【レバレッジ比較】海外FX業者13社のレバレッジを徹底比較してランキング

FXで大きな利益を上げるためには必要なレバレッジ

特に海外FXはレバレッジがとびきり高いのに加え、ゼロカットシステムで口座がマイナスになっても借金が残りません

メリット尽くしの海外FXですが、せっかくならレバレッジが高く安心できる海外FXを利用したいですよね。

そこで、日本人に人気の海外FX業者13社のレバレッジを比較してみました!

【スタンダード口座(一般向け口座)の最大レバレッジ比較】

海外FX業者最大レバレッジ最低初回入金額ロスカット水準口座名
GEMFOREX1000倍100円50%オールインワン
XM888倍500円20%マイクロ(MT4)
Bigboss555倍1万円20%スタンダード
TITAN FX500倍2万円20%スタンダード
LAND FX500倍1万円30%Live
FXDD500倍2万円50%スタンダード
FXPro500倍5万円20%MT4
AXIORY400倍2万円20%スタンダード
iFOREX400倍1万円0%スタンダード
Tradeview400倍1万円100%X leverage
IFCMarekets400倍2万円10%ビギナー
PepperStone400倍2万円20%スタンダード
XLNTrade400倍1万円100%MT4・Profit

海外FX業者によってレバレッジが大きく異なることが分かります。

レバレッジは400 倍から1000倍でGemForexが大きく、平均すると400倍から500倍です。

表に記載しているレバレッジは海外FX業者の最大レバレッジであり、口座の残高や使用する口座タイプによって、レバレッジの上限が異なる点に注意しましょう。

海外FXレバレッジおすすめ第1位 Gem Forex

 

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間

総合評価|★★★★★

アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex
最大レバレッジは、海外FX会社でも群を抜いてトップクラスの1000倍!
今なら口座開設で20,000円ボーナスをもらえるので入金しなくても即トレードできます!

GEMFOREXのメリット

  • 1000倍レバレッジが使える
  • 追証なしのゼロカットシステムがある
  • 無料でEAが使い放題
  • 無料でミラートレードが使い放題
  • 分かりやすい日本語サポートがある
  • 約定率が99%超え
  • 入金100%ボーナスがある
  • スキャルピング、両建てに寛容

海外FXレバレッジおすすめ第2位 XM.com

 

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
888倍20%99.35%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.8pips無料24時間

総合評価|★★★★☆

海外FXをしている日本人なら、誰もが知っているXM。
2018年には、World Finance Magazineより、ベストFXブローカー賞やヨーロッパ賞を受賞しました。
最大レバレッジは、海外FX業者でも上位に入る888倍
高い約定力やリクオートなしの取引ができる業者です。サポートは日本語含め30語以上対応
bitwalletの取り扱いにもいち早く対応し、時代の最先端を進んでいる海外FX業者。
海外FXの代名詞と言われていたほど高い知名度があります。

XMのメリット

  • 入金100%ボーナスがある
  • 888倍のレバレッジが使える
  • リクオート、約定拒否がない
  • セーシェルの金融ライセンスを保有
  • 利用者が多い
  • 資金保険がある

XMのデメリット

  • スプレッドがやや高め
  • 出金手数料が必要

海外FXレバレッジおすすめ第3位 TITAN FX

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
888倍20%99.3%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.3pips無料7~16時

総合評価|★★★★☆
2014年に誕生し、日本人トレーダーから厚い支持を得ている海外FX業者のTitanFX。
最大レバレッジは、海外FXでは平均的な500倍です。
ハイレバレッジやスピーディーな決済を実現し、低スプレッドで取引できます。

初心者から上級者まで幅広く利用しています。
オーストラリアの海外FX業者「PepperStone」の生まれ変わりであり、日本語サポートも充実。
ストップ狩りがなく、低スプレッド×高い約定力を売りにしている業者です。
入出金に関しては、銀行送金やクレジッドカードだけでなく、オンラインウォレット「bitwallet」の出金や入金にも対応しています。

TitanFXのメリット

  • スプレッドが狭い
  • 最大レバレッジが500倍
  • CFD取引にも対応している
  • 日本語サポートが充実している

TitanFXのデメリット

  • ボーナスがない
  • 出金手数料が高い
  • MT5が使えない

【最重要】ボーナスが充実している業者を選べ!海外FX業者の海外FXボーナス比較

ボーナスを証拠金として使えれば軍資金がなくても元手を増やせることから、海外FX初心者はボーナスが豪華な業者をおすすめします。

ここでは、ボーナスが豪華な海外FX業者9社のボーナスや特徴を紹介していきます。

海外FX業者口座開設ボーナス入金ボーナス友達紹介ボーナス乗り換えボーナス
GEMFOREX2万円100%1名につき入金100%含み損の補填
XM3000円100%5000円なし
iFOREXなし100%50000円なし
LANDFXなし100%なしなし
FBS10000円100%なしなし
HOTFOREXなし100%なしなし
traderstrust5000円100%なしなし
is6com5000円200%(期間限定)なしなし
XLNTradeなし125%2~50万円なし

※期間限定のボーナスあり、過去のキャンペーンも含む

ボーナスでもGEMFOREXがダントツです!

新規口座開設ボーナスで20,000円もらえることから、資金ゼロで取引できるので利用しても得しかない業者です。

関連記事|【ボーナス比較】海外FXのボーナスキャンペーン情報!おすすめ入金ボーナス&口座開設ボーナス

\今なら20,000円もらえる/

海外FX成功の秘訣はレバレッジにある

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

レバレッジとは、FX独自の仕組みのことで「少ない証拠金で大きな金額を動かせる仕組み」のことです。

10万円の資金を持っていると仮定した場合に、10倍のレバレッジをかければ100万円の資金を持っていると仮定した取引が可能です。

海外FXでは100倍や1000倍のレバレッジがかけられるので、さらに大きな取引ができます。

FX取引で利益を出すためには、レバレッジを使いこなすのがコツです。

レバレッジが使いこなせても、レバレッジの上限が低いとレバレッジの強みは生かせません。

「高レバレッジ=リスクが高い」というイメージもありますが、レバレッジを知れば「高レバレッジ=低リスクで利益を増やせる」仕組みであることも見えてきます。

FX業者によって、かけられるレバレッジの上限が異なります。

レバレッジのメリットや特長を知ると共に、それぞれのFX会社のレバレッジ上限を比較してみましょう。

海外FX業者XMの例

ゼロ口座の上限 ⇒ レバレッジ500倍

200万円以上の口座残高 ⇒ 200倍に下がる

1000万円の口座残高 ⇒ 100倍に下がる

海外FX業者のレバレッジを比較する際は、レバレッジ規制や使用する口座タイプごとに比較するのもポイントです。

いずれにしても、国内FXと比較すると、より高いレバレッジを使ったトレードが可能です。

海外FXレバレッジの6つのメリット

大きな利益が得ることだけが、海外FXレバレッジのメリットではありません。

リスク分散や必要証拠金を減らせるのも大きなメリットです。

ここでは、海外FXレバレッジの主な6つのメリットを解説します。

海外FXレバレッジのメリット①必要証拠金が少ないこと

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

海外FXでかけられるハイレバレッジのメリットは、必要証拠金が少ないことです。

必要証拠金は、取引に必要な資金のこちらの計算式で求められます。

必要証拠金の計算式

通貨のレート ✕ 購入通貨単位 ✕ 数量 ÷ レバレッジ = 必要証拠金

計算式を見ても分かるように、レバレッジが大きくなればなるほど、必要証拠金は少なくて済みます

レバレッジが100倍なら100分の1の証拠金、レバレッジが1000倍なら1000分の1の証拠金で取引可能です。

レバレッジは調整できるため、状況に応じてレバレッジの設定が行なえます。

ハイレバレッジのメリットが大きいと言われるのは、使える資金に合わせて柔軟な取引ができることも理由の一つです。

少ない資金でFXがしたいトレーダーにとって、必要証拠金を減らせるハイレバレッジはメリットしかありません。

関連記事|海外FXレバレッジの必要証拠金の計算方法

海外FXレバレッジのメリット②倍率無制限なこと

海外FXレバレッジのメリットは、倍率が無制限であることです。

レバレッジの特徴は、資金効率を良くして少額資金で巨額取引できるようになることですが、少ない倍率しか掛けられないのであれば、その効用を大きくすることはできません。

例えば、国内FXではレバレッジ規制で25倍が上限であるため、レバレッジ効果はそれほど大きくはなく限定的です。

一方、海外FXレバレッジは倍率制限がないため効用が大きく、より少ない資金で大きな金額の取引ができるようになります。

海外FXではレバレッジ25倍でも低レバレッジといわれるほどで、300倍~500倍でも中規模、高レバレッジになると1000倍~3000倍を設定することができます。

これが海外FXレバレッジの魅力ですが、倍率に制限がないことは厳密に何を意味するかというと、口座に預託する証拠金が少なくて済むということです。以下の表をご覧ください。

【ドル円が100円のとき1万通貨を取引する場合のレバレッジと証拠金】

レバレッジ証拠金
1倍(なし)1,000,000
25倍40,000
100倍10,000
500倍2,000
1000倍1,000

表を見て分かるとおり、レバレッジの倍率が上がれば上がるほど証拠金は低くなっていき、より少額での投資が可能になる仕組みになっています。

取引量自体は1万ドルで同じですが、レバレッジの大きさによって証拠金が変化し、それに伴って投資効率が変わってくるのです。

もしレバレッジ制度がなければ、1万ドルを取引するのに必要な証拠金は100万円です。

100万円はお金持ちの人にとっては何でもない金額かもしれませんが、人によってはハードルの高い大金でしょう。

そして100万円を用意するのも無理だからと、投資自体を諦めてしまう人もいるかもしれません。

しかし、海外FXレバレッジを活用して2000倍を設定すれば、表を見て分かる通り、わずか500円の証拠金で1万ドルの取引を行うことができます。

500円の投資金で1万ドル…文句なしの投資効率の良さです。これなら資金力に不安がある人でも積極的に巨額取引できるようになるでしょう。

海外FX取引なら一攫千金が狙いやすいといわれるゆえんは、まさにここにあります。

関連記事|海外FXのレバレッジは最大何倍?業者ごとにレバレッジを比較

海外FXレバレッジのメリット③大きな利益を得られる

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

ハイレバレッジのメリットは、何と言っても少ない資金で大きな利益が得られることでしょう。

レバレッジは元手の資金を何倍もの資金に増やし、取引ができるシステムです。

10万円の資金の場合

レバレッジなし ⇒ 10万円分の取引

レバレッジ10倍 ⇒ 100万円の取引

レバレッジ100倍 ⇒ 1000万円の取引

FXは資金効率が高い投資と言われるのは、レバレッジをかけた取引ができるためです。

株やCFDなどの投資も、レバレッジをかけることができます。

しかし、せいぜい数十倍までのレバレッジしかかけることができません。

国内FXのレバレッジは上限25倍に規制されています。

海外FXは100倍~1000倍のレバレッジがかけられるため、投資の中でもかけられるレバレッジの高さは最上級です。

レバレッジをかけるほど、同じ値動きでも得られる利益は大きくなるため、ハイレバレッジでは大きな利益が得られます。

関連記事|海外FX口座のハイレバレッジの注意点とメリットデメリット

海外FXレバレッジのメリット④短期間でスピーディーに資金を数倍に増やせる

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

海外FXレバレッジの特徴は証拠金が少なく資金効率が良いことに加えて、時間的なメリットもあります。

どういうことかというと、短期間で利益拡大が狙えるということです。

そう断言できる理由は、高レバレッジが掛けられるからです。

前に述べた通り、海外FXレバレッジは国内の25倍上限をはるかに超える、500倍~1000倍が当たり前、最大で3000倍掛けられるところもあるほどです。

このような高レバレッジの魅力は、投資効率を高めることだけでなく、稼ぐスピードを早くすることにもあります

例えば、国内FXで25倍のレバレッジ、自己資金4万円でドル/円(1ドル=100円)の取引を行う場合、1回の取引で1万ドル通貨ポジションしかとれません。

1万ドル通貨は日本円にすると100万円です。

一方、海外FXで1000倍のレバレッジを掛けて同様の取引をすれば、1回の取引で持てるポジションは40万通貨、すなわち4,000,000円です。

  • 国内FXでレバレッジ25倍…1回の取引で1万通貨しかポジションできない
  • 海外FXでレバレッジ1000倍…40万通貨もポジションできる

この状態からレートが1ドル=100円から1ドル=101円に動いた場合を考えてみてください。

そうするとレバレッジ25倍の1万通貨ポジションなら利益は10,000円、一方、レバレッジ1000倍の40万通貨ポジションなら、利益は400,000円となります。

  • レートが1ドル=100円から1ドル=101円に動いた場合
  • レバレッジ25倍の1万通貨ポジション…10,000円の利益
  • レバレッジ1000倍の40万通貨ポジション…400,000円の利益

このように、海外FXレバレッジでは取引1回当たりに持てるポジション枚数(=取引量)と利幅が大きいため、短期間で大きな利益を生むことができます。

ポジション枚数が多ければ利益が大きくなるのは当たり前だとおっしゃるかもしれませんが、大事なポイントは、取引1回当たりに動かせる金額が大きいということです。

国内FXのように低レバレッジしか設定できない場合は、取引1回当たりに持てる枚数が小さく利幅も小さくなりますが、海外FXのように高レバレッジを設定できる場合は、1度に大きな金額を動かして取引を行い、利益額を大きくすることができます。

少ない資金でスピーディーに稼ぎたいと思ってる人には、最適な環境が整っているといえるでしょう。

関連記事|ハイレバレッジのスキャルピング手法で稼ぐコツとメリットデメリット

海外FXレバレッジのメリット⑤借金がゼロになるゼロカットシステムがある

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

高レバレッジを設定すれば取引額が大きくなり、当たれば利益も大きいけど、外れたら損失も膨大なる…そんなデメリットを警戒する人もいるかもしれません。

確かに、取引額が大きいポジションを持ち相場が急落した場合は、損失額も大きくなり背負う借金も膨らんでしまいます。

しかし、それは国内FXの場合であって、海外FXではこのデメリットを受けることはありません。

なぜなら、海外FX業者はゼロカットシステムを採用しているからです。

ゼロカットシステムとは、取引に負けて損失が発生しても、口座残高以上に借金を背負うことはないという、海外FX独自の顧客救済システムです。

このゼロカットシステムがある以上、海外FXレバレッジでは、どれだけ負けても発生する損失は口座資金のみとなります。

例えば、証拠金4万円を預けて取引を行い大負けしたとしても、トレーダーが背負う借金は証拠金の4万円だけです。

それ以上の損失はFX業者が請け負うことになります。これがゼロカットシステムの魅力ですが、海外FXレバレッジにおけるメリットでもあります。

なぜなら、ゼロカットシステムがあるおかげで、トレーダーはハイレバレッジでも借金のリスクを気にすることなく、高レバレッジをフルに活用してエキサイティングな取引ができるからです。

関連記事|【ゼロカットシステム】ロスカットとゼロカットの違いは!?追証がない借金が残らないゼロカットシステムとは

海外FXレバレッジのメリット⑥少額の資金でも様々な通貨ペアに分散投資ができる

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

FXに限らず、投資ではリスク分散の考えを持つ必要があります。

海外FXでは、様々な通貨ペアに分散投資することがリスク分散です。

15万円の資金をリスク分散した例

1つの通貨ペアに集中投資 ⇒ 予想しない値動きが発生して損失が大きく膨らむリスクがあります。

3つの通貨ペアに5万円ずつ投資 ⇒ 1つの通貨ペアに大きな損失が発生して5万円を失っても、残りの2つの通貨ペアが生きていれば、10万円が手元に残る計算です。

通貨ペアに分散投資すればするほど、1つの通貨ペアあたりの利益は減ってしまいます。

しかし、ハイレバレッジがあれば分散投資をしても、1つの通貨ペアあたりの取引量を増やせるため、効率的に利益を増やすことができるのです。

関連記事|トルコリラのおすすめレバレッジは何倍!?スワップ運用も徹底解説

関連記事|メキシコペソのおすすめレバレッジは何倍!?スワップ運用も徹底解説

レバレッジが高いからといってリスクが高いわけではない

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

「ハイレバレッジ=危険」「ハイレバレッジ=ハイリスク」

こんなイメージを持っている人も多いでしょう。

しかし、レバレッジを正しく理解すれば、ハイレバレッジが危険ではないことが分かります。

まずは、10万円の資金を持っていると仮定し、レバレッジ10倍とレバレッジ100倍で比較をしてみましょう。

レバレッジ取引高(1万通貨×レート1ドル100円)取引に必要な証拠金(取引量÷レバレッジ)
10倍100万円100万÷10=10万
100倍100万円100万円÷100=1万

100万円分の取引をする場合に、レバレッジ10倍だと10万円の資金を用意しなければなりません。

レバレッジが100倍だと1万円の資金で済みます

レバレッジが10倍なら全額負けてしまうと、資金は「10万円-10万円=0円」になってしまいます。

しかし、レバレッジが100倍なら、全額負けても「10万円-1万円=9万円」で、9万円が手元に残りますね。

どちらも取引量は同じなので、レートの動きで発生する損益は同じです。

仮に、1円の値動きが発生した場合に発生する損失はどちらも1万円になるため、レバレッジによってリスクが変わらないことが分かります。

むしろ、1万円で10回のチャンスがあるので、レバレッジが高いほどリスクが小さいとも言えるでしょう。

ハイレバレッジでリスクが高いと言われるのは、以下のように取引量を増やし過ぎてしまう場合です。

レバレッジ取引量(1000通貨:1ドル100円)1円の値動きで発生する損益
10倍1万通貨1万円
100倍10万通貨10万円

レバレッジで取引量を増やすことで、1円の値動きで発生する損益も大きく変わります。

勝てば利益も多いですが、負けたときの損失が大きいことが分かりますね。

ハイレバレッジでの取引は、取引量を増やすとリスクが高まりますが、取引量を変えずに必要証拠金を減らせばリスクを減らすこともできるのです。

関連記事|【ロスカット】海外FXの強制ロスカットとは!?マージンコールとの違い

関連記事|危険なフルレバレッジのトレード手法とハイレバレッジとの違い

【レバレッジなし~3000倍】トレード手法とスワップポイントの違い

レバレッジの倍数別トレード手法と、スワップポイントをトルコリラで1日1万稼ぐのに必要な証拠金を表にしてみました。

レバレッジ特徴・手法1日1万稼ぐのに必要な証拠金
1倍(なし)ロスカットが発生しない・限りなく低リスク20,000,000円
2倍ロスカットが起きにくく安全10,000,000円
3倍スワップポイント狙いの長期保有がに向いている6,666,666円
5倍大きなリスクを避けつつ、適正なリターンも狙える4,000,000円
10倍短期でも長期でも運用できるオールマイティー2,000,000円
20倍スキャルピングができるようになる1,000,000円
25倍国内FXの最大倍率でスキャル・デイトレにちょうどいい800,000円
100倍スキャルピング・スワップ狙いの取引が基本200,000円
400倍スキャルピングが基本50,000円
500倍為替変動を利用したスキャルピングトレード40,000円
888倍大きな利益が狙える一方、大きな損失やロスカットするリスクも高まる22,522円
1000倍ハイレバ勝負には1000倍ゼロカットがおすすめ20,000円
3000倍3000倍までくると高リスク6,666円

トルコリラのレートは1トルコリラ=20円とかなり安いのですが、1日10,000通貨あたりのスワップポイントはなんと100円。(証券会社によって差があります)

10,000TLあたりのスワップポイントが100円ですから、1日1万円のスワップポイントを稼ぐためには1,000,000トルコリラが必要です。

 

1,000,000トルコリラ × 20円 ÷ 〇倍 = 1日1万スワップポイントを稼ぐために必要な証拠金

 

レバレッジ別に必要な証拠金を表にしてみました。

レバレッジなしと3000倍では、なんと2,000万近く必要な証拠金が違います

それだけレバレッジの力はすごいということです。

関連記事|海外FXの複利運用とは!?ハイレバレッジで爆発的に稼ぐやり方

関連記事|【スワップポイント比較】スワップで稼げるおすすめ海外FX業者と通貨別のスワップポイントも解説

国内FX業者と海外FX業者のレバレッジを比較

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5
国内FX業者海外FX業者
レバレッジ(個人口座)5~25倍100~3000倍
レバレッジ(法人口座)5~100倍100~3000倍
レバレッジの特長個人レバレッジの上限は25倍に規制海外FX業者によってレバレッジは大きく異なる

国内FX業者では、レバレッジ規制がかかるため、個人がかけられるレバレッジの上限は25倍です。

法人口座を利用する場合、最大で100倍のレバレッジがかけられます。

ちなみに、一昔前は国内FX業者の個人口座でも100倍のレバレッジが使えていました。

現在は規制がどんどん強化されている状況で、今後レバレッジの上限が増える可能性はほとんどありません。

しかし、海外FX業者は個人・法人関係なく100倍から3000倍のレバレッジが使えます。

大きなレバレッジが使えるのは、海外FX業者ではレバレッジに関する法的な規制がなく、提供するレバレッジが各海外FX業者の判断に委ねられているためです。

提供するレバレッジが異なるため、レバレッジ重視のトレーダーは、より大きなレバレッジが使える海外FX業者探しが重要になるわけです。

関連記事|海外FXと国内FXの最大レバレッジを比較

国内FX業者と海外FX業者はどちらがいい?

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

FXをするなら、国内FX業者よりも海外FX業者をおすすめします。

FXのメリットといえば、大きなレバレッジをかけられることなので、最大レバレッジが大きい海外FX業者を選ぶべきです。

以前の国内FXなら高いレバレッジもかけられましたが、今では25倍に制限されています。

25倍の上限レバレッジなら、株やCFDなど他の投資と大して変わりません。

また、国内FXは追証があるので、大きな損失が発生した場合に借金を抱えるリスクもあります。

100倍や1000倍のレバレッジが使える投資は、海外FX以外にありません。

少ない資金でもハイレバレッジで大きな利益が狙えるのは、海外FX業者だけです。

運用次第では、ハイレバレッジのトレードでもローリスクの運用ができます。

海外FX業者は追証がないので、国内FX業者よりも安全に取引ができるでしょう。

ゼロカットシステムとは?ゼロカットの仕組み

ゼロカットシステムは、大変動時に口座がマイナスになっても、借金をゼロにしてくれるサービスです。

「損失をゼロにリセットする」とか「ゼロ以下の損金をカットする」といった意味だと理解しておけばよいでしょう。

海外FXにのみ導入されているので、ゼロカットを決め手に海外FX口座を選んでいる人も少なくありません

例えば、証拠金が1万で3万の損失をすると2万円の借金が発生します。その場合のゼロカットのありなしの違いがこちらです。

ゼロカットがあるなしの違い

国内FX業者(ゼロカットなし) ⇒ 2万円を追加の証拠金(追証)として支払わなくてはならない

海外FX業者(ゼロカットあり) ⇒ 2万円の借金がゼロになります

このように海外FX業者のゼロカットを利用すれば、失敗すれば証拠金の1万円は消えますが、1万円以上の借金を負うことはないのです。

関連記事|【ゼロカットシステム】ロスカットとゼロカットの違いは!?追証がない借金が残らないゼロカットシステムとは

海外FX業者の選び方5つのポイント

海外FXおすすめ人気業者ランキングTOP5

海外FX業者を選ぶ場合に、ハイレバレッジに対応していることは重要なポイントです。しかし、ハイレバレッジだけでは十分な取引はできません。

日本語サポートがあり、約定スピードや約定率が高く、ゼロカットシステムや狭いスプレッドであることも条件になります。

ここでは、海外FX業者の選び方のポイントを詳しく見ていきましょう。

海外FX業者の選び方①最大レバレッジが高く約定スピードが高いこと

海外FX業者を選ぶポイントは、最大レバレッジの高さです。

レバレッジはトレーダー自身が調整できます。

  • 値動きが小さいとき ⇒ ハイレバレッジ
  • 値動きが大きいとき ⇒ ローレバレッジ

このように、レートを見ながら状況に応じた使い分けも可能です。

当然、レバレッジの上限が高いほど、設定するレバレッジの幅も広がります。

ハイレバレッジのトレードでは、約定力が高いことも重要です。

約定力は注文に対して、約定させる能力のことを言います。

90%以上の約定率を実現している海外FX業者が多いですが、ハイレバレッジのトレードなら99%以上の約定率を公表している海外FX業者が安心です。

また、リクオートやスリッページがない業者を選びましょう。

関連記事|【約定力比較】海外FX業者7社の約定力比較ランキング

関連記事|【スリッページ比較】海外FX業者10社のスリッページ比較ランキング

海外FX業者の選び方②ゼロカットシステムがあること

ハイレバレッジトレードを目的に海外FX業者を選ぶなら、追証なしのゼロカットシステムがある業者を選びましょう。

ゼロカットシステムとは相場の急変動が発生した際に、口座の残高が0円を下回っても、0円以下の借金分が海外FX業者から請求されないシステムです。

ゼロカットシステムがあれば、「相場が急変動して借金を抱えてしまった・・。」ということも無くなります。

ハイレバレッジは必要証拠金が少なくなる分、レートの急変動で借金を抱えやすい特徴があります。

ゼロカットが無ければ、FXで借金の不安を抱えながらのトレードになるため、思い切った取引もできません。

ちなみに、国内FXではゼロカットシステムがないため、海外FXならではのシステムと言えるでしょう。

関連記事|海外FX口座なら借金がない?ハイレバレッジでも借金しないための6つの方法

海外FX業者の選び方③スプレッドの幅が狭いこと

海外FXは、短い時間の中でも何度も取引をするスキャルピングが主流です。

取引回数が増えるため、スキャルピングはスプレッドのトータルコストも多くなります。

少しでも、取引にかかるコストを減らすためには、スプレッドが狭い業者選びも必要です。

スプレッドから海外FX業者を選ぶ場合、平均スプレッドを参考に選びましょう

海外FX業者は「最大スプレッド」、「最小スプレッド」、「平均スプレッド」を公開しています。

最小スプレッドが狭くても、そのスプレッドで常に取引ができるわけではありません

中には、スプレッドの狭さを売りにしてトレーダーを獲得するために、あえて最小スプレッドを意図的に狭くしている悪質な業者もあります。

また、スプレッドの狭さだけで選ぶのではなく、約定力の高さとのバランスも考慮しましょう。

関連記事|【スプレッド比較】スプレッドが狭いおすすめ海外FX業者は!?主要通貨スプレッドを比較

海外FX業者の選び方④日本語でのサポートが充実してること

海外FXレバレッジ比較!おすすめ海外FX業者ランキングTOP5

海外FX業者は海外に拠点があるので、必ずしも日本語対応しているとは限りません。

ハイレバレッジでトレードができて条件が良くても、公式サイトやメール、電話、チャットの日本語サポートがないと、トラブルが発生したときに困ります。

基本的に、日本人向けにサービスを提供している海外FX業者なら、日本語サポートはあるのが普通です。

しかし、日本語サポートの質は海外FX業者によって異なります。

以下の点にも気を付けましょう。

  • 不自然な日本語はないか
  • 口座開設ページも日本語か
  • ニュースレターも日本語か
  • サイト内の情報やコラムも日本語か

日本語サポートについて気になることがあれば、海外FX業者に問い合わせてみるのも良いでしょう。

日本語対応の有無だけでなく、レスポンスの速さにも注目しましょう。

海外FX業者の選び方⑤ボーナスが充実していること

【レバレッジ比較】海外FX業者13社のレバレッジを徹底比較してランキング

ボーナスには大きく2つあり、口座開設するともらえる新規口座開設ボーナス(未入金ボーナス)と、入金した金額分ボーナスがもらえる入金ボーナスがあります。

金額は業者ごとに違うので、一番お得なボーナスを実施している海外FX業者を選びましょう。

口座開設ボーナス(未入金ボーナス)は実施している海外FX業者が少ないので狙い目です。

特にGEMFOREXは口座開設するだけで20,000円ボーナスがもらえるので全く軍資金がない方にはおすすめです。

関連記事|海外FXのボーナス情報!おすすめ入金ボーナス&口座開設ボーナス

関連記事|海外FXの未入金ボーナス(新規口座開設ボーナス)の詳細を6社で徹底比較

海外FXレバレッジ比較プロのおすすめ記事一覧

【スプレッド比較】スプレッドが狭いおすすめ海外FX業者は!?主要通貨スプレッドを比較

【スワップポイント比較】スワップで稼げるおすすめ海外FX業者と通貨別のスワップポイントも解説

【約定力比較】海外FX業者7社の約定力比較ランキング

【スリッページ比較】海外FX業者10社のスリッページ比較ランキング

海外FXの税金計算と対策は!?節税テクニックと国内FXとの税金の違い【2019年最新】

【海外FX両建て必勝法】負けない5つの両建て手法テクニックで利益を上げる

GEMFOREXが当サイトおすすめ

最大レバレッジロスカット水準ゼロカット約定率
1000倍50%99.79%
最低取引枚数ドル円スプレッド手数料日本語サポート
1,000通貨1.2pips無料24時間
総合評価|★★★★★ アジアNo.1との呼び声が高い、海外FX会社のGem Forex。 今なら口座開設で20,000円ボーナスをプレゼント!入金しなくても即トレードできます!借金が残らないので初心者にも安心して利用できます。
\今なら20,000円もらえる/