レバレッジ5000倍のトレード手法は?GEMFOREXのレバ5000倍のメリットデメリット

レバレッジ5000倍のトレード手法は?GEMFOREXのレバ5000倍のメリットデメリット

海外FX業者の“GEMFOREX”で5000倍のレバレッジが使える口座がリリースされることになりました。

日本人向けにサービスを提供している海外FX業者の中で5000倍レバレッジを提供している業者は他にありません。

レバレッジは大きいほど取引に必要な証拠金が減るため、レバレッジが大きいほど少ない資金で大きな取引ができます。

そこで今回は、GEMFOREXの5000倍レバレッジのメリットについて解説していきます。

5000倍レバレッジで取引量を増やすとどうなる?

レバレッジには、

  • 取引量を増やして利益を増やす
  • 証拠金を減らして取引に必要な資金を減らす

2つのメリットがあります。

海外FXは大きなレバレッジが使えるおかげで、少ない資金でも大きな利益が狙えることや少ない資金で大きな取引ができます。

例えば、1万円を元手に取引を始める場合、1ドル100円の通貨で取引をするなら100通貨です。

100通貨の場合は、1円の値動きで発生する損益は100円になります。

つまり、1ドル100円の通貨を購入し、1ドル101円になったタイミングで売ると100円の利益が得られるわけです。

ドル円の通貨ペアにおいて1日の値動きはせいぜい1円程度なので、レバレッジを使わないと1日の取引で望める利益は100円程度になります。

それでは、5000倍レバレッジを使って取引量を増やすとどうなるでしょうか?

「100通貨×5000倍=50万通貨」となり、1万円の資金で5000万円の資金を持っていると仮定して取引ができます。

取引量が5000倍に増えたのであれば損益も5000倍に増えるので、1円の値動きで発生する損益は50万円です。

レバレッジを使わないと1日に100円程度しか望めない利益が、レバレッジ5000倍を使えばたった1万円の資金で1日に50万円の利益が手に入るかもしれません。

このように5000倍レバレッジを使えば、5000倍の利益を得る可能性があります。

5000倍レバレッジで証拠金を減らして取引をするとどうなる?

「レバレッジを使って取引量を5000倍にするのが怖い!」と感じる人も中に入るでしょう。

5000倍レバレッジは取引量を増やして大きな利益を狙うだけでなく、必要証拠金を減らしてより少ない資金で取引するために使うこともできます。

必要証拠金は取引するために必要な最低資金ですが、以下の計算式で求めることができます。

 

通貨のレート×数量÷レバレッジ=必要証拠金

 

仮に1ドル100円の通貨で取引する場合、1000通貨の保有するために必要な証拠金はいくらになるでしょうか?

 

通貨のレート100円×1000通貨÷レバレッジ1倍=10万円

 

で、1000通貨の取引をするために必要な証拠金は10万円です。

それでは、同じ条件でレバレッジ5000倍を使うとどうなるでしょうか?

 

通貨のレート100円×1000通貨÷レバレッジ5000倍=20円

 

レバレッジを使わない場合は1000通貨の取引をするために10万円の資金を用意しなければなりませんが、レバレッジ5000倍で1000通貨の取引をするために必要な資金は20円で済むわけです。

必要証拠金は少なければ少ないほど、急激な値動きが発生したときに失う資金は小さくなります

例えば、ロスカットが発動しないと仮定し、一瞬で1ドル100円の通貨が1ドル50円に急落した場合、レバレッジを使わない取引とレバレッジ5000倍を使った取引にどんな差が生じるでしょうか?

【レバレッジを使わずに取引をしていた場合】

1ドル100円×1000通貨=10万円(必要証拠金=10万円÷レバレッジ1倍=10万円)

下落後 ⇒ 1ドル50円×1000通貨=5万円

残高:10万円-5万円=5万円

1ドル100円が1ドル50円になって5万円の損失が発生したことになります。

【レバレッジ5000倍を使って取引をしていた場合】

1ドル100円×1000通貨=10万円 10万円÷5000=20円(必要証拠金=10万円÷レバレッジ5000倍=20円)

下落後 ⇒ 1ドル50円×1000通貨=5万円

残高:10万円-20円=99980円

レバレッジを使用しないケースは5万円の資金を失っていますが、レバレッジ5000倍を使っているケースは20円の損失しか発生していません。

同じ取引量でもレバレッジが大きいほど必要証拠金が少なくなるため、1回の取引で失う資金も大幅に減るわけです。

同じ10万円を使って取引をするなら、10万円をすべて投資するのではなく、レバレッジ5000倍を使って20円で取引する方がお得に感じますよね?

「5000倍レバレッジは危険・・」と感じる人もいるかもしれませんが、レバレッジを上手に活用すればリスクは大きく減らすことができるのです。

5000倍レバレッジでも借金を抱える心配はない

5000倍レバレッジを使って取引する上で、心配なことと言えば「ロスカットが間に合わなかった場合の追証請求」という人も多いでしょう。

追証請求は相場が急変動した際に、ロスカットが間に合わず口座の残高がマイナスになってしまい、そのマイナスになった借金分をトレーダー自身が返済しなければならない義務です。

5000倍レバレッジで取引量を増やして取引をすると、小さな値動きでも大きな損益が発生するため、レートが予想と反対方向に動いた場合に追証請求を受ける可能性も高くなります。

しかし、海外FX業者GEMFOREXの5000倍レバレッジなら追証請求を受けることがないため、予想と反したレートの動きをしてもトレーダーが借金を抱える心配はありません。

GEMFOREXに追証請求がないのは、口座の残高が0円を下回った分を請求しないゼロカットシステムを導入しているためです。

GEMFOREXがトレーダーの借金を代わりに持つわけですが、そんなことをしてGEMFOREXに何のメリットがあるの?と思うかもしれません。

5000倍レバレッジが限定口座というのもありますが、GEMFOREX的には不本意に抱えてしまった借金でトレーダーが市場から退場するのを避けたい狙いがあります。

これは、業者の利益源はトレーダーのスプレッドであるため、損失を最小限に抑えて取引に再起してもらうメリットの方が大きいためです。

もちろん、ゼロカットが発動すると元本は大きく失ってしまうわけですが、レバレッジ5000倍なら数十円から数千円の資金でも1000通貨~10万通貨の取引ができますから、失うお金は大きくありません。

ちなみに、国内FX業者は追証請求が義務付けられていますが、トレーダーに借金を抱えさせないためにレバレッジを25倍に制限しており、GEMFOREXの5000倍レバレッジとは大きな差があります。

5000倍レバレッジのデメリット

5000倍レバレッジを使うデメリットは、レバレッジを使って取引量を大きく増やしてしまうと予想と反対方向にレートが動いたときに資金を大きく失ってしまうことです。

1万円の資金にレバレッジ5000倍を使って5000万円の資金に増やしてしまうと、少しの値動きで元手の1万円は簡単に溶けてしまいます。

たとえば、「1ドル100円、100通貨」で5000倍レバレッジを使って取引量を増やすと50万通貨ですが、50万通貨だと1pipsの値動きで 5000円の損益が発生するため、2pipsの値動きで元手の1万円を失ってしまうわけです。

何の考えもなしに5000倍レバレッジを使って取引をすると、資金がいくらあっても足りません。

もちろんチャンスのときには5000倍レバレッジで取引量を増やすのも良いですが、リスクを減らすためには5000倍レバレッジは証拠金に減らすために使いましょう

5000倍レバレッジはどこの業者が対応しているかどうかも大事

日本人向けに5000倍レバレッジを提供しているのは現在GEMFOREXだけです。

海外FX業者が提供できるレバレッジは数百倍から1000倍程度までですが、GEMFOREXが5000倍レバレッジを提供できるのは業者としての知名度や人気、地盤があることも理由として大きいです。

GEMFOREXは日本人トレーダーの利用者も多い業者ですが、

  • 無料EAの使い放題
  • 無料VPS
  • 完全日本語サポート

など、他の業者にはない独自のサービスも多く展開して勢いもあります。

もともとGEMFOREXは1000倍レバレッジが使える業者でもあり、ハイレバレッジ業者としても有名でした。

5000倍レバレッジが提供できるのは、海外FX業者としての基盤がしっかりしていることも大きいです。

5000倍レバレッジが使える業者や機会は多くないので、これを機会に5000倍レバレッジを使った取引に挑戦してみてはいかがでしょうか。

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です