レバレッジ3倍のトレード手法は?スワップポイントで稼げるのか

FX取引は初めてという初心者の方もいらっしゃると思いますが、3倍トレードはそういう人におすすめです。

魅力はリスクを最小限に抑えつつ、少しだけ挑戦的なトレードもできること。

今回はこの3倍トレードについて、具体的なトレード手法や特徴を紹介します。

レバレッジ3倍トレードのやり方・特徴

レバレッジ3倍のトレード手法は?レバ3倍でもスワップポイントで稼げるのか

FXで利益を出す方法はこの2種類しかありません。

  • 為替変動を利用した為替差益狙いのトレード
  • スワップポイント(金利差収入)狙いの長期保有型トレード

為替差益狙いのトレード

為替差益狙いのトレードとは、相場の変動で生じる値幅を狙って通貨の売買を行う取引手法のことです。

その方法は二つあり、一つは外貨を安く買って高く売る方法、もう一つは高く売って安く買い戻す方法です。

為替差益狙いのトレード

買いから入る場合

1ドル100円のとき、1万通貨(100万円)で買いポジションを取る。

レートが動いて1ドル101円になったとき、1万通貨を売れば1万円の利益になります。

売りから入る場合

1ドル100円のとき、1万通貨(100万円)で売りポジションを取る。

レートが動いて1ドル99円になったとき、1万通貨を買い戻せば1万円の利益になります。

このように為替差益狙いのトレードでは、相場の値動きを利用して売買を行い利益獲得を目指します。

特徴的なのはこの3つです。

  • 自ら売買を行う必要があること
  • 買いと売り両方で利益が得られること
  • わずかな値動きでも損益が発生すること

ちなみに、上の例で取引を行えば、証拠金33万円に対して利益1万円を得ることになり、レバレッジなしの場合より利益率が高まります。

スワップポイント狙いのトレード

スワップポイント狙いのトレードは、為替差益狙いのトレードのように売買を行う必要はなく、ポジションをキープするだけで簡単に利益が入るので、初心者におすすめです。

ただし、スワップポイントが得られるのは低金利の通貨を売って高金利の通貨と交換した場合のみです。

高金利の通貨を売って低金利の通貨を購入した場合は、逆にスワップポイントを支払うことになります

従って、スワップ狙いのトレードを行うときは、高金利の通貨と交換する必要があります。

日本円を売って外貨と交換する場合は、日本の政策金利より高い金利を実施している通貨を選びましょう。

スワップポイントでも効果を生かせる

仮に、円/ドルのレートが1ドル100円のとき、スワップポイントが1万ドル通貨当たり1日50円付与されるとした場合、レバレッジなしで30日間保有し続ければ、1ヵ月当たりのスワップポイントは投資金額100万円に対して1500円(利回り0.15)です。

例えば、1万ドル通貨を購入すれば証拠金は33万円となり、1ヵ月ポジションをキープすれば投資金額33万円に対して1500円のスワップ収入が得られ、利回りは0.45です。

このようにレバレッジを効かせることで、より高利回りなスワップポイントを得ることが可能です。

必要証拠金の計算方法

レバレッジ3倍のトレード手法は?レバ3倍でもスワップポイントで稼げるのか

為替差益狙いにしろスワップ狙いにしろ、トレードを行うためには必要証拠金を用意しなければなりません。

必要証拠金とはポジションを保有するために最低限必要なお金のことで、設定する倍率で金額が決まります。

例えば、1ドル100円の時に3倍で1万通貨(1万ドル)の買いポジションを持つ場合は、100(レート)×1万(取引数量)÷3(レバレッジ)=33万で、必要証拠金は33万円となります。

ただし、必要証拠金は固定ではなく為替レートの変動で変化するので、ポジションキープ中は常に為替レートの変動に合わせて算出し直す必要があります

トルコリラで1日1万スワップポイントを稼ぐ場合

レバレッジ3倍のトレード手法は?レバ3倍でもスワップポイントで稼げるのか

100万通貨のポジションをレバレッジ3倍で持つために必要な証拠金はどのぐらいでしょうか?

 

20円(レート)×100万通貨(取引数量)÷3倍(レバレッジ)=約667万

 

このようになり、1日1万スワップポイントを得るにために必要な証拠金は、約667万円です。

初心者におすすめ

FX取引は初めてという初心者の方もいらっしゃると思いますが、3倍トレードはそういう人におすすめです。

なぜなら、為替変動のリスクを最低限に抑えながら、一方でスワップポイントで着実に稼いでいける理想的な倍率だからです。

為替変動のリスクというのは主に強制ロスカットのことですが、急激な相場変動が起こってもハイレバのように一気にロスカット水準を下回ることはなく、十分に回避できます。

一方、スワップ狙いでは、1日あたりのスワップ収入が小さいので、証拠金を低く抑えることで利回りを良くしたいところですが、3倍にすれば証拠金を取引額の3分の1に抑えることができ、利回りが良くなります。

このように為替変動リスクを最小限に抑えつつ長期運用を可能にし、安定したスワップ生活を実現してくれる初心者向きのトレード手法です。

まとめ

  • トレードには為替差益狙いとスワップポイント狙いの2種類がある
  • 3倍なら証拠金は取引額の3分の1、でも利回りは3倍!
  • 為替変動リスクを最小限に抑えながら資金効率を高められる
  • 一攫千金を狙うにはやや物足りない倍率
  • 無理のない適度な倍率で初心者向き

限りなくレバレッジなしに近い、安定路線を行きたい人にぴったりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です