レバレッジ25倍の1pipsの動きとは?おすすめトレード手法とメリット・デメリット

レバレッジ25倍の1pipsの動きとは?おすすめトレード手法とメリット・デメリット

FXトレード初心者さんも「レバレッジ25倍」は、よく見かけるのではないでしょうか。

特に国内FX。

レバレッジ25倍は、国内FX業者のフルレバレッジになります。

25倍トレードは、相場の変動が25倍になって跳ね返ってくることになり、レバレッジなしでのトレードと比べるとハイリスクハイリターン。

レバレッジなしのトレードで1pips=0.01円=1銭ですから、25倍トレードでは1pipsの動きが0.25円=25銭です。

この記事では、国内FX業者では最大レバレッジとなる25倍トレードの特徴やトレードのテクニック、25倍トレードのメリット・デメリットなどを徹底解説します。

\1,000倍レバレッジ可能!!/

レバレッジ25倍トレードの特徴・手法

「25倍」レバレッジは、国内FX業者に認められている最高倍率です。

つまり、日本国内のFX業者を介してFXをする場合、最高の利益を狙うなら25倍トレードでチャレンジすることになります。

国内FXの25倍規制は、2011年8月に定められたのですが、それまでの最高は50倍でした。

ところが、過剰な投資や急激な相場の変動などによって大きな負債を抱えてしまう投資家が続出したため、規制がより強くなりました。

国内FXのレバレッジ規制は「10倍規制」案もあり、今後は「25倍でがっつり稼げたころもあった」なんて会話になる時代がくるのかもしれませんね。

レバレッジ25倍トレードならスキャルピングがおすすめ

先述しましたが、25倍トレードでは、相場の変動が25倍になって跳ね返ってくることになります。

レバレッジなしのトレードで1pips=0.01円=1銭ですから、25倍トレードでは1pipsの動きが0.25円=25銭です。

ここで狙うのはスキャルピングです。

スキャルピングとは、1~10pips程度のわずかな変動で売買を繰り返す短期決済のトレードテクニックのこと。

大きな変動で証拠金率が維持できず強制ロスカットを受けてしまうリスクも抑えられるので、25倍トレードではスキャルピングがもっとも安全なトレード法です。

必要証拠金の計算方法

25倍トレードにチャレンジするために必要な証拠金を計算してみましょう。

必要証拠金の計算方法

 

為替レート×取引量÷レバレッジ=必要証拠金

 

ドル円(USD/JPY)での取引を仮定し、レートは1ドル110円、1ロット10,000通貨の取引とします。

これを上記の計算式に当てはめると、結果は次のようになります。

 

25倍の必要証拠金=110円×10,000通貨÷25倍=44,000円

 

これがレバレッジなし(1倍)だと1,100,000円、2倍では550,000円、10倍でも110,000円もかかるわけですから、レバレッジが高いことで小資金でのトレードが可能になります。

ただし、小資金であるがために、大きな値動きがあると1pipsあたりの反動が大きくなり、相場が予想と反対方向に動くと証拠金が維持できなくなります。

レバレッジ25倍トレードのメリット

25倍トレードのメリットは次のとおりです。

  • 少ない証拠金でトレードできる
  • 大きな利益が見込める

少ない証拠金でトレードできる

先ほどの必要証拠金の項目でもお話ししたとおり、25倍トレードでは少ない証拠金でトレードに参加できるメリットがあります。

まとまった資産をトレードにつぎ込める資力がある人は別ですが、小遣いやへそくり程度のお金でFXにチャレンジしたい人にとっては、このメリットはありがたいでしょう。

大きな利益が見込める

25倍トレードなら、少ない投資で大きな利益が見込めます。

証拠金が少なくて済むハイレバトレードでは、ロット数を上げて勝負できます。

FXの1pipsあたりの価値はロット数に応じて高くなるため、大きく張るほど利益が高くなるわけです。

当然、大きく張れば大きく張るほど必要証拠金は高くなりますが、25倍トレードなら証拠金の25倍までの取引が可能なので、小資金でも大ロットでのトレードが可能になります。

レバレッジ25倍トレードのデメリット

25倍トレードのデメリットも理解しておきましょう。

  • 損失が膨らみ追証を受けるおそれがある
  • スリッページの影響が大きくなる

損失が膨らみ追証を受けるおそれがある

損失が膨らみ証拠金を食い尽くすほどのマイナスが発生すると、追証を受けるおそれがあります。

証拠金はいわゆる見せ金です。

「これくらいの資力があります」というお金が証拠金ですが、ハイレバレッジで証拠金の全額を投じてしまうとすぐに証拠金以上の損失が発生し、決済すると大きなマイナスになります。

証拠金以上のマイナスはFX業者に対する借金扱いとなるため、追証として支払いを請求されることに。

国がわざわざレバレッジ規制を敷いて対策を講じている理由もここにあります。

スリッページの影響が大きくなる

25倍トレードでは、スリッページの影響が大きくなるデメリットに注意する必要があります。

決済の注文時と約定時の相場のズレによってスリッページが発生すると、思わぬ損失を被ることがあります。

ハイレバで大きなポジションを保有している場合、スリッページによる決済額のズレもそれに比例して大きくなるのです。

25倍トレードでは、スリッページによる大損害を防ぐために必ずストップ注文をかけておき、大きなマイナスの発生を防ぐ対策が重要です。

スワップポイントを1日1万円を稼ぐために必要な証拠金

25倍トレードで1日1万円のスワップポイントを稼ぐには、どれだけの証拠金が必要になるのでしょうか?

USD/JPYでは、1日1ロットのスワップポイントが70~80円程度です。

ここでは80円だと仮定しましょう。

すると、1日1万円のスワップポイントを稼ぐためには125ロット以上のポジションが必要になります。

これを先ほどの必要証拠金の計算式に当てはめると、次のような結果になります。

 

必要証拠金=110円×1,250,000÷25倍=550万円

 

なんと、550万円もの証拠金が必要になり、しかも125ロットという大きなトレードになるのでわずかな変動が大きな波となってしまいます。

1日に100~200pips以上の値動きがあるドル円で125ロットのポジションを支えていくには、証拠金550万円では心もとないでしょう。

まとめ:レバレッジ25倍のトレード手法

国内最大の25倍のトレードでは、少ない資金で大きなリターンが狙えます。

相場変動の影響が大きくなるため、適切なポジション管理とストップ注文などの対策は必須ですが、ハイリターンを狙うなら25倍程度のハイレバで勝負したいところですね。

さらに大きなレバレッジで勝負したいなら、海外FX業者でチャレンジしてみましょう。

海外FX業者なら1,000倍のレバレッジも可能。

ハイレバが使えて優良な会社のランキングはこちらからどうぞ。

海外FXのレバレッジを比較して優良会社をランキングしました

【当サイトおすすめ】GEMFOREXでトレードチャレンジ

GEMFOREXでトレードチャレンジ
最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
5,000倍20%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料電話・メール・
ライブチャット

総合評価|★★★★★

アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGEMFOREX。
今なら口座開設でボーナスプレゼントキャンペーン中なので入金しなくてもトレードができます。また、ゼロカットシステムで初心者にも安心して利用できます。最大レバレッジ1000倍
・追証なしのゼロカットシステム・日本語サポートが充実・金融ライセンス所有・入金方法も豊富・初回最低入金額100円・自動売買ソフトを200種類以上・VPSも条件付きで無料提供しているのでおすすめです!クイック口座開設できますのでこの機会にぜひGEMFOREXでお試しトレードしましょう。

\約3分で登録完了/

海外FXのレバレッジ比較、おすすめ業者ランキング

海外FXレバレッジ比較ランキング

海外FX業者をレバレッジに注目して比較・ランキングしました。

FXトレード初心者さんにも安心の業者ばかりです。

業者選びに迷ったら、ぜひ参考にしてみてください。

海外FX20社のレバレッジ比較。おすすめ海外FX業者をランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です