税金を支払う必要があります。

税金ではないですが、健康保険料も収入に応じて変化します。

所得税や県民・市民税、健康保険料を決めるのが、「確定申告」です。

確定申告は、前年の1月1日から12月31日の所得に対し、2月の中旬から3月の中旬の間に税務署で手続きを行います。

確定申告で決定した税金を4月から順次納める形になります。

海外FXの課税対象者

海外FXで納税が必要な人の条件は、

  • 給与所得者:年間の所得が20万円以上
  • 給与所得者以外:年間の所得が38万円以上

です。

所得は、「年間の利益-経費」で計算できます。

つまり、年間の利益が100万円を超えていても、80万円以上の経費がかかっていれば、税金を納める必要はありません。

経費は、

  • FX取引にかかるセミナー、書籍費用
  • FX取引にかかるパソコン、タブレット、スマホ代
  • FX取引で使うオフィスデスクやチェア
  • FX取引で使う電気代、通信費用
  • FX取引で使う有料EA、ミラートレード

など、FX取引に関連する費用なら、基本的に経費として計上できます。

スマホ代や電気代などプライベートで使う物に関しては、使用割合によって計上できる費用は異なります。

たとえば、電気代が年間に20万円かかっているとして、全部屋の5分の1のスペースをFX取引スペースに使っているなら、20万円÷5=4万円となり、経費として4万円が計上できるわけです。

国内FXと海外FXの税金の違い

国内FXの税金ルールが海外FXに通用しないのは、税制区分が異なっているためです。

税制区分は以下のようになります。

  • 国内FXは税率が一律20.315%の申告分離課税
  • 海外FXは所得に応じて税率が変化する累進課税

海外FXは儲ければ儲けるほど税率がアップしますが、年間に420万円の所得までなら国内FXより税金は安くなります。

税制区分が異なるため、国内FXと海外FXの損益通算はできません。

たとえば、国内FXと海外FXの口座をそれぞれ保有している場合に、国内FXで100万円の損失、海外FXで100万円の利益が発生したとします。

損益通算できるなら、損益合算させて所得を0にできますが、異なる税制度だと損益通算ができないため、海外FXの100万円の利益に対して確定申告が必要になるわけです。

海外FXのボーナスは課税対象になる?

海外FXのボーナスには、

  • 未入金ボーナス:口座開設時に5000円から3万円のボーナス
  • 入金ボーナス:初回入金時に入金100%から200%のボーナス
  • 友達紹介ボーナス」友達紹介ごとに5000円から3万円のボーナス、もしくは入金100%から200%のボーナス

などがあります。

入金ボーナスは、10万円入金すると、別に10万円のボーナスを受け取れるボーナスで入金額が多いほど、受け取れるボーナスも増える仕組みです。

このように海外FXは、ボーナスだけで数万円から数十万円も受け取れますが、すべて取引の証拠金として使えます。

「受け取ったボーナスは利益になるのか?」、そんな疑問が生まれますが、ボーナスは利益に該当しません。

そもそもボーナスは出金できないルールがあり、海外FX業者の口座でしか使えないお金です。

自分のお金として使えないボーナスが利益になるのはおかしな話しですよね。

お店のポイントカードやマイルなどが、課税対象から外れるのと同じ原理です。

海外FXで節税するためには、非課税のボーナスが役に立ちます。

ボーナスの節税効果

ボーナスがある海外FX業者とボーナスがない海外FX業者では、どれくらい税金に違いがあるのでしょうか?

以下に、ボーナスがない海外FX業者Aと海外FX業者Bと、ボーナスがある海外FX業者Cと海外FX業者Dの取引内容・結果についての表をまとめています。

[ボーナスがない海外FX業者Aと海外FX業者B]

業者 初期投資額 ボーナス 取引による損益 残金

海外FX業者A 30万円 なし 130万円 160万円

海外FX業者B 30万円 なし -30万円 0円

トータル 60万円 なし 90万円 160万円

このケースだと、利益は「残金160万円-初期投資額60万円=100万円」です。

195万円以下の所得は税率が5%になるため、100万円の利益に対してかかる税金は「5万円」です。

[ボーナスがある海外FX業者Cと海外FX業者D]

業者 初期投資額 ボーナス 取引による損益 残金

海外FX業者C 30万円 30万円 130万円 190万円

海外FX業者D 30万円 30万円 -30万円 30円

トータル 60万円 60万円 90万円 220万円

このケースだと、利益は「残金220万円-初期投資額60万円-ボーナス60万円=100万円」です。

かかる税金は、ボーナスがない海外FX業者Aと海外FX業者Bと同じで、100万円の利益に対して「5万円」の税金が発生します。

同じ税金額を納める必要がありますが、残金はボーナスがある海外FX業者Cと海外FX業者Dで取引している方が大きくなります。

見方を変えると、60万円のボーナス分が確定申告に含まれないため、60万円の節税ができたと言えるわけです。

上記の例からも、ボーナスがある海外FX業者を利用した方が節税できるのが分かりますね。

ボーナスと損益通算を利用した節税方法

海外FX業者の口座同士なら損益合算できますが、損益合算の仕組みとボーナスを活用した節税方法もあります。

まずは、以下の条件で海外FX業者Aと海外FX業者Bで取引用の口座を開設したとします。

  • 海外FX業者A:50万円の入金+ボーナス50万円=資金100万円
  • 海外FX業者B:50万円の入金+ボーナス50万円=資金100万円

最初にトレーダーが用意した資金は100万円で、ボーナスを100万円受け取ったことになります。

取引の結果、

  • 海外FX業者A:50万円の利益を得て資金が200万円
  • 海外FX業者B:100万円の損失が出て資金が0円

海外FX業者Aでは100万円の利益が発生し、海外FX業者Bでは100万円の損失が発生した計算です。

海外FX業者Aと海外FX業者Bの損益通算を行うと、損益は±0円になります。

つまり、非課税になるわけです。

しかし、実際には100万円の資金からスタートして、最終的に資金が200万円になっていますから、100万円が増えた計算になります。

この増えた100万円はボーナスになりますが、「ボーナスを損失分で補填することで、課税対象所得が減らせる」のです。

このように複数の海外FX口座を持っているなら、ボーナスと損益通算の仕組みを利用して節税ができます。

ボーナスを利用した節税の注意点

海外FXのボーナスを使った節税方法は、ボーナスを使って損失を大きく出すのがポイントです。

特に損益通算をして節税する場合は、負けたときの口座残高が0円に近いほど節税効果が高まります。

一方、海外FXのボーナスの仕組みは、「ボーナスより入金したお金が先に減る」です。

たとえば、口座に50万円を入金して50万円のボーナスを受け取り、計100万円の口座残高があるとします。

取引で50万円負けてしまった場合、入金した50万円が先に減ってしまうわけです。

ボーナスを損失として補填するためには、入金額以上の損失を出す必要があります。

入金をたくさんすると、損失補填できるボーナスが減るため、節税にはなりません。

ボーナスを活用して節税するなら、一気に入金するのではなく、少額の資金をコツコツ入金しましょう。

ボーナスの悪用とペナルティ

ボーナスは取引資金を増やせるメリットがありますが、海外FXがボーナスを提供するのはトレーダーの取引を円滑化させるためです。

少ない資金でもトレードできるようにボーナスでチャンスを増やしています。

海外FX業者がコストを費やしてボーナスを提供するわけですから、そのボーナスを悪用されるのは業者も困ります。

そのため、海外FX業者はボーナスの悪用に対して、

  • 出金拒否
  • 口座凍結
  • 口座解約

など、厳しいペナルティを課します。

ボーナスを活用した節税は、海外FX業者の利益を害するものでないため、ペナルティを受けることはありません。

しかし、両建てとゼロカットの仕組みを悪用してボーナスの利益を得るなど、ボーナスを悪用した取引は多くの海外FX業者でペナルティの対象になります。

ボーナスを活用した節税方法には、複数の海外FX業者の口座を利用するやり方もあります。

複数の口座を利用するなら、両建てにならないようにしなければなりません。

ボーナスの節税でペナルティを受けないように注意しましょう。

ボーナスを活用して海外FXの税金を減らそう

ボーナスを活用した海外FXの節税方法は、年間に数千万円以上の所得があるトレーダーには有効とは言えません。

しかし、年間で数十万円~数百万円の所得であれば、数万円~数十万円のボーナスを活用して節税効果が得られます。

もちろん節税のためには、

  • 必要経費を計上する
  • 控除制度を活用する

など、ボーナス以外の節税方法にも目を向ける必要があります。

ボーナスの悪用に対する海外FX業者のペナルティは厳しいので、海外FX業者の規約違反にならないように注意しましょう。

関連記事|海外FXの税金計算と対策は!?節税テクニックと国内FXとの税金の違い【2019年最新】

関連記事|【確定申告】海外FXでの利益(損失)を確定申告する方法と節税テクニックまとめ

関連記事|【個人事業主】海外FXで個人事業主が確定申告する方法と節税テクニックまとめ

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です