レバレッジ100倍のトレード手法は?レバ100倍でどれくらいスワップポイントで稼げるのか

レバレッジ100倍。

レバレッジが25倍に制限される国内FXでは有り得ない高さのレバレッジですが、レバレッジの規制がかからない海外FXでは、多くの業者で100倍レバレッジが使えます。

レバレッジ100倍を使うことで、海外FXでは大きな収入を得ることも可能です。

では、レバレッジ100倍を使って、どのような手法で取引すれば良いのでしょうか?

今回は、レバレッジ100倍を使ったトレード方法や、スワップポイントを狙った取引の可否を解説します。

レバレッジ100倍トレードのやり方・特徴

レバレッジ100倍を使ったトレードのやり方は、スキャルピング・スワップ狙いの取引が基本になります。

ここでは、スキャルピングとスワップ狙いの取引の違いや、100倍レバレッジとの相性について解説します。

100倍レバレッジのトレード手法①スキャルピング

スキャルピングとは、数秒から数分の間でポジションを保有し、短い時間軸の中で注文と決済を繰り返す取引スタイルです。

スキャルピングは、国内FXだと禁止されているところも多いですが、海外FXでは容認しているところが多くあります。

国内FXトレーダーには馴染みがないかもしれませんが、1回あたりの利益や損失は数pipsとかなり小さいのが特徴です。

レバレッジを使わないと少ない資金で効率的に利益を増やすのは難しいですが、100倍のレバレッジを使うと1回あたりの利益や損失の数pipsが100倍に膨れます。

つまり、1回あたりの取引で、通常よりも100倍の利益が狙えるわけです。

ポジションを保有する時間が短いため、含み損を大きく抱えることもありません。

ロスカットになりにくいことや、損切りに慣れることができるので、リスクを最小限に抑えながら、トレードレベルを上げられるのもメリットです。

スキャルピングと100倍レバレッジは相性が抜群です。

100倍レバレッジのトレード手法②スワップ狙い

100倍レバレッジを使ったトレード方法として、スワップ狙いのトレードがあります。

スワップというのは、通貨ごとに金利が異なることで発生する「金利差調整分」です。

金利通貨を売って、高金利通貨を買うと金利差額分が受け取れます。

ただし、低金利通貨を買って、高金利通貨を売るとスワップはマイナスになるので注意が必要です。

ポジションを持っていれば、1日ごとにスワップの利益が受け取れます。

金利差調整分なので、レバレッジを使わないとスワップ利益はほとんどありません

しかし、レバレッジ100倍を使って取引量を100倍に増やせば、スワップの利益も100倍になります。

ただし、スワップ狙いができる通貨は、基本的に値動きが大きな資源国通貨や新興国通貨なので、100倍のレバレッジで100倍の取引量に増やしてしまうと、少しの為替変動でロスカットするリスクがあります

スワップ狙いで100倍のレバレッジを使うなら、値動きが安定している通貨や先行きが予測しやすい通貨ペアに注文を入れるのがコツです。

レバレッジ100倍トレードの必要証拠金の計算方法

レバレッジ100倍を使うことで、取引量を大きくするだけでなく、必要証拠金を減らすことも可能です。

必要証拠金とは、取引をするために必要となる最低限の資金です。

必要証拠金は、以下の計算式から求められます。

 

必要証拠金=為替レート×取引数量÷レバレッジ

 

では、以下の取引条件を元に必要証拠金を計算してみましょう。

  • 1ドル100円
  • 取引量:10000通貨
  • レバレッジ100倍

計算式に当てはめると、

 

為替レート100円×取引量10000通貨÷100倍レバレッジ=10000円

 

10000通貨の取引をするために、レバレッジ100倍なら1万円を用意すれば取引ができるわけです。

レバレッジをかけずに10000通貨の取引をするのであれば、

 

為替レート100円×取引量10000通貨÷1倍レバレッジ=100万円

 

10000通貨の取引をするためには、100万円の証拠金を用意しなければなりません。

100万円の証拠金を用意するのは非現実的でも、1万円の証拠金なら用意できそうですよね。

これが100倍レバレッジの持つ凄さです。

レバレッジ100倍のメリット・デメリット

レバレッジ100倍のメリット

レバレッジ100倍のメリットは、短期間で大幅に利益を増やせることや、必要証拠金を減らすことでリスクも減らせることです。

100倍のレバレッジを使って取引量を100倍にすれば、為替差益も100倍になります。

また、100倍のレバレッジを使って必要証拠金を100分の1にすると、取引に用意するお金も100分の1だけで良くなります。

レバレッジ100倍のデメリット

レバレッジ100倍のデメリットは、取引量を増やし過ぎると小さな為替変動に耐えられないリスクがあることです。

取引量を100倍にすれば、利益も100倍になりますが、負けたときの損失も100倍になります。

100倍のレバレッジが使えるからと言って、無理して使う必要はありません。

相場を見ながら、柔軟にレバレッジの設定をするのがコツです。

トルコリラで1日1万スワップポイントを稼ぐ場合

100倍レバレッジを使ってスワップ狙いができます。

ただし、ある程度のスワップ利益が発生する通貨を選ばなければなりません。

そこでおすすめの通貨ペアが、円とトルコリラのペアです。

以下を条件に、スワップポイントで1日に1万円稼ぐ方法を考察してみましょう。

スワップポイントで1日に1万円稼ぐ条件

  • トルコリラ/円の為替レート=20円
  • 1日あたりのスワップポイント利益=100円
  • レバレッジは100倍
  • 取引量は10000通貨

この条件で、1日に1万円のスワップポイントを稼ぐためには、「取引量10000通貨=100円」なので、「取引量100万通貨=10000円」となり、100万トルコリラのポジションを保有しなければなりません

レバレッジをかけない場合、必要となる証拠金は

 

20円×100万通貨÷レバレッジ1倍=2000万円

 

となり、2000万円の必要証拠金を用意しなければなりません。

しかし、レバレッジ100倍を使うと

 

20円×100万通貨÷レバレッジ100倍=200,000円

 

となり、20万円の必要証拠金を用意すれば、1日1万円のスワップ狙いが可能になります。

スワップ金利は刻々と変わるので、そのときのスワップ金利で計算し直す必要もありますが、レバレッジ100倍を使えば、いかに少ない証拠金で大きなスワップ狙いができることが分かると思います。

100倍レバレッジのトレードは海外FX限定

100倍レバレッジを使って取引するためには、100倍レバレッジに対応している海外FX業者選びが必須です。

国内FXでは、100倍レバレッジを使ったトレードは禁止されています。

海外FXはゼロカットシステムが導入されているので、100倍レバレッジで取引量を増やして大きな損失が発生しても追証請求はありません。

業者の選び方について、100倍レバレッジを使ってスキャルピングするなら

  • 約定力が高い
  • スキャルピングが容認されている

などが条件になります。

100倍レバレッジを使ってスワップ狙いをするなら

  • 約定力が高い
  • スワップが高い

などが条件になります。

いずれにしても、約定力が高いことは海外FX業者を選ぶ上で欠かせない条件です。

海外FX業者を選ぶ際に、スプレッドの狭さを優先するトレーダーは少なくありません。

しかし、100倍のレバレッジを使うなら、スプレッドよりもスリッページや約定拒否の発生に関わる約定力の高さの方が重要になります。

100倍レバレッジでトレードするなら、99%以上の約定率を実現している業者を選びましょう。

100倍レバレッジの取引では損失許容額を設定しよう

レバレッジ100倍でトレードする場合、スキャルピングでもスワップ狙いでも最大損失許容額を設定しておきましょう。

最大許容損失額とは、取引で負けたときに許容できる損失額です。

基本的に、最大許容損失額は使えるお金の2%に設定するのが良いと言われています。

つまり、10万円の資金を使って取引をするなら、1回の取引で許容できる損失額は2000円です。

最大許容損失額を設定する場合、損切りが前提になります。

裁量取引で損切りするのではなく、逆指値の注文を利用して、逆指値の値が最大許容損失額(有効証拠金の2%)になるように設定するのがおすすめです。

最大許容損失額は、ポジションを持つごとに設定しましょう。

たとえば、10万円の資金で2000円の損切りをした場合、次にポジションを持つときは98000円になります。

この場合はこちらの計算式で1,960円となります。

 

最大許容損失額は98000円×2%=1960円

 

複数のポジションを持つ場合、いちいち最大許容損失額を計算するのが面倒に感じるかもしれません。

しかし、100倍レバレッジで大きな損失を出さないためには、適正な資金管理をすることが大切なのです。

面倒でも、1回の取引で発生する損失が最大許容損失額に収まるようにしましょう。

まとめ

100倍レバレッジは、スキャルピングやスワップ狙いができます。

取引量をレバレッジで増やせば大きな利益が狙えますし、必要証拠金をレバレッジで減らせば少ない資金で取引ができるのはメリットです。

ただし、

  • 取引量をレバレッジで100倍にするとロスカットのリスクが高まる
  • 100倍レバレッジは適正な資金管理が必要

などの注意点もあります。

初心者がいきなり100倍のレバレッジを使うのはリスクも無視できないので、少しずつレバレッジを上げて運用するか、100倍レバレッジを使うのであれば、必要証拠金を減らすためにレバレッジを使うと良いでしょう。

【1倍~3000倍】レバレッジ別のトレード記事一覧

レバレッジ特徴・手法
レバレッジ1倍(なし)ロスカットが発生しない・限りなく低リスク
レバレッジ2倍ロスカットが起きにくく安全
レバレッジ3倍スワップポイント狙いの長期保有がに向いている
レバレッジ5倍大きなリスクを避けつつ、適正なリターンも狙える
レバレッジ10倍短期でも長期でも運用できるオールマイティー
レバレッジ20倍スキャルピングができるようになる
レバレッジ25倍国内FXの最大倍率でスキャル・デイトレにちょうどいい
レバレッジ100倍スキャルピング・スワップ狙いの取引が基本
レバレッジ400倍スキャルピングが基本
レバレッジ500倍為替変動を利用したスキャルピングトレード
レバレッジ888倍大きな利益が狙える一方、大きな損失やロスカットするリスクも高まる
レバレッジ1000倍ハイレバ勝負には1000倍ゼロカットがおすすめ
レバレッジ3000倍3000倍までくると高リスク

関連記事|海外FXの複利運用で成功する手法とは!?ハイレバレッジで爆発的に稼ぐ失敗しないやり方

関連記事|フルレバとは?危険なフルレバレッジのトレード手法とハイレバレッジとの違い

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です