メキシコペソのおすすめレバレッジは何倍!?スワップポイント運用も徹底解説

メキシコペソのおすすめレバレッジは何倍!?スワップ運用も徹底解説

メキシコペソは、海外FXで注目されている通貨の1つ。

主にスワップ運用で投資される通貨で、トルコリラや南アフリカランドにも負けない人気通貨です。

今回は、メキシコペソの運用やレバレッジについて詳しく解説します。

メキシコペソの金利と特長

メキシコペソは、メキシコで運用されている通貨です。

スワップポイントで注目されているのは、スワップポイントがそこそこ高く、政治的な面から見たときに長期保有しやすいことが理由としてあります。

また、過去10年間の値動きは、メキシコペソ/円のペアで5~8円の値幅です。

ドル/円のペアにおいては、80~120円の値幅で推移しています。

メキシコペソ/円とドル/円では、通貨の価値が下がった場合、どちらの方がFX取引でリスクは大きいでしょうか。

正解は、ドル/円のペアです。

1メキシコペソ8円、1ドル100円だったと仮定した場合、通貨の価値が0円になったとき、メキシコペソなら下落幅は最大8円ですが、ドルだと下落幅は最大100円になります。

通貨の価格が安く、低リスクで運用しやすいこともメキシコペソが注目されている理由です。

メキシコペソでスワップポイント生活はできる?

メキシコペソがスワップ運用で注目されるようになったのは、政策金利の上昇が理由の一つです。

スワップポイントは、通貨ペアの金利差に比例して大きくなります。

メキシコの政策金利は2015年だと3%でしたが、2019年には8%まで上昇しています。

南アフリカランドの政策金利は2019年で6.75%であるため、トルコリラの政策金利に次ぐ金利の高さです。

大きなスワップが狙える通貨であるため、メキシコペソの長期運用でスワップポイント生活も夢ではありません。

新興国通貨の中では値動きが比較的小さいため、レバレッジを使った長期運用にも向いています

メキシコペソのレバレッジ計算

スワップポイントを効率的に稼ぐためには、レバレッジを使って運用するのがおすすめです。

レバレッジを使うことで、必要証拠金を減らすことや、取引量を増やすことができます。

メキシコペソのスワップ狙いであれば、かけるレバレッジは最大で10倍くらいまでが良いでしょう。

メキシコペソのシミュレーションの条件

  • 1万取引量
  • スワップ運用で人気の通貨ペア:メキシコペソ/ドル=“0.05ドル(約5円)
  • スワップポイント=“1日50円(1年18250円)
  • 必要証拠金=5円×1万取引量÷レバレッジ1倍=5万円

レバレッジ2倍、3倍、10倍を使ったときのスワップポイントのシミュレーションをしてみます。

レバレッジ2倍

レバレッジで必要証拠金を減らす場合

レバレッジ2倍・1万取引量で運用する場合、必要証拠金は、

 

5円×1万取引量÷レバレッジ2倍=25000円

 

です。25000円の元手で、1日50円のスワップ狙いができます。

レバレッジで取引量を増やす場合

  • 取引量2万
  • 1日あたりのスワップポイントは50円×2倍=100円
  • 1年間あたりのスワップポイントは18250×2倍=36500円

となり、5万円の証拠金で年間36500円の利益が狙えます。

レバレッジ3倍

レバレッジで必要証拠金を減らす場合

レバレッジ3倍・1万取引量で運用する場合、必要証拠金は、

 

5円×1万取引量÷レバレッジ3倍=16667円

 

です。16667円の元手で、1日50円(1年18250円)のスワップ狙いができます。

レバレッジで取引量を増やす場合

  • 取引量3万
  • 1日あたりのスワップポイントは50円×3倍=150円
  • 1年間あたりのスワップポイントは18250×3倍=54750円

となり、5万円の証拠金で年間54750円の利益が狙えます。

5万円の資金でスタートし、1年間運用するとリターンが100%になる計算です。

レバレッジ10倍

レバレッジで必要証拠金を減らす場合

レバレッジ10倍・1万取引量で運用する場合、必要証拠金は、

 

5円×1万取引量÷レバレッジ10倍=5000円

 

です。5000円の元手で、1日50円(1年18250円)のスワップ狙いができます。

レバレッジで取引量を増やす場合

  • 取引量10万
  • 1日あたりのスワップポイントは50円×10倍=500円
  • 1年間あたりのスワップポイントは18250×10倍=182500円

となり、5万円の証拠金で年間182500円の利益が狙えます。

1年間の運用でリターンは300%を超える計算です。

メキシコペソのスワップ積立で知っておくべきこと

スワップ運用で人気のメキシコペソですが、運用にはいくつか注意する点もあります。

値動きが大きな通貨ペアなので、急激な値動きに伴うリスクも覚えておきましょう。

ここでは、メキシコペソのスワップ積立を検討している人が知っておきたい3つのことを紹介します。

ロスカットに注意

メキシコペソはレートが飛びやすい通貨なので、大きな値動きに伴うロスカットに注意が必要です。

ロスカットのラインは、「必要証拠金×証拠金維持率」で計算できます。

高いレバレッジを使うと、それだけ必要証拠金も減るため、ロスカットした後に残る資金も減ります。

必要証拠金を下回らないようにするためにも、有効証拠金を多く用意しておくことが大事です。

ゼロカットがある海外FX業者を選ぶ

メキシコペソは値動きが大きい通貨なので、急激にレートが飛んだときに追証の発生が無視できません。

追証は、ロスカットが間に合わず、ロスカットのラインを大幅に超えてしまって約定した場合に、口座の残高が0円を下回った分が追証請求されるシステムです。

たとえば、

  • 5000円の有効証拠金
  • ロスカットライン;1000円だったとします。

大きくレートが動き、1万円の損失が発生した場合、ロスカットが間に合えば、証拠金が1000円になった時点で決済されるので、ロスカットしても1000円は残る計算です。

ロスカットが間に合わずに決済した場合は、[有効証拠金5000円-損失10000円=-5000円]となり、5000円の借金を抱えることになります。

しかし、ゼロカットがある海外FX業者なら、0円を下回った分は請求されません。

どれだけ大きな値動きが発生しても、口座の残高がマイナスになることはないのです。

海外FX業者の中にもゼロカットがない業者もあるので、レバレッジを使ってメキシコペソのスワップ積立をするならゼロカットがある業者選びをしましょう。

レバレッジの設定に注意

メキシコペソでスワップ積立をするなら、レバレッジの設定に気を付けましょう。

レバレッジは必要証拠金を減らせることや、取引量を増やせるのがメリットです。

しかし、証拠金ギリギリで取引する場合や、取引量を増やし過ぎると、少しの値幅でもロスカットが起こります。

最初のうちはレバレッジ3倍~10倍に留めておき、証拠金に余裕があるなら、レバレッジを引き上げて運用するのがおすすめです。

メキシコペソの見通し

メキシコペソは新興国通貨の中では、比較的安定性の高い通貨ペアです。

現在は、

  • アメリカの利上げの終了
  • 経済の黒字化

などの理由から、メキシコペソは上昇基調となっています。

メキシコペソに限らず、新興国通貨はアメリカの金利に深い関わりがあり、アメリカの金利が上がると新興国からアメリカに資金が流れることで、新興国通貨の価値が下がるのが一般的です。

利上げが終了したことで、アメリカに流れていた資金が、再び金利の高い新興国通貨に流れ始めたことで、メキシコペソの価値が上昇基調になりました。

他にも、アメリカとの貿易交渉が成功したことや、新大統領の政策に対する期待感など、メキシコとアメリカの関係改善や、メキシコ経済の上昇に対する期待も高まっています。

ただし、就任したばかりの大統領の動向次第では、下落に転じる可能性も否定できません。

メキシコペソはスワップ運用で人気の通貨ペアなので、FXサイトやFXブログでも今後の値動きに関する見通しの予想や情報がたくさん掲載されています。

サイトやブログも参照しつつ、今後の値動きを予想してスワップ運用の戦略を練りましょう。

関連記事|トルコリラのおすすめレバレッジは何倍!?スワップ運用も徹底解説

関連記事|【スワップポイント比較】スワップで稼げるおすすめ海外FX業者と通貨別のスワップポイントも解説

関連記事|スワップポイントとは!?海外FX業者がスワップポイント生活におすすめな理由と注意点

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/
⇒ 海外FX業者おすすめランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です