レバレッジ3000倍のトレード手法は?レバ3000倍でどれくらいスワップポイントで稼げるのか

レバレッジ3000倍のトレード手法は?レバ3000倍でどれくらいスワップポイントで稼げるのか

海外FXで使うレバレッジは、100倍~1000倍が一般的です。

しかし、中には3000倍のレバレッジが使える業者もあります。

「FXの3000倍レバレッジはリスクがないのか?」

「3000倍レバレッジのトレード手法って?」

このような疑問を持つ人も、少なくないでしょう。

そこで今回は、レバレッジ3000倍のトレード手法や、3000倍のレバレッジで1日1万円のスワップポイントを得る方法を紹介します。

レバレッジ3000倍トレードのやり方・特徴

3000倍のレバレッジは、取引量を3000倍に増やす効果があります。

1万円の資金を使い、1ドル100円の通貨でトレードするなら、100通貨のポジションが持てます。

そこに3000倍のレバレッジを使って取引量を増やすなら、「100通貨×3000倍=300万」となり、1万円の資金でも300万通貨の取引ができるわけです。

100通貨で取引する場合、1pipsの値動きで得られる利益は「1円」になります。

しかし、300万通貨で取引するなら、1pipsの値動きで得られる利益は「3000円」になるわけです。

1万円の資金でも、「10pipsの値動きなら3万円」、「100pipsの値動きなら30万円」になります。

3000倍レバレッジのトレード手法は短期売買が基本

3000倍のレバレッジは、小さなレートの動きでも大きな利益を得ることができます。

しかし、大きな利益が得られる反面、予想と反したレートの動きをすると一瞬で大きな損失を被るリスクもあります。

100通貨の取引に3000倍のレバレッジをかけた場合、1pipsの値動きで3000円が動きますが、1万円の資金なら3pips(3000円×3=9000円)の値動きまでしか耐えることができません。

4pips動いてしまうと、マイナスになってしまいます。

3000倍のレバレッジを使って取引する場合、トレード手法は「短期売買」が基本です。

海外FXではスキャルピングと呼ばれる手法ですが、数十秒から数分以内でポジションを保有し、1回あたりの取引では数pipsの利益を狙います。

長期的にポジションを保有すると、予想と反したレートの動きでも、すぐに含み損が増えてロスカットするので、3000倍のレバレッジを使って取引するなら、短期売買以外の選択肢がありません。

レバレッジ3000倍トレードの必要証拠金の計算方法

FXトレードでは、取引量に応じて“必要証拠金”が必要です。

必要証拠金を担保として用意することで、トレーダーは大きなレバレッジを使って取引ができます。

必要証拠金の計算方法は、

「為替レート×取引量÷レバレッジ=必要証拠金」

です。

ここでは、“1ドル100円、3万通貨”を例に、レバレッジをかけずに取引する場合の必要証拠金と、3000倍のレバレッジを使って取引する場合の必要証拠金を比較してみましょう。

レバレッジなしの場合、「レート100円×取引量3万÷レバレッジ1倍=300万」

レバレッジ3000倍の場合、「レート100円×取引量3万÷レバレッジ3000倍=1000円」

となります。

レバレッジがないと証拠金が300万円必要な取引も、レバレッジ3000倍があれば1000円で取引ができるわけです。

必要証拠金の計算から見えてくるのは、“同じ取引量ならレバレッジが高いほど必要証拠金が少なくて済む”ことです。

3万通貨の取引をするなら、300万円を用意するよりも、1000円を用意して取引する方が、大きな損失が出たときに損失は少なくて済みます。

ハイレバレッジは危ないイメージが持たれがちですが、必要証拠金を減らすために使うのであれば、リスクを減らすことができるのです。

レバレッジ3000倍のメリット・デメリット

レバレッジ3000倍のメリットは、取引量を増やして短期間で大きな利益が狙えることです。

単純に取引量を3000倍にするなら、利益も3000倍に増やすことができます。

少ない資金でも、勝つことができれば一攫千金を狙えるでしょう。

レバレッジ3000倍のデメリットは、ポジションを長期的に持つことが難しいことです。

大きな利益が狙える分、レートが逆行したときは大きな含み損を抱えてロスカットのリスクが高まるため、デイトレードやスイングトレードには不向きとなります。

少しの値動きでもロスカットの可能性があるので、レートの動きが大きな通貨ペアやレートの動きが大きくなっているタイミングの取引にも不向きです。

トルコリラで1日1万スワップポイントを稼ぐ場合

海外FXでは、為替差益による利益だけでなく、スワップポイントの利益を狙うこともできます。

スワップポイントは、通貨ペアの「金利差調整額」のことです。

低金利の通貨を売って、高金利の通貨を買うと、スワップポイントの受け取りができます。

海外FXは為替差益を狙ったトレードが主流ですが、高いレバレッジを利用してスワップ狙いをしているトレーダーもいます。

海外FXトレーダーのスワップ狙いで人気の通貨が「トルコリラ」です。

ここでは、円とトルコリラの通貨ペアにおいて、3000倍のレバレッジを効かせて1日1万円のスワップポイントを得られる手法を以下の条件で解説します。

  • 1トルコリラ=20円
  • 取引量=10000通貨
  • 1日あたりのスワップポイント=100円
  • レバレッジ=3000倍

取引量が10000通貨だと、1日に入ってくるスワップポイントは100円です。

1日に1万円のスワップポイントを得るためには、100円の利益を100倍に増やす必要があるため、取引量も100倍に増やす必要があります。

つまり、「10000通貨を100万通貨」にすることで1日1万円のスワップポイントが得られるわけです。

100万通貨の取引量にするのであれば、必要証拠金は「20円×100万=2000万円」が必要です。

2000万円の資金を用意すれば、レバレッジを使わずに1日1万円のスワップポイントが狙えます。

しかし、1000万円の資金を用意するのは現実的ではありません。

では、3000倍のレバレッジを使うと必要証拠金はどうなるでしょうか?

「20円×100万÷3000倍=6667円」となり、6667円の必要証拠金で1日1万円のスワップポイントが狙える計算です。

ただし、計算上は3000倍レバレッジで1日1万円のスワップポイントが狙えますが、トルコリラは値動きが大きな通貨です。

現実的にはポジションの長期保有が難しいため、1日1万円のスワップポイントを狙うなら、多額の証拠金を用意しなければなりません。

3000倍のレバレッジで絶対に必要なのはゼロカット

3000倍のレバレッジを使うなら、絶対に欠かせないのがゼロカットです。

ここでは、以下の条件を例に、ゼロカットの必要性を解説します。

  • 証拠金=1万円
  • 1ドル=100円
  • 取引量=100通貨
  • レバレッジ=3000倍

3000倍のレバレッジを使った場合、300万の取引量に増やすことができます。

1円の値動きが発生すると、300万円の利益が発生する計算です。

では、急激な為替変動で予想とは反対方向に1円の値動きが発生するとどうなるでしょうか?

一瞬で、-300万円の損失が発生します。

値動きが急でロスカットが間に合わなかった場合、「証拠金1万円-損失300万円=-299万円」となり、299万円の借金を抱えることになるわけです。

追証がある業者だと、299万円の借金は業者に返済しなければなりません。

一方、ゼロカットがある業者だと、0円を下回った借金分は請求されません。

つまり、299万円の借金はゼロカットによって免除されるわけです。

3000倍のレバレッジを使うなら、安心して取引するためにもゼロカットがある業者を選びましょう。

3000倍レバレッジを使う必要性はない

3000倍のレバレッジを使うと、3.3pipsの値下がりで元手の損失が生じます。

つまり、どれだけ証拠金維持率が低い海外FX業者でも3.3pipsの値動きに耐えることはできず、ロスカットしてしまうわけです。

実際にトレードをすると分かりますが、3.3pipsはレートの動きにおいて小さな誤差の範囲とも言えます。

ゼロカットがあれば借金を抱える心配はないですが、ポジションを持ってもすぐにロスカットしてしまうなら意味がありません。

現実のトレードで、3000倍のレバレッジを使うメリットはほとんどないと言えるでしょう。

3000倍のレバレッジが使える海外FX業者はありますが、業者は3000倍のレバレッジという大きな数字をアピールして集客をしているのです。

3000倍のレバレッジが使えるからと言って、実際に3000倍のレバレッジを使って取引しているトレーダーはほとんどいません。

実際に取引するなら、100~1000倍のレバレッジがあれば十分です。

長期ポジション保有が前提のスワップポイント狙いの取引なら、10~100倍のレバレッジを使って取引することをおすすめします。

まとめ

3000倍のレバレッジを使ってトレードする場合、数pipsの値動きで大きな利益が狙えます。

一方、数pipsの値動きでロスカットするリスクもあるため、実際のトレードで3000倍のレバレッジを使うのは現実的ではありません。

100~1000倍のレバレッジでも、十分に大きな利益は狙えます。

それでも3000倍のレバレッジにこだわるなら、

  • ゼロカットがある
  • 短期売買
  • 証拠金を十分に用意する

などを条件に、3000倍レバレッジに挑戦してみましょう。

【1倍~3000倍】レバレッジ別のトレード記事一覧

レバレッジ特徴・手法
レバレッジ1倍(なし)ロスカットが発生しない・限りなく低リスク
レバレッジ2倍ロスカットが起きにくく安全
レバレッジ3倍スワップポイント狙いの長期保有がに向いている
レバレッジ5倍大きなリスクを避けつつ、適正なリターンも狙える
レバレッジ10倍短期でも長期でも運用できるオールマイティー
レバレッジ20倍スキャルピングができるようになる
レバレッジ25倍国内FXの最大倍率でスキャル・デイトレにちょうどいい
レバレッジ100倍スキャルピング・スワップ狙いの取引が基本
レバレッジ400倍スキャルピングが基本
レバレッジ500倍為替変動を利用したスキャルピングトレード
レバレッジ888倍大きな利益が狙える一方、大きな損失やロスカットするリスクも高まる
レバレッジ1000倍ハイレバ勝負には1000倍ゼロカットがおすすめ
レバレッジ3000倍3000倍までくると高リスク

関連記事|海外FXの複利運用で成功する手法とは!?ハイレバレッジで爆発的に稼ぐ失敗しないやり方

関連記事|フルレバとは?危険なフルレバレッジのトレード手法とハイレバレッジとの違い

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です