レバレッジなし(1倍)・のトレード手法は?どれくらいのスワップポイントで稼げるのか

FXは大きなレバレッジが使える投資法として人気ですが、あえて1倍で取引をするトレーダーもいます。

1倍でトレードするなら、どれくらいの資金が必要でしょうか。

また最適なトレード方法や、ハイレバレッジが魅力の海外FXで1倍を使う意味や目的なども気になるところですね。

結論から言うと、海外FXで1倍の取引でも稼ぐことはできます

この記事では、レバレッジ1倍の取引手法や利益・損失のシミュレーションをはじめ、取引に向いている人の特徴も紹介します。

レバレッジ1倍のトレードで必要な資金

まずは1倍レバレッジのトレードに必要な資金を知りましょう

1回の取引で最低限必要となる最小取引量は、多くの海外FX業者で1000通貨以上となっています。

1ドル100円の通貨で取引をするなら1000通貨を売買するために必要な資金は、「1000通貨×100円=10万円」なので、取引を始めるなら10万円以上の資金を用意しなければなりません。

海外FXのロスカットの水準は証拠金維持率20~50%くらいなので、ギリギリの10万円でスタートしても、口座残高が2~5万円を下回るまでロスカットはされません

10万円の資金が用意できない方は、10~100通貨で取引を始められる海外FX業者や口座タイプを選ぶと1000~1万円の資金でも例外的に取引ができます。

レバレッジ1倍でおすすめのトレード手法

実際に1倍を使ってトレードするならどんな手法が向いているでしょうか。

利益重視ならポンド/円でスキャルピング

為替差損益のシミュレーションで紹介した通り、ドル/円でデイトレードをした場合に月々の利益は数千円なので、投資という視点で見ると物足りなさを感じます。

資金が100万円くらいあれば月々数万円の利益になりますが、資金を増やす余裕がないなら、値動きが大きなポンド円でスキャルピングするのが効率的です。

デイトレードなら1カ月の取引回数は20回ですが、1日に10回のスキャルピングをすれば1カ月の取引回数を200回に増やせます。

さらに1日あたりの平均的な値動きが1pipsを超えているポンド円なら、ドル円よりも1回あたりの取引で得られる利益を2~3倍に増やせます。

値動きがもっと大きなトルコリラやペソなどは、流動性が低く値動きも不安定なのでスキャルピングには不向きです。

練習ならメジャー通貨でスキャルピング&デイトレード

ドル/円やユーロ/ドルなどのメジャー通貨は1倍でトレードしても大きな利益は望めません。

その一方で負けたときの損失も小さいため、練習目的で運用するのもおすすめです。

海外FX業者によっては、デモトレードと言って仮想のお金を使ったシステムを提供しているところもあります。

海外FXの練習はデモトレードでも可能ですが、勝っても負けても自分の資金が動かないので緊張感、喜び、ショックなどの感情がわきません。

またデモトレードとリアルトレードではサーバーが異なるので、表示されるレートにタイムラグが生じて実際の成績を変わることもあります。

リスクが小さな1倍のスキャルピングやデイトレードで実践を積み、慣れてきたら少しずつレバレッジを上げるのもよいでしょう。

高金利通貨でスワップ狙いのポジショントレード

スワップポイントのシミュレーションで紹介したように、スワップポイントが大きな通貨ペアで運用したら1倍・1000通貨の運用でも1年間に1万円を超える利益が望めます。

スワップ狙いは為替変動によるロスカットにさえ注意すれば、ポジションを保有するだけで利益を増やせるのが魅力です。

ロスカットに注意して運用するためには証拠金に余裕を持たせておく必要があります。

たとえば、ユーロ/トルコリラで運用する場合にレバレッジ1倍・1000通貨なら約12万5000円の証拠金が必要でしたが、急激な為替変動に備えるためには、証拠金の2~5倍の25万~60万くらいはあった方が安心です。

含み損が増えてもロスカットさえしなければ、レートは元に戻ることもあるので証拠金に余裕を持たせて運用しましょう。

海外FXでレバレッジ1倍の取引をするメリットはある?

結論から言うと、レバレッジ1倍のトレードでも海外FXの方がおすすめです。

その理由として、

  • スキャルピングが禁止されていない
  • 口座開設や入金で豪華なボーナスがもらえる

この2つがあります。

おすすめ手法としてスキャルピングを紹介しましたが、国内FXは多くの業者がスキャルピングを禁止しています。

小さなレバレッジで取引回数を増やすなら、スキャルピングができる海外FXに限ります。

そして海外FXには口座開設だけで5000~2万円の証拠金がもらえるボーナスや、入金20~200%ボーナスなどがあります。

少ない資金から始めてもボーナスで証拠金を増やせるので、ロスカットのリスクを小さくしたり、取引量を増やして利益を増やしたりすることも可能です。

レバレッジ1倍のトレードが向いている人

レバレッジ1倍のトレードが向いている人は、

  • 海外FXがどんなものか気になる初心者
  • スワップ運用でコツコツ利益を増やしたい人
  • スキャルピングの練習がしたい人

などです。

負けても損失が少なくて済むので、海外FXに慣れるために最適です。

スワップ運用についても、定期預金の利回りよりも高い利回りで運用できるので、お金を金融機関に預けるよりスワップ運用に使った方がお得ですね。

いずれハイレバ×スキャルピングで利益を増やしたいと考えている人なら、1倍でスキャルピングの練習を始めるのもおすすめです。

1倍は稼ぐというより、次のステップに進むために最適なレバレッジと言えます。

まとめ

レバレッジ1倍は、海外FXの練習やスワップ運用に向いています。

国内FXでも1倍の運用ができますが、ボーナスが豪華でスキャルピングができる海外FXの方が断然使いやすいです。

短期運用も長期運用も得られる利益は小さいですが、損失が小さくて済むので低リスクの運用がしたい人には向いています。

ぜひ、1倍のシミュレーションやおすすめ手法などを取引で使うレバレッジの参考にしてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です